平野健一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

平野 健一郎(ひらの けんいちろう、1937年9月15日[1] - )は、日本政治学者東京大学教養学部名誉教授、元早稲田大学政治経済学部教授。専門は、国際関係論、国際関係史、国際文化論。

人物・経歴[編集]

茨城県生まれ。日比谷高校を経て、1961年東京大学教養学部教養学科国際関係論分科卒業、1967年ハーバード大学大学院で歴史学東アジア研究の博士学位を取得。

1969年上智大学外国語学部専任講師、1970年東京大学教養学部助教授、教授を経て、1998年定年退官、名誉教授、早稲田大学政治経済学部教授。

国際関係史での主な研究対象は満州国。また、国際関係論分野で比較的早くから文化をキーワードとする研究を進め、同分野に文化人類学の考え方を導入し、アカルチュレーション(異文化触変)の現象に注目した。2001年創立の日本国際文化学会の初代会長(2001-2005)。

門下生に、芝崎厚士がいる。

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『日本文化の変容』(講談社, 1973年)
  • 『国際関係論のフロンティア(2)近代日本とアジア――文化の交流と摩擦』(東京大学出版会, 1984年)
  • The State and Cultural Transformation: Perspectives from East Asia, (United Nations University Press, 1993).
  • 『講座現代アジア(4)地域システムと国際関係』(東京大学出版会, 1994年)
  • 『国際文化交流の政治経済学』(勁草書房, 1999年)
  • 『戦後日本の国際文化交流』(勁草書房, 2005年)
  • 日中戦争期の中国における社会・文化変容 東洋文庫 2007

共編著[編集]

  • (賀来景英)『21世紀の国際知的交流と日本――日米フルブライト50年を踏まえて』(中央公論新社, 2002年)
  • 西川潤)『東アジア共同体の構築(3)国際移動と社会変容』(岩波書店 2007年)

訳書[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ 『駒場1991』東大教養学部