北村祐一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北村 祐一
生誕 1963年????
国籍 日本の旗 日本
研究分野 計量経済学数理統計学
母校

東京大学

イェール大学
受賞 中原賞2006年
テンプレートを表示

北村祐一(きたむら ゆういち、1963年 -)は、日本出身の経済学者。イェール大学教授。専門は計量経済学数理統計学。ノンパラメトリック尤度アプローチに関する一連の研究[1]は世界的に高い評価を受けており、2006年には日本経済学会中原賞を受賞している[2]


来歴[編集]

1963年生まれ[2]1986年東京大学経済学部を卒業後、イェール大学大学院に進学し、1993年に同大学より博士号を取得[3]。その後、ミネソタ大学教授などを経て、現在イェール大学教授[3]

業績[編集]

中原賞[編集]

計量経済学数理統計学の分野におけるノンパラメトリック尤度アプローチの研究(Kitamura 2006, Kitamura 2001, Kitamura and Stuzer 1997)は国際的に高い評価を受けており、2006年度日本経済学会から中原賞を授与されている[2]

Professor Kitamura has made a significant contribution to the theory of econometrics - in particular to the nonparametric likelihood approach?which has been different from the standard methods explained in textbooks and quite new in that sense (see Kitamura, 2006). In his 2001 paper, in Econometrica, and the 1997 joint paper with Professor Stutzer, also in Econometrica, he has shown that the nonparametric likelihood approach has the optimal properties for estimation and testing in the econometric models. Also his 1997 paper in the Annals of Statistics has shown that the nonparametric likelihood estimation can be generalized to the weakly dependent case; this was a significant contribution to the empirical likelihood method following the line initiated by A. Owen in the statistics literature. Professor Kitamura has also investigated the conditional moment restriction problem that has been usually dealt with the generalized moments method (GMM) and its variants in econometrics (see Kitamura et al., 2004 and Tripathi and Kitamura, 2003). Due to the recent works of Professor Kitamura and some other researchers, the nonparametric likelihood approach has been a major competitor to more traditional methods including the GMM. He has been changing the very fundamentals of econometric methods and will make a significant contribution with possible econometric applications. — 「受賞理由」 日本経済学会・2006年度中原賞受賞者
受賞
先代:
星岳雄
第11回:2005年
中原賞日本経済学会
第12回:2006年
次代:
松井彰彦
第13回:2007年

脚注・出典[編集]

  1. ^ Kitamura (2006), Kitamura (2001), Kitamura and Stuzer (1997)などを参照。いずれもEconometrica誌掲載。
  2. ^ a b c 2006年度中原賞受賞者の「受賞理由」を参照。
  3. ^ a b Yuichi Kitamura CV, Yale University

関連項目[編集]

参考文献[編集]