森林法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
森林法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 なし
法令番号 昭和26年法律第249号
効力 現行法
種類 行政法
主な内容 森林の保護
関連法令 森林・林業基本法
条文リンク 総務省法令データ提供システム
テンプレートを表示

森林法(しんりんほう、昭和26年6月26日法律第249号)は、森林生産力向上を目的とした森林行政の基本法である。最終改正は、平成16年12月1日法律第147号。

保護・監督の行政規定と盗伐などに対する特別刑法とを内容とする。森林・林業基本法の基本計画と長期見通しに即した森林計画の樹立、保安林・保安施設地区の指定、施業測量のための他人の土地使用、森林審議会などについて規定している。

最判1987年4月22日は、共有林分割制限規定につき、憲法29条2項(財産権の保障)に照らし違憲無効とし、当該規定は1987年の改正で削除された。

沿革[編集]

1951年 旧(第2次)森林法(1907年)を全面改正して成立

構成[編集]

  • 第1章 総則 (1 - 3条)
  • 第2章 森林計画等 (4 - 10条の4)
  • 第2章の2 営林の助長及び監督
    • 第1節 市町村等による森林の整備の推進 (10条の5 - 10条の12)
    • 第2節 森林整備協定の締結の促進 (10条の13・10条の14)
    • 第3節 森林施業計画 (11 - 20条)
    • 第4節 補則 (21 - 24条)
  • 第3章 保安施設
    • 第1節 保安林 (25 - 40条)
    • 第2節 保安施設地区 (41 - 48条)
  • 第4章 土地の使用 (49 - 67条)
  • 第5章 都道府県森林審議会 (68 - 73条)
  • 第6章 削除
  • 第7章 雑則 (187 - 196条の2)
  • 第8章 罰則 (197 - 303条)
  • 附則

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 森林法(法令データ提供システム フレーム版)