荒憲治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

荒 憲治郎(あら けんじろう、1925年11月25日 - 2002年11月10日)は経済学者中山伊知郎門下で専門はマクロ経済学。1974年から1975年まで日本経済学会会長。一橋大学名誉教授

経歴[編集]

教育活動[編集]

皇太子徳仁親王の学生時代の個人教授としても有名。

荒ゼミナール出身者としては、時子山和彦(元一橋大学教授)[2]鈴村興太郎(一橋大学名誉教授・元日本経済学会会長・紫綬褒章日本学士院賞受賞者)、美濃口武雄(一橋大学名誉教授)、伊藤隆敏(一橋大学名誉教授、東京大学名誉教授、元日本経済学会会長、紫綬褒章、コロンビア大学教授)、矢吹雄平(元岡山大学教授)、高橋はるみ北海道知事)、金田勝年法務大臣)、枝廣直幹福山市長)、田中正昭(元東京国税局長)、吹野博志(元デルコンピュータ会長)、西條辰義(元一橋大学教授)[3]山崎和之外務審議官[4]浅田統一郎中央大学教授)[5]戸田学早稲田大学教授)[6]鴇田忠彦東京都立大学名誉教授)、田村紀之(東京都立大学名誉教授)[7]楠本捷一朗筑波大学名誉教授)[8]篠塚友一(筑波大学教授)[9]皆川正名古屋大学名誉教授)[10]武隈慎一(一橋大学名誉教授)、山崎昭(一橋大学名誉教授)、丸山雅祥神戸大学名誉教授)[11]などがいる。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『経済成長論』(岩波書店、1969年)
  • 『マクロ経済学講義』(創文社、1985年)
  • 『資本理論の研究』(有斐閣、1987年)

共著[編集]

また、逝去前迄「現代用語の基礎知識」の経済欄を監修

編著[編集]

共編著[編集]

門下生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “荒憲治郎氏死去 一橋大名誉教授”. 共同通信社. 47NEWS. (2002年11月10日). http://www.47news.jp/CN/200211/CN2002111001000312.html 2013年1月5日閲覧。 
  2. ^ 「昭和41・42年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  3. ^ 「昭和52年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究
  4. ^ 「【憲芳会41年組】 活動記録」如水会
  5. ^ 「昭和56年 学位授与・単位修得論文一」一橋研究
  6. ^ 「昭和56年 学位授与・単位修得論文一」一橋研究
  7. ^ 「昭和44年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  8. ^ 「昭和43年度学位授与・単位修得論文」一橋研究
  9. ^ [1]
  10. ^ 「昭和45年度 学位授与・単位修得論文」一橋研究
  11. ^ 現代経済学の新展開 : 荒憲治郎先生還暦記念論文集