X3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
X3D
拡張子 .x3dv, .x3d, .x3db
gzip で圧縮している場合は最後尾に z を付与
MIME Type model/x3d+vrml
model/x3d+xml
model/x3d+binary
最新版 3.0
種別 3次元コンピュータグラフィックス
派生元 VRML, XML
国際標準 Yes, ISO
公式サイト http://www.web3d.org/x3d/
テンプレートを表示

X3DISOが定めたXMLベースの3次元コンピュータグラフィックスを表現するためのファイルフォーマットであり、VRML (Virtual Reality Modeling Language) の後継である。X3D は機能的に VRML の拡張(例えば、Humanoid AnimationNURBSGeoVRML など)をカバーし、XMLの構文を使ってシーンを符号化するだけでなく、VRML97 の Open Inventor 風の構文も可能で、API も拡張している。

標準化[編集]

X3D では各種用途向けにいくつかのプロファイルを定義しており、例えば X3D Core、X3D Interchange、X3D CAD、X3D Geospatial、X3D Immersive などがある。また、ブラウザ開発者は独自の拡張を定義してWeb3Dコンソーシアムに標準化のために提出することができる。

X3Dのサブセットを XMT-A と呼び、MPEG-4 Part 11 で定義している XMT の派生の1つとなっている。これは、X3D と MPEG-4 における3Dコンテンツ (BIFS) のリンクを提供するよう設計されている。

X3Dの基本仕様 (ISO/IEC 19775) は2004年、ISOが承認した。X3D における XML および VRML の符号化 (ISO/IEC 19776) は2005年に承認した[1]

応用[編集]

既にいくつかの応用があり、その多くはオープンソースソフトウェアで、自前でX3Dファイルを構文解析して解釈するものである。例えば、3Dグラフィックスおよびアニメーションのエディタ Blenderサン・マイクロシステムズの仮想世界クライアント Project Wonderland などがある。しかし、広く受け入れられたとは言えず、Second Life などでもまだ採用していない。

関連規格[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]