PV-2000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

PV-2000は、カシオ計算機1983年10月に発売したゲームパソコン家庭用ゲーム機の第3世代)である。価格は29,800円。愛称は楽がき

特徴[編集]

BASICインタープリターのC83-BASICを標準搭載しており、当時のパソコンとしても使えるゲーム機の中で、最も廉価にプログラミングを楽しむことが出来た。ゲームソフトはROMカートリッジで供給された。

パソコン機能のないゲーム機PV-1000と同時発売。画面の印象は似ており、CPUはZ80互換と同一だったものの、NECの画像チップと音源チップを採用しスプライト機能がないPV-1000に対して、PV-2000は当時のゲーム機では一般的だったTMS9918SN76489を採用してスプライト機能を有した。同一タイトルのゲームソフトが、PV-1000・PV-2000両方に発売されることもあったが、PV-1000・PV-2000はそれぞれ別々のプラットフォームであって互換性はなかった。

1984年秋にカシオ計算機はMSX仕様のパソコンPV-7を同価格の29,800円で発売。オリジナル仕様のPV-2000は1年ほどで終焉を迎えた。

仕様[編集]

  • CPU:Z80(クロック周波数3.579MHz)
  • VDP:TMS9918
  • VRAM:16KB
  • ROM:16KB
  • RAM:4KB (増設可)
  • サウンド機能:SN76489(PSGに類似、矩形波3ch + ノイズ 1ch)

発売されたソフト[編集]

楽ガキスペシャル
描画機能を搭載したシューティングゲーム。背景等を自分の好みにカスタマイズすることが出来た。
ロックンロープ
コナミのアーケードゲームの移植。金の鳥を目指す為にロープを投げて登って行くアクションゲーム。容量の関係で面が一部削除された。
ミスターパックン
ナムコのアーケードゲーム『スーパーパックマン』の移植。エサがフルーツであり、鍵とか一定時間巨大化するパックマンなどがある。
ギャラガ
ナムコのアーケードゲームの移植。基本的なゲームは本家と同じだが、ボーナスステージが無くなっている。
プーヤン
コナミのアーケードゲームの移植。PV-1000より綺麗になっている。ステージ構成もオリジナルに忠実である。
スーパーコブラ
コナミのアーケードゲームの移植。PV-1000より多少キャラが大きくなっている。難易度はかなり高め。
フロントライン
タイトーのアーケードゲームの移植作。戦車の種類がひとつしか無いのと、敵が突然現れたと同時に撃ってくるのでかなり難しい。
スキーコマンド
カシオのオリジナル縦シューティングゲーム。3ステージごとに山からジャンプしてパラシュート降下中、敵基地を爆破するボーナスステージがある。
パチンコUFO
エキサイト麻雀2
大障害競馬
ゲーム拡張BASIC
このカートリッジを装着することで、BASICを拡張することができた。