タブノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タブノキ
M thunbergii.JPG
タブノキ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : モクレン類 Magnoliids
: クスノキ目 Laurales
: クスノキ科 Lauraceae
: タブノキ属 Machilus
: タブノキ M. thunbergii
学名
Machilus thunbergii Siebold et Zucc.[1]
シノニム
和名
タブノキ
タブノキ(愛知県小牧市小牧山

タブノキ(椨、学名: Machilus thunbergii)とはクスノキ科タブノキ属の常緑高木である。別名、イヌグス[3]タマグス[3]ヤマグスツママとも称される。単にタブ(椨)とも。ワニナシ属Perseaアボカドと同属、熱帯アメリカなどに分布)とする場合もある(学名: Persea thunbergii)。タブノキ(タブ)に当てる国字で、タブの「ブ」を「府」で表したものである[4]

分布・生育地[編集]

日本本州以南、朝鮮半島南部、中国台湾フィリピンに分布する[5]。日本では東北地方南部の海岸寄り、関東地方の海岸寄り、中部地方南部から九州・沖縄の森林に分布し[3]、特に暖地の海岸近くの丘陵地などに多く自生する[6][7]。暖地に生える樹木であるが、耐寒性もあり、東北地方の海岸沿いでは純林も見られる[5]

照葉樹林の代表的樹種のひとつ。古くから樹霊信仰の対象とされ、日本各地に巨木が残っており[6]神社の「鎮守の森」によく大木として育っている[8]。また横浜開港資料館の中庭の木は「玉楠」と呼ばれ有名である。

特徴[編集]

常緑広葉樹[9]。大高木で、樹高は30メートル (m) ほどになり、太さも3.5 mに達する場合がある[6]。生長のスピードは速く[6]、株立ちで大きくなる[7]。若い枝は緑色で、赤みを帯びる。芽は丸くふくらむ。

互生して枝先に集まる傾向があり、葉の長さは8 - 15センチメートル (cm) 、倒卵状長楕円形、全縁で葉先も円みを帯びている[3]。革質で硬く、表面はつやがあって深緑色、裏面は灰白色[3]。若葉は、赤味を帯びる[6]

花期は4 - 6月[5][3]。新緑の枝先の円錐花序に黄緑色であまり目立たないを咲かせる[6]果実は直径1 cmほどの球形の液果で、はじめは淡緑色であるが、8 - 9月ごろに黒紫色に熟す[5][3]。同じクスノキ科のアボカドに近い味がする。

利用[編集]

日陰に強く、潮風にも比較的耐えることから、海岸近くの防風の機能を有する樹種(防風樹)として知られる[7][10]。公園や庭にも植えられ[5]、庭のシンボルツリーにするなど、海岸近くの庭木の植栽としても用いられる[6][7]。栽培は、半日陰地に土壌の質は全般でやや湿りがちなところで、根を深く張る[6]。植栽適期は3 - 4月、6 - 7月、9月[3]、剪定は3 - 4月とされる[6]

枝葉には粘液が多く、乾かして粉にするとタブ粉が得られる。タブ粉は線香蚊取線香の材料の1つ(粘結材)として用いる。樹皮や葉は黄八丈の黄色い染料が採れる[5]。材は多岐に利用され、建築、家具などに使われる。かつては船材に使われ、漁業では海上から見て陸に高くそびえるタブノキを目印に位置を知り、魚を集める「魚寄せの木」として活用された[6]

万葉集の歌[編集]

  • 磯の上の都万麻を見れば根を延へて年深からし神さびにけり 大伴家持 巻十九4159

この歌の「都万麻」をツママと読み、本種を指すとも言われる。しかし他文献でツママという語が使われている例が見つかっておらず、確証はない。

出典[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Machilus thunbergii Siebold et Zucc.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年6月19日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Persea thunbergii (Siebold et Zucc.) Kosterm.” (日本語). BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2021年6月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 山﨑誠子 2019, p. 66.
  4. ^ 藤堂明保ほか編 「椨」 『漢字源』(改訂第五版) 学研プラス、2010年。 
  5. ^ a b c d e f 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 66.
  6. ^ a b c d e f g h i j 正木覚 2012, p. 74.
  7. ^ a b c d 山﨑誠子 2019, p. 67.
  8. ^ 正木誠 2012, p. 74.
  9. ^ 山﨑誠子 2019, p. 74.
  10. ^ 藤山宏『プロが教える住宅の植栽』学芸出版社、2010年、9頁。

参考文献[編集]

  • 平野隆久監修 永岡書店編『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、66頁。ISBN 4-522-21557-6
  • 正木覚『ナチュラルガーデン樹木図鑑』講談社、2012年4月26日、74頁。ISBN 978-4-06-217528-9
  • 山﨑誠子『植栽大図鑑[改訂版]』エクスナレッジ、2019年6月7日、66 - 67頁。ISBN 978-4-7678-2625-7
  • 北村四郎・村田源、『原色日本植物図鑑・木本編II』、1979年、保育社、ISBN 4-586-30050-7
  • 山形健介『タブノキ』(ものと人間の文化史) 2014年、法政大学出版局

関連項目[編集]