高坂正顕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高坂正顕
生誕 1900年1月23日
死没 (1969-12-09) 1969年12月9日(69歳没)
地域 日本哲学者
学派 京都学派
研究分野 カント哲学
テンプレートを表示

高坂 正顕(こうさか まさあき、1900年明治33年)1月23日 - 1969年昭和44年)12月9日)は、日本哲学者。文学博士。専門は、カント哲学。京都学派の一人。西谷啓治高山岩男鈴木成高と共に「京都学派四天王」と呼ばれている。

国際政治学者高坂正堯は次男、実業家高坂節三は三男。

経歴[編集]

愛知県名古屋市生まれ[1][2]四高を経て1923年(大正12年)、京都帝国大学哲学科卒業。同期に三土興三などがいる。京都医大予科教授となり、三高同志社大学、京大法学部文学部各講師、東京文理科大学助教授、東京商科大学武蔵高等学校の講師を歴任[3]

1940年(昭和15年)、京大教授に就任。1941年(昭和16年)、京都大学人文科学研究所長。戦後、大日本言論報国会理事であったことを理由として公職追放を受ける[4]。1951年(昭和26年)、関西学院大教授。1955年(昭和30年)、京大教育学部長評議員に就任[3]

1961年(昭和36年)、東京学芸大学学長。1967年(昭和42年)、国立教育会館館長。

1966年に「期待される人間像」(中央教育審議会答申「後期中等教育の拡充整備について」の「別記」、天皇への敬愛の念などを言明している)を作案した[5]

著書[編集]

  • 『新カント学派――現代の哲学(上・下)』(岩波書店, 1933年)
  • 『歴史的世界』(岩波書店, 1937年)
  • 『カント解釈の問題』(弘文堂, 1939年)
  • 『カント』(弘文堂, 1939年)
  • 『カント学派』(弘文堂, 1940年)
  • 『象徴的人間』(弘文堂, 1941年)
  • 『民族の哲学』(岩波書店, 1942年)
  • 『歴史哲学序説』(岩波書店, 1943年)
  • 『スピノーザの哲学』(玄林書房, 1947年)
  • 哲学の慰め』(勁草書房, 1948年)
  • 『西田幾多郎先生の追憶』(国立書院, 1948年)
  • 『西田哲学と田辺哲学』(黎明書房, 1949年)
  • 『続カント解釈の問題――法と歴史の諸理念』(弘文堂, 1949年)
  • 『キュルケゴオルからサルトルへ』(弘文堂, 1949年)
  • 『歴史の意味とその行方』(福村出版, 1950年)
  • 『来るべき時代のために希望と反省』(弘文堂, 1952年)
  • 『ハイデッガーはニヒリストか』(創文社, 1953年)
  • 『人間の解釈』(理想社, 1963年)
  • 『西田幾多郎と和辻哲郎』(新潮社, 1964年)
  • 『大学問題と学生運動』(南窓社, 1968年)
  • 『開かれた大学のために』(南窓社, 1969年)
  • 『高坂正顕著作集』(全8巻)(理想社, 1964年-1970年)

訳書[編集]

  • イマニュエル・カント『永遠平和のために』(岩波書店[岩波文庫], 1949年)

脚注[編集]

  1. ^ 高坂節三『昭和の宿命を見つめた眼――父・高坂正顕と兄・高坂正堯』
  2. ^ 第廿一版 人事興信録 』には「鳥取市出身」とある
  3. ^ a b 第廿一版 人事興信録 』より
  4. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年283頁。NDLJP:1276156 
  5. ^ 竹内洋 『革新幻想の戦後史』 中央公論新社2011年ISBN 9784120043000 p164

参考文献[編集]

  • 第廿一版 人事興信録 昭和36年(1961年)、こ一〇六
  • 高坂節三『昭和の宿命を見つめた眼――父・高坂正顕と兄・高坂正堯』(PHP研究所, 2000年)

関連項目[編集]