石黒修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石黒 修 Tennis pictogram.svg
基本情報
出身地 長崎県長崎市
生年月日 (1936-08-12) 1936年8月12日
没年月日 (2016-11-09) 2016年11月9日(満80歳没)
4大大会最高成績・シングルス
全英 3回戦

石黒 修(いしぐろ おさむ、1936年8月12日 - 2016年11月9日)は、日本の男子プロテニス選手。日本プロテニス界のパイオニアとして活躍した名選手である。俳優として活躍する石黒賢の父親としても知られる。

経歴[編集]

長崎県長崎市出身。神戸の甲南中1年でテニスを始める。2年先輩に松岡功がいる。その後、甲南高校慶應義塾大学三菱電機へ進み、全日本ジュニアインターハイインカレを制する。

1961年にはデビスカップの代表に選ばれ、東洋ゾーン準決勝で奇跡の逆転勝利を演出した。さらにウィンブルドン選手権の前哨戦では当時ランキング1位のニール・フレーザーオーストラリア)を破る大金星を挙げ、同選手権にも初出場で初戦を突破し、1回戦でアラン・ミルズ(イギリス、長年ウィンブルドン選手権の運営委員を務めた)を破った。同年の全日本選手権で初優勝を遂げる。

全日本選手権はシングルス3度(1961年・1964年・1965年)、ダブルス3度(1962年・1964年・1965年)制し、混合ダブルスでは3連覇(1963年・1964年・1965年)を達成した。ウィンブルドンには1961年-1966年の6年連続で出場し、1963年の3回戦進出が最高である。全豪選手権では、1965年フレッド・ストール(オーストラリア)との3回戦まで進出したことがある。

1965年、デビスカップ日本代表監督に就任。1971年、戦後初の日本人プロ選手となる。1972年、日本プロテニス協会を創設し、初代理事長に就任する。

石黒は第一線から退いた後も、日本テニス協会の評議委員、日本プロテニス協会の副会長を務める傍らでなおベテラン(65歳以上)の部に参戦し、生涯現役を貫いた。

2016年11月9日逝去。80歳没[1]

著書[編集]

  • 『テニス―ジュニアから一流選手まで』(1974年、講談社)
  • 『ぐんぐん上達する女子テニス』(1983年、高橋書店)

CM[編集]

参考文献[編集]

  • 日本テニス協会発行『テニス・プレーヤーズ・ガイド』 2006年版(177ページより、4大大会成績表を参照)

脚注[編集]

外部リンク[編集]