Extensible Metadata Platform

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Extensible Metadata Platform(XMP)は、ディジタルドキュメントやデータセットに付与する、標準化された、あるいはカスタムのメタデータを作成、処理、交換するためのISO規格である。この規格は、もとはアドビシステムズによって制定された。

XMPは拡張可能なメタデータの定義、生成、処理を標準化している。シリアライズしたXMPは、XMP非対応のアプリケーションがファイルを読む際に邪魔になることなく、さまざまなファイル形式に埋め込むことができる。メタデータを埋め込むことで、メタデータを別途蓄積することで起きる問題を避けることができる。XMPは、PDF画像ファイル、画像ファイルの編集アプリケーションで使われる。

XMPデータモデル[編集]

XMPはメタデータモデルを定義する。XMPは多くの場合、W3C Resource Description Framework (RDF)のサブセットを使ってシリアライズして蓄積される。

XMPのシリアライズ[編集]

ファイルに埋め込まれたメタデータにより、製品、ベンダ、プラットフォームを超えて、メタデータが失われること無く、簡単にファイルを共有・受け渡すことができる。

対応ソフトウェア[編集]

外部リンク[編集]