畠中道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
畠中 道雄
生誕 (1926-03-20) 1926年3月20日
福岡県
死没 (2016-11-05) 2016年11月5日(90歳没)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 計量経済学、時系列分析
母校 東京帝国大学ヴァンダービルト大学
学位 Ph.D.
受賞 日本統計学会賞(2001年)
テンプレートを表示

畠中 道雄(はたなか みちお、1926年3月20日 - 2016年11月5日)は、日本の経済学者大阪大学名誉教授。専門は計量経済学(とくに時系列分析)。Ph.D.ヴァンダービルト大学)。福岡県出身。正四位[1]

大阪大学社会経済研究所(以下、阪大社研)において、森嶋通夫二階堂副包と共に阪大社研の黄金時代を現出する。森嶋らの離任後は後任の稲田献一らと共に研究業績をあげ、内紛後の阪大社研を盛り立てた。[要出典]計量経済学研究の第一人者であり、Econometrica等、世界的ジャーナルの編者も務めた。Econometric Societyのフェロー。[要出典]

略歴[編集]

学内における役職

  • 大阪大学社会経済研究所所長(第2代、1969年から1971年まで)
  • 大阪大学社会経済研究所所長(第7代、1979年から1980年まで)

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『計量経済学の方法』(創文社<創文社現代経済学選書> 初版・1991年、改訂版・1996年)
  • Time-series-based econometrics:unit roots and co-integrations Oxford University Press 1996(第40回日経経済図書文化賞受賞)

共著[編集]

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『官報』6917号、平成28年12月12日
  2. ^ 日本統計学会 学会賞受賞者一覧