青山秀夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
青山 秀夫
人物情報
生誕 (1910-03-10) 1910年3月10日
岡山県
死没 (1992-02-16) 1992年2月16日(81歳没)
出身校 京都大学学士修士経済学博士
関西学院大学(社会学博士)
学問
研究分野 経済学社会学
研究機関 京都大学関西学院大学摂南大学
影響を
受けた人物
高田保馬
影響を
与えた人物
森嶋通夫馬場正雄市村眞一鎌倉昇建元正弘森口親司真継隆
主な受賞歴 勲二等旭日重光章1982年4月)
従三位1992年2月)
テンプレートを表示

青山 秀夫(あおやま ひでお、1910年3月21日 - 1992年2月16日)は、日本の経済学者岡山県出身。京都大学名誉教授。経済学博士。社会学博士。京都大学経済学部教授のほか、同学部長、同大学経済研究所所長、関西学院大学社会学部教授、摂南大学経営情報学部教授、同学部長などを歴任した。

専門は

  1. 独占、不完全競争の理論的研究などのミクロ経済学
  2. 経済変動理論の体系的研究
  3. マックス・ヴェーバーの研究などの経済社会学
  4. 資本主義経済ないし自由企業制度論。

高田保馬に師事し、門下には猪木武徳森嶋通夫馬場正雄市村眞一鎌倉昇建元正弘森口親司真継隆など日本を代表する経済学者を多数輩出した。

学歴、略歴[編集]

  • 1929年3月 第六高等学校卒業
  • 1932年3月 京都帝国大学経済学部卒業
  • 1946年7月 京都大学経済学部教授(1973年4月まで)
  • 1951年11月 経済学博士(京都大学)
  • 1959年1月 京都大学経済学部長(1960年1月まで)
  • 1966年4月 京都大学経済研究所長(1971年12月まで)
  • 1971年4月 理論・計量経済学会会長(1972年3月まで)
  • 1973年4月 関西学院大学社会学部教授(1978年3月まで)
  • 1978年3月 社会学博士(関西学院大学)
  • 1981年8月 摂南大学教授(1987年3月まで)
  • 1982年4月 摂南大学経営情報学部長(1987年3月まで)
  • 1982年4月 勲二等旭日重光章
  • 1984年12月 日本学士院会員
  • 1992年2月 従三位

著書[編集]

  • 独占の経済理論 (1937年、日本評論社)
  • 北欧学派(1941年、日本評論社)
  • 近代国民経済の構造 (1948年、白日書院)
  • 経済変動理論の研究  第一巻(1949年、日本評論社)
  • 経済変動理論の研究  第二巻(1951年、日本評論社)
  • 経済理論の一般的基礎 (1950年、日本評論社)
  • マックス・ウエーバーの社会理論 (1950年 岩波書店)
  • マックス・ウエーバー――基督教的ヒューマニズムと現代 (1951年、岩波新書)
  • ビジネスの擁護(1952年、創文社)
  • 剣橋学派及び北欧学派の経済変動理論  (1953年、創文社)
  • 青山秀夫著作集 全6巻、別巻1巻 (1999年、創文社)

訳書[編集]

  • マックス・ウェーバー 一般社会経済史要論 (上巻)(黒正巌共訳、1954年、岩波書店)
  • マックス・ウェーバー 一般社会経済史要論 (下巻)(黒正巌共訳、1955年、岩波書店)
  • E.H.チェンバリン 独占的競争の理論 (1966年、至誠堂)

編書[編集]

  • 日本経済と景気変動 (1957年、創文社)
  • 現代経済学 (安井琢磨共編、1968年、日本経済新聞社)

出典[編集]

  • 青山秀夫著作集 全6巻、別巻1巻 (1999年、創文社)