安井琢磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
安井 琢磨
生誕 (1909-04-01) 1909年4月1日
大阪府大阪市
死没 (1995-12-17) 1995年12月17日(86歳没)
研究機関 国際基督教大学
大阪大学
東北大学
東京大学
母校 東京帝国大学
東北大学
学位 経済学博士
博士課程
指導学生
鈴木光男
テンプレートを表示

安井 琢磨(やすい たくま、1909年4月1日 - 1995年12月17日)は、日本経済学者大阪大学名誉教授東北大学名誉教授。経済学博士1953年)。大阪府大阪市生まれ。

略歴[編集]

学外における役職

受賞歴・叙勲歴[編集]

学問上の態度[編集]

東京大学で河合栄治郎に師事。同大学で戦前より近代経済学を研究していた数少ない経済学者。ワルラスヒックスの理論の日本における先駆的研究者として有名。独自に行なっていたリアプノフ関数を用いた競争均衡の安定性分析と非線形微分方程式を用いた景気循環分析は、後に海外で再評価される。戦後は純粋理論の研究に加え、ときには公害問題を経済学の立場からどう考えるかなども論じつつ、近代経済学の普及と建て直しに多大な貢献をした。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『均衡分析の基本問題』岩波書店 1955年
  • 安井琢磨著作集』全3巻 創文社 1970-71年
  • 『経済学とその周辺』木鐸社 1979年
  • 『近代経済学と私 安井琢磨対談集』木鐸社 1980年

共編著[編集]

  • 『近代経済学講義』熊谷尚夫,西山千明共編 創文社 1964年
  • 『ケインズ以後の経済学』編 日本経済新聞社 1967年
  • 『現代経済学』青山秀夫共編 日本経済新聞社 1968年
  • 『近代経済学の理論構造』熊谷尚夫・福岡正夫共著 筑摩書房、1974年

訳書[編集]

  • シュムペーター理論経済学の本質と主要内容』木村健康共訳 日本評論社 1936年
  • カール・メンガー『国民経済学原理』日本評論社 1937年
  • ジョン・ヒックス『価値と資本』熊谷尚夫共訳 岩波書店 1951年、のち文庫
  • O.ランゲ『価格伸縮性と雇傭』福岡正夫共訳 東洋経済新報社 1953年
  • R.G.D.アレン『数理経済学』木村健康共監訳 紀伊国屋書店 1958年
  • ドーフマン,サミュエルソン, ソロー『線型計画と経済分析』共訳 岩波書店 1958-59年 
  • ジョン・ヒックス『資本と成長』福岡正夫共訳 岩波書店 1970年
  • D・H・ロバートソン『貨幣』熊谷尚夫共訳 岩波現代叢書・岩波書店 1976年
  • ジャッフェ『ワルラス経済学の誕生』福岡正夫共編訳 日本経済新聞社 1977年
  • カール・ショースキー『世紀末ウィーン 政治と文化』岩波書店 1983年