ニコラ・ピエトランジェリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニコラ・ピエトランジェリ

ニコラ・ピエトランジェリNicola Pietrangeli, 1933年9月11日 - )は、イタリアの男子テニス選手。チュニジアの首都・チュニスで生まれる。1959年1960年全仏選手権で男子シングルス2連覇を達成し、イタリア人のテニス選手として最初の4大大会優勝者になった。1954年から1972年まで男子テニス国別対抗戦・デビスカップのイタリア代表選手を務めたピエトランジェリは、当時のイタリア・スポーツ界を象徴するような存在だった。彼は「ニッキー」(Nicky)という愛称で呼ばれた。

ニコラ・ピエトランジェリは1954年からデビスカップイタリア代表選手となり、現役引退する1972年まで18年間その位置にあった。デ杯代表選手となった翌年、1955年全仏選手権男子ダブルスで、ピエトランジェリはデ杯のチームメートであるオーランド・シロラ1928年 - 1995年)と組んで初めての4大大会決勝進出を果たしたが、アメリカビック・セイシャストニー・トラバート組に 1-6, 6-4, 2-6, 4-6 で敗れ、最初の挑戦では準優勝に終わっている。この年、デ杯のイタリア・チームは「ヨーロッパ・ゾーン」決勝でスウェーデンを倒したが、「インターゾーン」決勝でオーストラリア・チームに5戦全敗で敗れた。ピエトランジェリとシロラのペアは、1956年ウィンブルドン選手権でも男子ダブルス準優勝がある。1959年、ニコラ・ピエトランジェリは全仏選手権で男子シングルス・男子ダブルスの単複2冠を獲得し、テニス経歴の全盛期を迎えた。男子シングルス決勝では南アフリカイアン・フェルマークに 3-6, 6-3, 6-4, 6-1 で勝ち、シロラとのダブルスではオーストラリアロイ・エマーソンニール・フレーザー組を 6-3, 6-2, 14-12 で破って、4年ぶり2度目の決勝進出で初優勝を決めた。こうして、ピエトランジェリはイタリア人のテニス選手として最初の4大大会優勝者になり、イタリアの国民的英雄として尊敬を集めるようになった。

1960年全仏選手権で、ピエトランジェリは男子シングルス決勝でチリルイス・アヤラを 3-6, 6-3, 6-4, 4-6, 6-3 で破り、大会2連覇を達成した。この年は、あまり得意ではないウィンブルドン選手権ロッド・レーバーとの準決勝に進出している。デビスカップのイタリア・チームは、1960年に初めての「ワールドグループ」決勝に勝ち上がった。ヨーロッパ・ゾーンを制した後「インターゾーン」決勝でアメリカを3勝2敗で倒したが、ワールドグループ決勝ではオーストラリアに「1勝4敗」で敗れ、デ杯初優勝を逃す。ピエトランジェリはニール・フレーザーに 11-9, 6-3, 1-6, 6-2 で勝ち、チーム唯一の白星を挙げた。ところが、1961年全仏選手権決勝でピエトランジェリはスペインマニュエル・サンタナに 6-4, 1-6, 6-3, 0-6, 2-6 で敗れ、大会3連覇を逃してしまう。デ杯でも2年連続のワールドグループ決勝進出を果たしたが、オーストラリアには5戦全敗で終わった。

1963年のデビスカップを最後に、ダブルス・パートナーであったオーランド・シロラが現役を引退する。ピエトランジェリとシロラのペアは、デ杯のダブルスでイタリア・チーム最多記録となる「34勝8敗」の戦績を残し、今なおイタリアの「ベスト・ダブルス・チーム」としてデ杯の公式記録に残っている。シロラの引退後、ピエトランジェリにも力の衰えが訪れ始め、イタリア・チームは「ヨーロッパ・ゾーン」から上に勝ち進めなくなった。1964年にピエトランジェリは全仏選手権で3年ぶり4度目の決勝進出を果たしたが、またもやマニュエル・サンタナに決勝で敗れ、2度目の準優勝に終わる。これでピエトランジェリの全仏選手権決勝は「2勝2敗」で終わった。

ピエトランジェリは39歳を迎える1972年までデビスカップのイタリア代表選手にとどまり、チーム歴代1位となる「120勝44敗」(シングルス78勝32敗、ダブルス42勝12敗)の戦績を残した。出場回数「18回」もイタリア代表のトップである。最後の年には、ピエトランジェリはアドリアーノ・パナッタとダブルスを組む機会があった。1976年にはデ杯イタリア・チームの監督を務め、イタリアをデ杯初優勝に導いた。相手はルイス・アヤラ監督率いるチリで、ピエトランジェリは1960年全仏選手権に続いて“デ杯監督対決”でもアヤラに勝ったことになる。1986年、ニコラ・ピエトランジェリはイタリア人のテニス選手として最初の国際テニス殿堂入りを果たした。

全仏選手権の成績[編集]

  • 男子シングルス:2勝(1959年&1960年) [準優勝2度:1961年、1964年]
  • 男子ダブルス:1勝(1959年) [準優勝1度:1955年] <1959年は単複2冠制覇>
  • 混合ダブルス:1勝(1958年)

外部リンク[編集]