杉田祐一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
杉田祐一 Tennis pictogram.svg
Yuichi Sugita2008.jpg
杉田祐一
基本情報
ラテン文字名 Yuichi Sugita
国籍 日本の旗 日本
出身地 同・宮城県仙台市
生年月日 (1988-09-18) 1988年9月18日(28歳)
身長 173cm
体重 66kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2006年
ツアー通算 0勝
シングルス 0勝
ダブルス 0勝
4大大会最高成績・シングルス
全豪 1回戦(2016)
全英 1回戦(2014・15)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 82位(2016年8月29日)
ダブルス 363位(2014年8月25日)
獲得メダル
男子 テニス
アジア競技大会
2014 仁川 シングルス
2014 仁川 混合ダブルス
2014 仁川 団体
2016年8月29日現在

杉田 祐一(すぎた ゆういち、1988年9月18日 - )は、宮城県仙台市出身の男子プロテニス選手。三菱電機所属。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATPランキング自己最高位はシングルス82位、ダブルス363位。

経歴[編集]

ジュニア時代[編集]

7歳からテニスを始め、ジュニア時代は吉田記念テニス研修センター等で学ぶ。湘南工大附高に進学し、2005年のインターハイシングルス優勝。

2006年には全豪オープンジュニア男子シングルスに出場。

同年10月1日、三菱電機とプロ契約[1]。直後に開催された世界スーパージュニアテニス選手権大会で日本人として94年大会の鈴木貴男以来12年振りとなる男子シングルス優勝を決める。また、高校生初のテニス日本リーグ出場も果たした。

2007年~2009年[編集]

2007年度トップアスリート入学試験(第一期)にて早稲田大学に進学(同期に福原愛斎藤佑樹ら)。同年デビスカップ日本代表にも選ばれ、当時最年少勝利を飾る。

大学入学後一時スランプに陥り、ATPランキングも1000番台まで落ち込むなど伸び悩む時期もあったが、2008年6月に日本で行われたツアー下部のフューチャーズ大会で予選から勝ち上がり優勝すると、そこからフューチャーズ大会4連続優勝を果たし、年初に1007位タイだったシングルスランクを年末には341位まで大幅にランクアップさせた。

2009年も引き続きランキングを伸ばしており、5月にはシングルスランクも200位台に上昇、8月にはアメリカワシントン大会予選を勝ち上がり、初めて自力でのATPツアー本戦出場を果たしたが、1回戦でソムデヴ・デヴァーマンインド)に0-6,6-7(6)のスコアで敗れた。全日本テニス選手権では初の決勝進出を果たしたが、連覇を狙う添田豪に敗れ準優勝。

2010年[編集]

3月の島津全日本室内テニス選手権大会(京都チャレンジャー)において、決勝でマシュー・エブデンを4-6、6-4、6-1のフルセットで破りATPチャレンジャーツアー初優勝。10月の全日本テニス選手権男子シングルスでは、決勝で鈴木貴男を6-1、6-3のストレートで下し大会初優勝を果たした[2]

2011年[編集]

1月のチェンナイ・オープンでは予選を勝ち上がって1回戦でダスティン・ブラウンを 6-4, 2-6, 6-2 で破りATPワールドツアーでのシングルス初勝利を挙げた。

9月に行われたデビスカップのワールドグループ・プレーオフ対インド戦では、初日にシングルスで起用されると、相手国エースのソムデヴ・デヴァーマンを6-3、6-4、7-5のストレートで下し、錦織圭添田豪の勝利を合わせインドに4-1で勝利し27年ぶりのワールドグループ復帰に貢献した[3]

2012年[編集]

1月、チェンナイ・オープンの予選を突破し本戦出場すると、1回戦では第8シードのオリビエ・ロクスを6-3、6-4、2回戦では盧彦勳を7-6(5)、6-4で破り自身初のATPワールドツアーベスト8進出を果たす[4]。準々決勝では第2シードのニコラス・アルマグロに6-4、6(8)-7、4-6のフルセットで惜しくも敗れた。

全日本テニス選手権では伊藤竜馬を6-4、6-3のストレートで下し2年ぶり2度目の優勝を飾った[5]

2013年[編集]

2月、デビスカップのアジア・オセアニアゾーングループ1回戦インドネシア戦において、R4シングルスで登場。相手エース格のクリストファー・ルンカットを6-1, 6-3と寄せ付けず勝利をおさめた。7月のアメリカ・ニューポートで行われたテニス殿堂選手権では2回戦に進出。9月の上海チャレンジャーでは、決勝で守屋宏紀を6-3、6-3のストレートで下しチャレンジャーツアー2勝目をあげた。

2014年[編集]

6月のウィンブルドン選手権にて、グランドスラム18回目の予選出場にして初めて予選を突破し本選出場を果たした[6]。一回戦で第19シードのフェリシアーノ・ロペスに6(6)-7、6(6)-7、6(7)-7のストレートで敗れた。10月にはインドのプネーチャレンジャーで優勝しチャレンジャーツアー3勝目をあげた。

2015年[編集]

6月、ウィンブルドン選手権の予選を突破し2年連続で本戦出場したが、1回戦でブラジュ・カウチッチに6-7、3-6、6-7で敗れた。その後、7月のテニス殿堂選手権コロンビア・オープンではともに2回戦に進出した。

9月にタイのバンコクチャレンジャー、11月に同じくタイのホアヒンチャレンジャーで優勝し、チャレンジャーツアーにおいて自身初の1シーズンでの複数タイトルを手にした。

2016年 トップ100入り[編集]

全豪オープンでは予選決勝でデニス・ノビコフに6-4, 4-6, 6-3で勝利し、全豪オープン初出場を果たす。本戦1回戦では第23シードのガエル・モンフィスと対戦し、1-6, 3-6, 2-6で敗れた。2月の京都チャレンジャーでは第1シードで出場すると、決勝で中国の張択に勝利しチャレンジャーツアー6勝目を挙げる。翌週2月29日付の世界ランキングで99位に浮上し、トップ100入りを果たした[7]

6月のゲリー・ウェバー・オープンでは、予選決勝で伊藤竜馬をストレートで下し予選突破すると、1回戦で世界ランキング63位のテイラー・フリッツに降雨によるサスペンデッドを挟みながら7-6(4), 2-6, 6-3のフルセットで勝利し、ATP500シリーズでの初勝利を挙げる。2回戦で前年準優勝者のアンドレアス・セッピに3-6, 0-6で敗れた。ウィンブルドンの予選では1回戦では世界ランク708位のマーカス・ウィリスに敗れ、3年連続本戦出場はならず。

7月、ロジャーズ・カップにおいてATPワールドツアー・マスターズ1000の本戦初出場を果たすが、1回戦でグリゴール・ディミトロフに7-5, 6-7(5), 4-6のフルセットで惜敗した。翌週に開催されたリオ五輪では当初出場権が無かったものの、上位者の欠場が相次いだためITF(国際テニス連盟)推薦枠で五輪初出場を果たした[8]シングルス1回戦でアメリカのブライアン・ベイカーに5-7, 7-5, 6-4で勝利したが、2回戦で第15シード・フランスのジル・シモンに6-7(3), 2-6で敗れた。翌週のシンシナティ・マスターズでは1回戦で世界ランク27位の若手のアレクサンダー・ズベレフに6-7(4), 6-4, 6-2で勝利し、マスターズ1000初勝利を上げる。2回戦でニコラ・マユに6-3, 7-5で勝利し、日本人史上4人目のマスターズで2勝挙げた選手となった。3回戦では世界ランク6位のミロシュ・ラオニッチに1-6, 6-3, 3-6で敗れた。大会後の世界ランキングで自己最高の83位になった。

全米オープンでは予選2回戦でアレッサンドロ・ジャネッシに3-6, 6-3, 5-7で敗れた。9月のデビスカップワールドグループ・プレーオフウクライナ戦でデビスカップ日本代表に2年半ぶりに招聘される。第3試合のダブルスに錦織圭と組んで出場。スミルノフ/スタホフスキー組に6-3, 6-0, 6-3で勝利し、日本のワールドグループ残留を決めた。

タイトル[編集]

フューチャーズ(12)
チャレンジャー(6)

シングルス[編集]

No. 年月日 大会 サーフェス 対戦相手 試合結果
1. 2006年9月11日 日本の旗 大阪F9フューチャーズ Hsin-Han Lee 6-2、6-3、
2. 2008年6月27日 日本の旗 昭和F6フューチャーズ 岩見亮 6-3、4-6、6-3
3. 2008年7月3日 日本の旗 有明F7フューチャーズ ハード 岩見亮 3-6、6-0、7-5
4. 2008年8月16日 インドネシアの旗 インドネシアF1フューチャーズ ハード KIM, Young-Jun 6-1、6-0
5. 2008年8月23日 インドネシアの旗 インドネシアF2フューチャーズ ハード バーナード・トミック 6-3、6-7、6-3
6. 2008年10月25日 日本の旗 東京F11フューチャーズ クレー CAPKOVIC, Kamil 6-4、6-3
7. 2009年7月5日 日本の旗 札幌F7フューチャーズ クレー 井藤 祐一 6-3、7-5
8. 2009年10月25日 日本の旗 日大F9フューチャーズ クレー CAPKOVIC, Kamil 6-4、7-3
1. 2010年3月14日 日本の旗 京都チャレンジャー カーペット オーストラリアの旗 マシュー・エブデン 4-6、6-4、6-1
9. 2010年11月14日 タイ王国の旗 タイF4フューチャーズ ハード 小ノ澤新 6-4、6-2
10. 2010年11月22日 タイ王国の旗 タイF5フューチャーズ ハード KARANUSIC, Roko 6-4、6-1
11. 2012年7月9日 インドネシアの旗 インドネシアF2フューチャーズ ハード Ti CHEN 6-2、7-5
12. 2012年10月14日 日本の旗 柏F8フューチャーズ ハード Yong-Kyu LIM 7-6、6-2
2. 2013年9月8日 中華人民共和国の旗 上海チャレンジャー ハード 日本の旗 守屋宏紀 6-3、6-3
3. 2014年6月25日 インドの旗 プネーチャレンジャー ハード スペインの旗 アドリアン・メネンデス=マセイラス 6-7(1)、6-4、6-4
4. 2015年9月6日 タイ王国の旗 バンコクチャレンジャー ハード アルゼンチンの旗 マルコ・トルンヘジーティ 6-4、6-2
5. 2015年11月8日 タイ王国の旗 ホアヒンチャレンジャー ハード フランスの旗 ステファン・ロベール 6-2、1-6、6-3
6. 2016年2月28日 日本の旗 京都チャレンジャー カーペット 中華人民共和国の旗 張擇 5-7、6-3、6-4

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2014 2015 2016 通算成績
全豪オープン LQ LQ 1R 0–1
全仏オープン LQ LQ A 0–0
ウィンブルドン 1R 1R LQ 0–2
全米オープン LQ LQ LQ 0–0

デビスカップ[編集]

ステージ オーダー 対戦国 対戦相手  スコア
2011年 ワールドグループ・プレーオフ  シングルス1  インド ソムデブ・デバルマン 6-3、6-4、7-5
ダブルス(伊藤竜馬 マヘシュ・ブパシ
ロハン・ボパンナ
5-7,6-3,3-6,6-7(4)
2012年 ワールドグループ・1回戦 ダブルス(伊藤竜馬)  クロアチア イワン・ドディグ
イボ・カルロビッチ
4-6,4-6,6-3,3-6
2013年 アジア・オセアニア1部・2回戦  シングルス4   インドネシア クリストファー・ルンカット 6-1, 6-3
2016年 ワールドグループ・プレーオフ  ダブルス(錦織圭)   ウクライナ セルジー・スタホフスキー
アルテム・スミルノフ
6-3,6-0,6-3

脚注[編集]

外部リンク[編集]