室田武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

室田 武(むろた たけし、1943年10月8日 - 2019年5月8日[1])は、日本の経済学者同志社大学名誉教授エコロジスト。専門は理論経済学

はじめエントロピー理論を研究し、栗本慎一郎に称賛されたが、その後反原発運動に加わり、エコロジストとして活動し、コモンズ理論を唱えていた。

来歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『エネルギーとエントロピーの経済学:石油文明からの飛躍』(東洋経済新報社、1979年)
  • 『原子力の経済学:くらしと水土を考える』(日本評論社、1981年/新版・1986年)
  • 『水土の経済学:くらしを見つめる共生の思想』(紀伊国屋書店、1982年、のち福武文庫・1991年)
  • 『水車の四季』(河野裕昭写真、日本評論社、1983年)
  • 『君は、エントロピーを見たか?:地球生命の経済学』(創拓社、1983年、のち朝日文庫・1991年)
  • 『雑木林の経済学』(樹心社、1985年)
  • 『技術のエントロピー:水車からの発想-自然エネルギーだけが人類を救う』(PHP研究所、1985年)
  • 『マイナス成長の経済学』(農山漁村文化協会、1987年)
  • 『天動説の経済学:日常生活を熱学的に考える』(ダイヤモンド社、1988年)
  • 『水土蘇生:脱原発社会をめざして』(冬樹社、1989年)
  • 『電力自由化の経済学』(宝島社、1993年)
  • 『原発の経済学』(朝日新聞社、1993年)
  • 『地球環境の経済学』(実務教育出版、1995年)
  • 『物質循環のエコロジー』(晃洋書房、2001年)
  • 『地域・並行通貨の経済学:一国一通貨制を超えて』(東洋経済新報社、2004年)
  • 『エネルギー経済とエコロジー』(晃洋書房、2006年)

共著[編集]

編著[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

脚注[編集]