神取道宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神取 道宏
ゲーム理論
生誕 (1959-08-21) 1959年8月21日(57歳)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 ゲーム理論
母校

東京大学 B.A. 1982

スタンフォード大学 Ph.D. 1989
影響を
受けた人物
根岸隆(学部時代の指導教官)
ポール・ミルグロムスタンフォード大学
受賞 中原賞2002年
テンプレートを表示

神取 道宏(かんどり みちひろ、1959年8月21日 - )は、日本の経済学者。現在、東京大学大学院経済学研究科教授三菱経済研究所研究員、Econometric Society 理事・終身会員。専門はミクロ経済学ゲーム理論。社会規範、進化ゲーム、繰り返しゲームの先駆的研究で知られる[1]。また最近では、マーケットデザイン、実験・行動経済学の研究も行っている[2]

来歴[編集]

1959年生まれ。高校卒業後は東京大学文科二類および同大経済学部に進学。学部生時代はサークル「文Ⅱ文化」に所属した[補足 1]。東京大学卒業後に進学した東京大学大学院経済学研究科在学中には、当時東京大学助教授であった奥野正寛が共著者の一人を務めた『ミクロ経済学Ⅰ』の校正・助言を行っている[4]。大学院生時代に米国に留学し、1989年にはスタンフォード大学からPh.D.を取得し、ペンシルベニア大学経済学部助教授に就任した。その後、プリンストン大学経済学部助教授 (1990-1993年)[補足 2]、東京大学経済学部助教授 (1993-1996年)、同大学大学院経済学研究科助教授 (1996-1999年)を経て、1999年より東京大学大学院経済学研究科教授。2002年には国際的に優れた業績をあげた若手経済学者に与えられる中原賞日本経済学会)を受賞し、同年に結婚。二人の息子を持つ[6]2007年に開始した民間シンクタンク東京財団の研究プロジェクト仮想制度研究所にはフェローとして参加した[7]

年譜[編集]

業績[編集]

ゲーム理論の研究者としては国際的な業績を挙げており、繰り返しゲームのサーベイ論文であるIntroduction to repeated games with private monitaringはノーベル賞選考委員会の参考文献にも挙げられた[8]

中原賞[編集]

Professor Kandori has made several important contributions to the theories of repeated games and evolutionary games. He has shown that random elements in adjustment process can provide powerful equilibrium selection in the long run, even in games where traditional refinement concepts have no bite in reducing the number of equilibria. He also extended the theory of repeated games and enhanced the applicability of the folk theorem by considering the case where players change their partners over time. Moreover, he provided a positive answer for a long-standing open question in the field, namely, the possibility of cooperation in repeated games where players receive imperfect private information about the past history. — 「受賞理由」 日本経済学会・2002年度中原賞受賞者
受賞
先代:
チャールズ・ユウジ・ホリオカ
第7回:2001年
中原賞日本経済学会
第8回:2002年
次代:
伊藤秀史
第9回:2003年

人物[編集]

  • 国際的にも高い業績を持つ神取の「推薦状」は海外の大学院留学(経済学のPh.dコース)のアドミッションにおいて抜群の威力を持つことは、東大生の中ではよく知られているという[10][11]
  • ワイン音楽映画絵画など多彩な趣味を持つ[12]
  • 東京大学では長年担当している学部生向けの「ミクロ経済学」の講義は「超が付くほど評判の授業」[13]であり、授業が終わると「大教室に拍手が巻き起こる」という[14]

著書[編集]

単著[編集]

主要論文(英語)[編集]

  • 1988, "Equivalent Equilibria", International Economic Review, Vol. 29, No. 3, pp. 401-417.
  • 1991, "Correlated Demand Shocks and Price Wars during Booms", Review of Economic Studies, Vol. 58(1), No. 193, pp.171-180.
  • 1992a, "Social Norms and Community Enforcement", Review of Economic Studies, Vol.59(1), No.198, pp. 63-80.
  • 1992b, "Repeated Games Played by Overlapping Generations of Players", Review of Economic Studies, Vol.59(1), No.198, pp. 81-92.
  • 1992c, "The Use of Information in Repeated Games with Imperfect Monitoring", Review of Economic Studies, Vol.59(3), No.200, pp. 581-593.
  • 1993, "Learning, Mutation and Long Run Equilibria in Games", (Joint with George Mailath and Rafael Rob), Econometrica, Vol.61, No.1, pp. 29-56. Reprinted in Recent Developments in Game Theory, edited by E. Maskin (Northampton, MA: Edward Elger Pub, 1999).
  • 1995, "Evolution of Equilibria in the Long Run: A General Theory and Applications" (Joint with Rafael Rob), Journal of Economic Theory, Vol.65, No.2, pp. 383-414.
  • 1997, "Evolutionary Game Theory in Economics", in Kreps, D. M. and K. F. Wallis (eds.), Advances in Economics and onometrics: Theory and Applications, Vol. I, Cambridge: Cambridge University Press.
  • 1998a, "Bandwagon Effects and Long Run Technology Choice", (Joint with Rafael Rob), Games and Economic Behavior, Vol.22, p.30-60.
  • 1998b, "Private Observation, Communication and Collusion", (Joint with Hitoshi Matsushima), Econometrica, Vol.66, No. 3, pp. 627-652.
  • 2002, “Introduction to Repeated games with Private Monitoring”, Journal of Economic Theory 102: 1-15 
  • 2003, “Randomization, Communication, and Efficiency in Repeated Games with Imperfect Public Monitoring”, Econometrica, Vol. 71, 345-353.
  • 2003, “The Erosion and Sustainability of Norms and Morale” (2002 JEA-Nakahara Prize Lecture), Japanese Economic Review, Vol 54, No. 1, 29-48.
  • 2006, “Efficiency in Repeated Games Revisited: The Role of Private Strategies” (joint with I. Obara), Econometrica, Vol 74, No. 2, February, 499-519.
  • 2006, “Less is More: An Observability Paradox in Repeated Games” (joint with I. Obara), International Journal of Game Theory, Vol.34, No. 4, 475-493.
  • 2008, “Decentralized Trade, Random Utility and the Evolution of Social Welfare” (joint with R. Serrano and O. Volij), Journal of Economic Theory, Vol.140, .No. 1, 328-338, (May).
  • 2008, “Repeated Games”, in New Palgrave Dictionary of Economics, 2nd edition, Palgrave Macmillan,(May 30, 2008).
  • 2011, “Weakly Belief-Free Equilibria in Repeated Games with Private Monitoring”, Econometrica, Vol. 73, No. 3. 877-892 (May).

論文(日本語)[編集]

訳書[編集]

補足[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同サークルの1年後輩であった松島斉 (現在東京大学大学院経済学研究所教授) は、先輩の佐々木雅浩(現在日本銀行) から「文Ⅱ文化がほこる俊英を紹介しよう」と神取を紹介され、「それでも平静を装っている神取さんの傲慢さ」に驚いたというエピソードを語っている[3]
  2. ^ プリンストン大学助教授時代に客員研究員として招聘されていた村上春樹と交流があり、村上のエッセイ「やがて哀しき外国語」に「経済学者カンドリ君」として登場している[5]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 神取道宏(2014)『ミクロ経済学の力』及び神取道宏(2015)『人はなぜ協調するのか』の「筆者紹介」を参照。
  2. ^ 東京財団仮想制度研究所フェロー一覧を参照。
  3. ^ 松島斉「宇沢弘文先生とわが大学生時代」、『経済セミナー』2015年3,4月号(日本評論社)。
  4. ^ 奥野 & 鈴村 1985, p. iii.
  5. ^ 村上 1994.
  6. ^ 外部リンク「神取道宏ゼミ 神取先生について」を参照。
  7. ^ 東京財団仮想制度研究所HPを参照。
  8. ^ 鈴木光男『ゲーム理論のあゆみ』(2014年有斐閣)、186頁。
  9. ^ 2002年度中原賞受賞者の「受賞理由」を参照。
  10. ^ 例えば、安田洋祐大阪大学准教授は自身のブログで「トップ校への経済学PhD留学は推薦状と特記事項でほぼ決まる!」と断言した上で、「強い推薦状が書ける教授」として神取の名を挙げている。
  11. ^ 同僚の松島斉東京大学教授を以ってして「現在東京大学大学院経済学研究科における重要人物」と評されるほどである(松島斉,2015を参照)。
  12. ^ 前掲URLを参照。
  13. ^ 気鋭の経済学者・安田洋祐先生に、経済学の「本質」を学ぶ!【前編】
  14. ^ 日本評論社の『ミクロ経済学の力』商品紹介を参照

関連項目[編集]

参考文献[編集]