朝永三十郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

朝永 三十郎(ともなが さんじゅうろう、明治4年2月5日1871年3月25日) - 昭和26年(1951年9月18日)は、日本の哲学者。京都大学名誉教授西洋哲学)。京都学派を代表する人物の一人。子に物理学者朝永振一郎

人物[編集]

大村藩士・朝永甚次郎の子として長崎県東彼杵郡川棚町で生まれる。長崎県大村中学(第一回入学者・現長崎県立大村高等学校)、第一高等学校を経て、東京帝国大学で学ぶ。同大卒業後、1907年京都帝国大学文科大学哲学科助教授、1913年教授となり、西洋哲学・哲学史等を講じる。当時は、西田幾多郎田辺元らが京都帝国大学文科大学(のち文学部)に在籍し、哲学の「京都学派」として時代を席巻していた時期であった。

寡作で知られ、著書としては『近世に於ける「我」の自覚史-新理想主義とその背景-』『ルネサンス、及び先カントの哲学』『カントの平和論』等がある。

教え子には、天野貞祐山内得立小原国芳高坂正顕等がいる。1931年京都帝大定年退官後は、大谷大学教授を務めた。

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『哲学綱要』宝文館 1902.11
  • 『哲学辞典』 宝文館 1905.1
  • 『哲学と人生』 隆文館 1907.2
  • 『人格の哲学と超人格の哲学』 弘道館 1909.9
  • 『近世に於ける「我」の自覚史 新理想主義と其背景』 東京宝文館 1916 のち角川文庫
  • 『独逸思想と其背景』 東京寳文館 1916
  • カントの平和論』 改造社 1922
  • 『デカート』 岩波書店 1925.6 (のち『デカルト』に改題 1949)
  • 『デカルト省察録』 岩波書店 1936 (大思想文庫 第9)
  • 『哲学史的小品 ルソー・カント・ロッツェ』 黎明書房 1948
  • 『西洋近世哲学史 第1冊 ルネッサンス及び先カントの哲学』 岩波書店 1949
  • 天野貞祐編『朝永博士還暦記念哲学論文集』岩波書店 1931

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1680号「叙任及辞令」1918年3月12日。

参考文献[編集]

  • 芝崎厚士『近代日本の国際関係認識 朝永三十郎と「カントの平和論」』創文社、2009年。

外部リンク[編集]