森口親司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森口 親司(もりぐち ちかし、1933年10月1日 - )は、日本経済学者京都大学名誉教授大阪大学名誉教授。専門は数量経済政策Ph.Dミシガン大学)(1963年)。福岡県出身。A Fellow of the Econometric Society

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

学内における役職

受賞歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『計量経済学』(岩波書店、 1974年)
  • 『日本経済の構造分析』(創文社1983年
  • 『日本経済論』<現代経済学選書1/熊谷尚夫監修>(創文社、 1988年)
  • 『1990年代日本経済ウォッチング-人間と社会の見える経済学-』(有斐閣1990年
  • 『世界経済ウォッチング-パシフィック・ダイナミズムのゆくえ-』(有斐閣、 1997年)

編著[編集]

  • 『計量経済学』<基礎経済学体系10>(青林書院、1977年)
  • 『新版 有斐閣経済辞典』(金森久雄荒憲治郎との共編、有斐閣、1986年)
  • 『新版 有斐閣経済辞典(デスク版)』(金森久雄、荒憲治郎との共編、有斐閣、1987年
  • 『有斐閣経済辞典(第3版)』(金森久雄、荒憲治郎との共編、有斐閣、1998年
  • 『有斐閣経済辞典(第4版)』(金森久雄、荒憲治郎との共編、有斐閣、2002年

訳書[編集]

分担執筆[編集]

関連項目[編集]