辻村江太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
辻村 江太郎
生誕 (1924-01-20) 1924年1月20日(93歳)
研究機関 (機関)慶應義塾大学
理論・計量経済学会(現日本経済学会
(会長:1984年4月1日-1985年3月31日)
研究分野 計量経済学マクロ経済学
母校 慶應義塾大学学士修士博士
受賞 日経・経済図書文化賞1968年
エコノミスト賞(1974年
日本統計学会賞(1997年
紫綬褒章1985年
文化功労者1994年
テンプレートを表示

辻村 江太郎(つじむら こうたろう、1924年1月20日 - )は、日本の近代経済学者であり理論経済学計量経済学をおもな研究分野とする。慶應義塾大学名誉教授神奈川県生まれ。

日本の計量経済学的分析の草分け。日本経済の一般的相互依存関係、初期研究としてはエンゲル係数などで知られる消費者行動理論等を研究し多くの業績を残す。その研究は日本のみならず国際的評価を受ける。1968年に「消費構造と物価」(勁草書房)で日経・経済図書文化賞1974年に「日本経済の一般均衡分析」(筑摩書房)でエコノミスト賞、1981年に「Economic Policy and General Interdependence」(Kogaku-sha)で福沢賞、1997年に日本統計学会賞を受賞する。1985年紫綬褒章1994年文化功労者

「実証科学」を信条とし理論経済学を応用した研究分野は多岐にわたる。マネタリズムをはじめとする新自由主義経済学には否定的立場をとる。

理論・計量経済学会(現日本経済学会)会長(1984年4月1日~1985年3月31日)。公務員制度調査会小委員長など多くの審議会委員やシンクタンク要職を歴任。初代私のしごと館館長。(2006年3月まで)

略歴[編集]

  • 1948年:慶應義塾大学経済学部卒業
  • 1948年:慶應義塾大学通信教育部講師
  • 1956年:慶應義塾大学通信教育部専任講師
  • 1957年:慶應義塾大学経済学部兼通信教育部専任講師
  • 1958年:慶應義塾大学商学部助教授
  • 1961年:ハーバード大学に留学(1962年7月まで)
  • 1963年:慶應義塾大学商学部教授
  • 1964年:経済学博士学位(慶應義塾大学) 「消費者行動の理論 : 消費・需要函数の基礎」
  • 1972年:慶應義塾大学産業研究所所長(1981年9月まで)
  • 1989年:慶應義塾大学退職、後に東洋英和女学院大学教授
  • 2003年:私のしごと館初代館長(2006年3月まで)

著書[編集]

  • 『計量経済学』(岩波書店, 2008年(1981年の再刊))
  • 『OD版 消費者行動の理論-消費・需要函数』(有斐閣, 2005年)
  • 『はじめての経済学』(岩波書店, 2001年)

(その他著書、論文多数)