室田武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

室田 武(むろた たけし、1943年10月8日 - )は、日本の経済学者同志社大学名誉教授、エコロジスト

来歴[編集]

群馬県高崎市生まれ。1967年京都大学理学部卒、1969年大阪大学大学院経済学修士課程修了、1976年ミネソタ大学経済学博士号取得。1973年イリノイ大学専任講師、1975年國學院大學専任講師、1978年一橋大学助教授、1987年教授、1996年同志社大学経済学研究科教授。

はじめエントロピー理論を研究し栗本慎一郎に称賛されたが、その後反原発運動に加わり、エコロジストとして活動、現在はコモンズ理論を唱える。

著書[編集]

  • エネルギーとエントロピーの経済学 石油文明からの飛躍 東洋経済新報社 1979
  • 原子力の経済学 くらしと水土を考える 日本評論社 1981 「原発の経済学」朝日文庫
  • 水土の経済学 くらしを見つめる共生の思想 紀伊国屋書店 1982 のち福武文庫
  • 水車の四季 河野裕昭写真 日本評論社 1983
  • 君は、エントロピーを見たか? 地球生命の経済学 創拓社 1983 のち朝日文庫
  • 雑木林の経済学 樹心社 1985
  • 技術のエントロピー 水車からの発想-自然エネルギーだけが人類を救う PHP研究所 1985
  • マイナス成長の経済学 農山漁村文化協会 1987
  • 天動説の経済学 日常生活を熱学的に考える ダイヤモンド社 1988
  • 水土蘇生 脱原発社会をめざして 冬樹社 1989
  • 電力自由化の経済学 宝島社 1993
  • 地球環境の経済学 実務教育出版 1995
  • 物質循環のエコロジー 晃洋書房 2001
  • 地域・並行通貨の経済学 一国一通貨制を超えて 東洋経済新報社 2004
  • エネルギー経済とエコロジー 晃洋書房 2006

共編著[編集]

  • ミクロ経済学・入門 西村和雄共著 JICC出版局 1990(三日間の経済学)
  • 赤星たみこ、「わたしは趣味のエコロジスト」 赤星たみこ共著 メディアファクトリー 1993
  • 循環型社会の制度と政策 細田衛士共編 岩波書店 2003(岩波講座環境経済・政策学 第7巻)
  • 入会林野とコモンズ 持続可能な共有の森 三俣学共著 日本評論社 2004
  • テキストブック環境と公害 経済至上主義から命を育む経済へ 泉留維、三俣学、和田喜彦 日本評論社 2007
  • コモンズ研究のフロンティア 山野海川の共的世界 三俣学、森元早苗共編 東京大学出版会 2008
  • エントロピー学会広瀬隆井野博満後藤政志黒田光太郎崎山比早子福本敬夫山田國廣菅井益郎室田武三輪大介 著『原発廃炉に向けて: 福島原発同時多発事故の原因と影響を総合的に考える』日本評論社 2011年8月 ISBN 978-4535586000