タブノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タブノキ
M thunbergii.JPG
タブノキ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : モクレン類 Magnoliids
: クスノキ目 Laurales
: クスノキ科 Lauraceae
: タブノキ属 Machilus
: タブノキ M. thunbergii
学名
Machilus thunbergii Siebold et Zucc. (1846)
シノニム

Persera thunbergii (Siebold et Zucc.) Kosterm. (1957)

和名
タブノキ
タブノキ(愛知県小牧市小牧山

タブノキ(椨 Machilus thunbergii)とはクスノキ科タブノキ属の常緑高木である。イヌグスタマグスヤマグスツママとも称される。単に「タブ」とも。ワニナシ属Perseaアボカドと同属、熱帯アメリカなどに分布)とする場合もある(学名:Persea thunbergii)。

特徴[編集]

高さは20メートルほど。太さも1メートルに達する場合がある。

若い枝は緑色で、赤みを帯びる。芽は丸くふくらむ。葉は枝先に集まる傾向があり、葉は長さ8 - 15センチメートル、倒卵形。革質で硬く、表面はつやがあって深緑。

花期は4 - 6月。黄緑色であまり目立たない花を咲かせる。8 - 9月ごろ球形で黒い果実が熟す。果実は直径1センチメートルほどで、同じクスノキ科のアボカドに近い味がする。

日本では東北地方から九州・沖縄の森林に分布し、とくに海岸近くに多い。照葉樹林の代表的樹種のひとつで、各地の神社の「鎮守の森」によく大木として育っている。また横浜開港資料館の中庭の木は「玉楠」と呼ばれ有名である。

利用[編集]

枝葉には粘液が多く、乾かして粉にするとタブ粉が得られる。タブ粉は線香蚊取線香の材料の1つ(粘結材)として用いる。

樹皮や葉は染料に用いられた。

万葉集の歌[編集]

  • 磯の上の都万麻を見れば根を延へて年深からし神さびにけり 大伴家持 巻十九4259

参考文献[編集]

  • 北村四郎・村田源、『原色日本植物図鑑・木本編II』、1979年、保育社、ISBN 4-586-30050-7

関連項目[編集]