清水知久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

清水 知久(しみず ともひさ、1933年9月22日 - )は、日本アメリカ史研究者、日本女子大学名誉教授。 東京出身。東京大学教養学部アメリカ分科卒。1963年日本女子大学講師、助教授、79年教授。93年退任。アメリカ先住民ベトナム反戦、米軍解体運動などを行ってきた。

著書[編集]

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • 競争的共存 C.L.サルズバーガー 鏡浦書房、1958.
  • 大恐慌 1929年の記録 D.A.シャノン編 玉野井芳郎共訳 1963. 中公新書
  • 人間の勝利を求めて 外交政策における虚構と現実 エリッヒ・フロム 斎藤真共訳 岩波書店、1963.
  • 合衆国の歴史 第4巻 西部開拓 1829-1849年 マーガレット・L.コイト ライフ編集部編. 時事通信社、1965.
  • 合衆国の歴史 第8巻 海外への進出 1890年-1901年 バーナード・A.ワイズバーガー ライフ編集部編 時事通信社 1966
  • この大地、わが大地 アメリカ・インディアン抵抗史 ジョン・コスター 三一書房、1977.2.
  • 改革の時代 農民神話からニューディールへ R.ホーフスタッター 共訳. みすず書房、1988.8
  • 労働力の国際的移動 奴隷化に抵抗する移民労働者 ロビン・コーエン 明石書店、1989.8.
  • 朝鮮戦争 内戦と干渉 J.ハリデイ, B.カミングス 岩波書店、1990.2.
  • 先住民族-地球環境の危機を語る インター・プレス・サービス編 明石書店、1993.9. 世界人権問題叢書

参考[編集]