谷澤英彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
谷澤 英彦
Hidehiko Tanizawa
Tennis pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
生年月日 (1971-12-05) 1971年12月5日(46歳)
身長 180cm
体重 80kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1989年
引退年 1997年
キャリア自己最高ランキング
シングルス 597位

谷澤英彦(たにざわひでひこ、1971年12月5日-)は、日本の元テニス選手、現テニスコーチ、解説者。

愛知県名古屋市出身、180cm、80kg、左利き。相模工業大学附属高校卒業。

来歴[編集]

1989年高校3年の時、全日本テニス選手権男子シングルスで福井烈を破って、17歳9ヶ月での史上最年少優勝を果たす。

1990年にはデビスカップ代表にも選ばれた。日本ランキングの最高位は1989年の6位。

世界ランキングの最高位は1993年の597位。

25歳の時に選手を引退し、現在は日本体育協会公認スポーツ指導者コーチ、日本テニス協会公認S級エリートコーチとして、守屋宏紀を指導する。[1]

またNHKのテニス中継で解説も務めている。[2]

出典 [編集]