内田忠夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

内田 忠夫(うちだ ただお、1923年(大正12年)7月25日 - 1986年(昭和61年)10月15日)は、日本経済学者東京大学名誉教授。専門は計量経済学経済学博士東北大学、1962年)。正四位勲三等旭日中綬章三重県川越町生まれ。

略歴[編集]

       日本初のマクロ計量モデルを開発(渡部経彦(元大阪大学教授)らとの共同開発)

  • 1959年(昭和34年):経済企画庁経済研究所主任研究官となる。
  • 1960年(昭和35年):マクロ計量モデルが政府の中期経済計画(1964年度-1968年度)に導入される。
  • 1962年(昭和37年):東北大学 経済学博士。論文の題は「計量経済学の方法とその日本経済への適用」[1]
  • 1965年(昭和40年):東京大学教養学部の教授となる。
  • 1984年(昭和59年):東京大学の名誉教授となる。
  • 1986年(昭和61年):心不全の為に、死去する。

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース

関連項目[編集]