倉阪秀史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

倉阪 秀史(くらさか ひでふみ、1964年1月25日 - )は、日本の環境経済学者。千葉大学法政経学部法政経学科教授。環境マネジメントシステム実習、環境経済論、環境政策論、政策・合意形成入門などを担当。小説家の倉阪鬼一郎は実兄。

経歴[編集]

三重県伊賀市出身。三重県立上野高等学校東京大学経済学部をそれぞれ卒業。 1987年から1997年まで環境庁(現環境省)に勤務。環境基本法環境影響評価法などの施策に関わる。1994年から1995年まで、米国メリーランド大学客員研究員。1998年から千葉大学法経学部経済学科助教授。法経学部総合政策学科の設置に伴い、同学科に移籍。  

著書[編集]

単著[編集]

  • 『環境を守るほど経済は発展する:ゴミを出さずにサービズを売る経済学』(朝日選書, 2002年)
  • 『エコロジカルな経済学』(ちくま新書, 2003年)
  • 『環境政策論』(信山社, 2004年/第2版・2008年/第3版・2014年)
  • 『環境と経済を再考する』(ナカニシヤ出版, 2006年)
  • 『政策・合意形成入門』(勁草書房, 2012年)
  • 『なぜ経済学は経済を救えないのか:資本基盤マネジメントの経済理論へ (上)視座と理念の転換』(詩想舎(i-Card Books), 2017年)
  • 『なぜ経済学は経済を救えないのか:資本基盤マネジメントの経済理論へ (下)政策展開の経済理論』(詩想舎(i-Card Books), 2017年)

編著[編集]

  • 『環境:持続可能な経済システム』(勁草書房, 2010年)
  • 『地域主導のエネルギー革命』(本の泉社, 2012年)
  • 『人口減少・環境制約下で持続するコミュニティづくり:南房総をイメージエリアとして』(千葉日報社, 2012年)

共著[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]