Industry Foundation Classes

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Industry Foundation Classes(IFC)
拡張子 .ifc
開発者 buildingSMART(旧称:IAI)
初版 1997年1月
最新版 IFC 4 Add2 / 2016年7月15日
種別 BIM
国際標準 ISO 16739
公式サイト 一般社団法人buildingSMART Japan
buildingSMART-Tech.org(英語)
テンプレートを表示

Industry Foundation Classes は、中立でオープンなCADデータモデルの仕様である。

IFCは単一のベンダーやベンダーグループによって管理されていない。IFCモデル仕様は自由に入手可能である[1]

歴史[編集]

IFCフォーマットは、アメリカとヨーロッパのAEC (architecture engineering and construction) 会社とソフトウェア会社の協力により、業界のソフトウェア間の相互運用を支援するために1995年に設立された International Alliance for Interoperability により最初に開発された。

導入[編集]

2005年以降、IFC仕様はbuildingSMART Internationalにより開発および維持されている。buildingSMART Internationalは、世界各国の支部を通してIFCの導入および対応を活発に促進している。

ソフトウェアプラットフォーム間の相互運用を簡単にすることが焦点であるため、デンマーク政府は公共支援建設事業におけるIFCフォーマットの使用を義務付けた[2]

IFC/ifcXML仕様[編集]

  • IFC 4 Addendum 2(2016年7月15日)[3]
  • IFC 4 Addendum 1 (2015年7月)
  • IFC 4がISO 16739を準拠(2013年3月21日)
  • IFC 4 (2013年3月12日)[4]
  • ifcXML2x3 (2007年6月)
  • IFC2x3 (2006年2月)
  • IFC 2xがISO/PAS 16739を準拠(取得)(2005年10月)
  • ifcXML2 for IFC2x2 add1 (RC2)
  • IFC2x2 Addendum 1 (2004年6月)
  • ifcXML2 for IFC2x2 (RC1)
  • IFC 2x2
  • IFC 2x Addendum 1
  • ifcXML1 for IFC2xおよびIFC2x Addendum 1
  • IFC 2x
  • IFC 2.0
  • IFC 1.5.1
  • IFC 1.5[5]

IFCを支援するソフトウェアベンダ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ IAI International (英文)
  2. ^ Digital client demands scheme(英文)
  3. ^ IFC4 Add2 Release
  4. ^ IFC4 officially released
  5. ^ IAI International (英文)