マルコム・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルコム・アンダーソン
Malcolm Anderson
Tennis pictogram.svg
Mal Anderson (1972).jpg
マルコム・アンダーソン
基本情報
フルネーム Malcolm James Anderson
愛称 Mal
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 同・クイーンズランド州セオドア
生年月日 (1935-03-03) 1935年3月3日(84歳)
利き手
バックハンド 片手打ち
殿堂入り 2000年
4大大会最高成績・シングルス
全豪 準優勝(1958・72)
全仏 2回戦(1957)
全英 ベスト8(1956・58)
全米 優勝(1957)
優勝回数 1(米1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 優勝(1973)
全仏 優勝(1957)
優勝回数 2(豪1・仏1)
4大大会最高成績・混合ダブルス
全豪 優勝(1957)
優勝回数 1(豪1)
国別対抗戦最高成績
デビス杯 優勝(1957・73)

マルコム・アンダーソンMalcolm Anderson, 1935年3月3日 - )は、オーストラリアクイーンズランド州セオドア出身の男子テニス選手。愛称の「マル・アンダーソンMal Anderson)」で呼ばれることも多い。

1957年全米選手権男子シングルス優勝者になった後、1959年に「プロテニス選手」に転向した。その後1968年に始まったテニス界の「オープン化措置」で4大大会に復帰し、1973年全豪オープン男子ダブルス優勝者になり、オープン化時代の前後をまたいで活動した。

来歴[編集]

アンダーソンの故郷は、クイーンズランド州内の広大な田舎地域にある。下記参考文献のうち、バド・コリンズの百科事典の説明によれば「牛やカンガルー、ワライカワセミの生息地で、自宅には手作りのテニスコートとアリの寝床があった」という。そんな育ちであったことから、彼には後に「田舎者(Country)」「カウボーイ(Cowboy)」などのニックネームがついた。身長185cmほどの長身選手で、ほっそりした“線路のように細い”体格の持ち主と呼ばれた。彼はロイ・エマーソンの姉妹と結婚したことから、エマーソンと義理の兄弟関係になった。

アンダーソンは8歳からテニスを始めたが、真剣に練習するようになったのは16歳以後であった。22歳になった1957年、アンダーソンに最初のハイライトが訪れる。3度目の出場だった1957年全米選手権で、彼はノーシードから勝ち上がり、4回戦でディック・サビットアメリカ)、準々決勝でルイス・アヤラチリ)、準決勝でスベン・デビッドソンスウェーデン)を破って決勝に勝ち上がった。決勝戦では同じオーストラリアのアシュレー・クーパーを 10-8, 7-5, 6-4 のストレートで破る。こうしてマルコム・アンダーソンは、全米選手権(現在の全米オープンテニス)の歴史を通じて、史上初めてノーシードから男子シングルスを制した選手になった。

2000年国際テニス殿堂入りを果たしている。

4大大会優勝[編集]

  • 全豪オープン 男子ダブルス:1勝(1973年)/混合ダブルス:1勝(1957年) [男子シングルス準優勝2度:1958年→1972年]
  • 全仏選手権 男子ダブルス:1勝(1957年)
  • 全米選手権 男子シングルス:1勝(1957年) [同部門準優勝1度:1958年]
大会 対戦相手 試合結果
1957年 全米選手権 オーストラリアの旗 アシュレー・クーパー 10-8, 7-5, 6-4

参考文献[編集]

  • バド・コリンズ著『テニスのすべて-究極のテニス百科事典』(英語、2003年刊、ISBN 0973144343、スポーツ・クラシック・ブックス)
  • マーティン・ヘッジズ著『コンサイス・テニス辞書』(英語、1978年刊、ISBN 0831717653、メイフラワー・ブックス)

外部リンク[編集]