熊谷尚夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
熊谷 尚夫
生誕 1914年7月11日
岡山県岡山市
死没 (1996-06-11) 1996年6月11日(満81歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究機関 (機関)大阪大学
研究分野 厚生経済学
経済政策
母校 東京帝国大学
テンプレートを表示

熊谷 尚夫(くまがい ひさお、1914年7月11日 - 1996年6月11日)は、日本経済学者大阪大学名誉教授日本学士院会員。専門は厚生経済学経済政策経済学博士(大阪大学、1958年)(学位論文「資本主義経済と雇傭」)。岡山県岡山市生まれ。河合栄治郎門下。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学外における役職[編集]

受賞歴[編集]

  • 1965年11月 日経経済図書文化賞(『経済政策原理』)

著書[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『経済学入門』(川口慎二森嶋通夫との編著、有斐閣1967年
  • 関西経済研究センター『市場構造と経済効率』(熊谷の単編、有斐閣、1968年
  • 『近代経済学1 基礎理論』(大石泰彦との共編、有斐閣<有斐閣双書:入門・基礎知識編>1970年
  • 『近代経済学2 応用経済学』(大石泰彦との共編、有斐閣<有斐閣双書:入門・基礎知識編>1970年)
  • 『近代経済学3 近代経済学史』(大石泰彦との共編、有斐閣<有斐閣双書:入門・基礎知識編>1970年)
  • 『シンポジウム・PPBS-その役割と課題-』(熊谷の単編、日本経済新聞社、1971年
  • 『経済政策の目標-効率と公正をめぐって-』(日本経済新聞社、1972年
  • 『経済と計画-現代経済学への招待-』(建元正弘との編著、日本放送出版協会、1972年)
  • 『経済思想と現代の世界』(熊谷の単編、日本経済新聞社、1976年

訳書[編集]

  • T.モルガン『国民所得と雇用』(渡辺太郎との共訳、1951年
  • D.H.ロバートソン『貨幣』(安井琢磨との共訳、岩波書店、1956年)
  • J.M.ケインズ『人物評伝』(大野忠男との共訳、岩波書店、1959年
  • ミルトン・フリードマン『資本主義と自由』(西山千明、白井孝昌との共訳、マグロウヒル好学社1975年
  • J.R.ヒックス『価値と資本(上)-経済理論の若干の基本原理に関する研究-』、同(下)(安井琢磨との共訳、岩波書店、1995年

論文[編集]

書評[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 以上「経歴」『大阪大学経済学』Vol.25 No.2・3、大阪大学大学院経済学研究科、1975年、3-5頁。

関連項目[編集]