全日本テニス選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
全日本テニス選手権
Ariake Colosseum.jpg
開始年 1922
主催 日本テニス協会
加盟国 日本の旗 日本
備考 女子は1924年から
テンプレートを表示

全日本テニス選手権日本テニス協会が主催するテニス日本一を競うテニストーナメント

概説[編集]

歴史[編集]

1922年、東京帝国大学で男子のみ開催された。女子は第3回大会から。1941年・43年から45年の戦争による中止をはさんで、2015年で第90回目を迎える。

1979年より賞金が授与されるプロアマオープントーナメントとなっている。

かつては関東と関西の会場で交互に行われていたが、1984年からは有明テニスの森公園で固定開催。各決勝戦及びシングルス準決勝はセンターコートたる有明コロシアムで行われる。

2005年からはニッケブランドの日本毛織がスポンサーとなり長らくニッケ・全日本テニス選手権として開催されてきたが、2013年を以って突如スポンサーを降板。 2014年と15年は橋本総業の特別協賛。16年は三菱グループがタイトルスポンサー[1]

参加資格等[編集]

  1. 日本国籍保持者でJTA加盟団体または傘下団体たる以下の団体に所属、かつJTA選手登録者。
    1. 都道府県テニス協会
    2. 全日本学生テニス連盟
    3. 全国高等学校体育連盟テニス部
    4. 全国高等専門学校体育協会テニス部
    5. 全国中学校テニス連盟
  2. 外国人で、参加申込み締切日までに引き続き36ヶ月以上日本に在住、かつ当大会選手選考日より過去1年間にJTT大会に2大会以上の出場者。
  3. 外国人で、参加申込み締切日までに引き続き12ヶ月以上日本に在住、かつ中学、高校、大学または専門学校に在籍している者。

ドロー[編集]

本戦
男子単 男子複 女子単 女子複 混合複
DA-1[本戦 1] 29 17 30 18 7
DA-2[本戦 2] 4 4 3 3 -
QA[本戦 3] 6 6 6 6 -
QB[本戦 4] 3 3 3 3 -
QC[本戦 5] 3 - 3 - -
WC[本戦 6] 3 2 3 2 1
48 32 48 32 8
  1. ^ JTAランキング上位
  2. ^ 賞金総額100万円以上の地域選手権
  3. ^ A予選
  4. ^ B予選
  5. ^ C予選
  6. ^ 主催者推薦
予選
男子単 男子複 女子単 女子複
A予選 DA[予選 1] 44 21 44 21
WC[予選 2] 4 3 4 3
48 24 48 24
B予選[予選 3] 5 5 6 6
C予選[予選 4] 47 - 47 -
  1. ^ DA-1を除くJTAランキング上位者
  2. ^ 主催者推薦
  3. ^ 賞金総額100万円未満の地域選手権(プロアマオープン大会)
  4. ^ 都道府県予選

地域選手権[編集]

太字は賞金総額100万円以上の地域選手権。

  1. 北海道テニス選手権 はまなすカップ
  2. ダンロップ・三菱地所カップ 東北オープンテニス選手権
  3. 北信越テニス選手権
  4. 関東オープンテニス選手権
  5. ダンロップ 東海中日テニス選手権
  6. 関西オープンテニス選手権(男子・女子)
  7. 中国テニス選手権
  8. 四国テニス選手権
  9. 九州テニス選手権

競技方式[編集]

ノックアウトトーナメント方式を採用。

予選の試合方式
  • シングルス:ザ・ベスト・オブ・3 タイブレークセット
  • ダブルス:ノーアド・ファイナルセット10 ポイントマッチタイブレーク方式

いずれもセルフジャッジ方式

本戦の試合方式
  • 男女シングルス・ダブルス:ザ・ベスト・オブ・3 タイブレークセット
  • 混合ダブルス:ノーアド・ファイナルセット10 ポイントマッチタイブレーク方式

いずれもアンパイアを配置

表彰[編集]

優勝者には男子シングルスは天皇杯、女子シングルスは秩父宮妃記念盾、男子ダブルスは摂政宮杯、女子ダブルスは朝吹杯、混合ダブルスはJTA杯がそれぞれ贈呈される。なお、男女シングルスの優勝者には協賛者杯も贈られる。

賞金については、2015年度の総額は2846万円であり、優勝賞金はシングルス400万円、ダブルス50万円、混合ダブルス16万円。本戦出場者も成績に応じた賞金が獲得できる[2]

放送について[編集]

シングルス決勝戦の模様はNHK BS1で録画中継される。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]