CorelDRAW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
CorelDRAW
開発元 コーレル
最新版 2018 /2018年4月20日
対応OS Microsoft Windows
種別 Vector graphics editor
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト コーレル株式会社
テンプレートを表示

CorelDRAW(コーレルドロー)は、コーレル株式会社が開発、販売するベクトル画像編集ソフトウェアである。

概要[編集]

1985年に、マイケル・コープランド博士が、インテルベースのDTPシステムを販売するためにCorelを設立。1987年にエンジニアであるミシェル・ブイヨンとパット・バーンを雇用し、プロジェクト発足、1989年に発売したのがCorelDRAWである。

ベクトルデータを扱うDTPソフトであり、ベジェ曲線や図形、写真等を駆使してポスターや小冊子、企画書などを作成する用途によく使われる。

基本プラットフォームはWindowsであり、現在はXP、Vista、Windows7をサポートしている。Mac版はVer.11の頃に同時発売されたが、需要がなかったためか近年は発売されていない。Linux版もVer.9まで販売されていた。

Ver.1の開発コードネームは「Waldo(ウォルドー)」といい、帽子をかぶったその名の男性がマスコットキャラクターであった。パッケージデザインとソフト起動時の画面には、もともとコーレルのシンボルマークでもあった気球が用いられていたが、Ver.8から女性やペンなどに変わり、2006年に発売されたVer.X3は「カルロス君」というカメレオン(尻尾が渦を巻いており、徐々にベクトル画像になっているもの)になったりしたが、Ver.X4で再び気球になった。

同種のソフトとしてAdobe Illustrator、日本では花子などがある。

特徴[編集]

CorelDRAWの特徴として以下が挙げられる。

  • DXF (AutoCAD)形式やAI (Illustrator)形式など、幅広い形式の入出力が可能。
  • 単体で表計算が出来ない代わりに、Excelのページを埋め込むことが可能。
  • 尺度を表す際に便利な寸法線ツールが搭載されている。(Illustratorでは標準搭載ではない)
  • Excelの感覚でページを増やすことが出来る(Illustratorはアートボードを設定しなければならない)
  • Illustrator形式(.AI)の入出力に対応している。
  • 毎月コストがかかるIllustratorに比べ、買い切りのため長期で見る場合に安価である。
  • Windows専用ソフトウェアであり、右クリックメニューが豊富。基本作業はクリックで完結できる。
  • Illustratorと違い、市販されているプラグインが少なく、近年日本では解説書が出版されていない。

(その代わり、5時間以上の解説動画や、小冊子[スタートガイド]が同梱されている)

  • Illustrator、Microsoft Visio、G.crewなどの他社類似製品、Corel製品を所持している場合は「特別優待版」でより安く買うことができる。
  • Ver.4以降、TrueTypeフォントを作成できるようになった。但し、プログラムの中でまだカーニング組の作成の調整ができない。

バージョン遍歴[編集]

バージョンX3(2006年8月4日)
40以上の新機能の追加
  • 星形・多角形ツール、スマート塗りつぶしツール、ベベル効果、切り抜きツール、境界線の作成、インタラクティブなテキストパスの結合ツール、PANTONEカラーパレットの強化(印刷カラー分解時にCMYKに変換されなくなった)、オーバービュープリント(的確な印刷用オブジェクトのプレビュー)など。
バージョンX3 Plus(2007年8月3日)
最新アップデータが適用されたVista対応版。初回数量限定でオフィシャルガイドブックが付属していたり、素材大手のDesignEXchange のダウンロード優待価格サービスなどが付属されていた。
バージョンX4(2008年8月15日)
テーブルツール、ページごとのレイヤー機能、テキストのライブプレビュー(フォントをポインターで選択すると、リアルタイムで文字が変わっていく)段落テキストのミラー化
バージョンX5(2010年9月10日)
新規ドキュメントダイアログ、属性スポイトツール、イメージパレット、Bスプラインツール、直線コネクタ、丸型の角(スカラップ、丸型、面取り)、ピクセルプレビュー、カラーダイアログの強化(スポイトツールが搭載、16進数カラー値で選択可能に)、「カラー校正の設定」ウィンドウ、「Webにエクスポート」ダイアログで透過PNGなどが作成しやすくなった。VSTAとの統合も行われ、ダイナミックアドインを作成できるようになった。機能強化はメッシュ塗りつぶしツール、曲線ツール、セグメント寸法線ツールなど。
バージョンX6(2012年8月24日)
Windows8 64bitネイティブ、マルチコアCPU対応。オブジェクトプロパティのウィンドウの再構成、ベクトルデータの整形ツール(塗り付け、旋回、引き付け、反発)、クリップマスクの作成、カラーの調和(色のバランスを保ったまま別の配色を試すことができる)、カラースタイルパレット(ベクターで構成されたグループを選択し、特定の色を任意の色に変更できる。100個バラバラの赤だけを緑に変更する等が可能になった)、マスターレイヤー機能、ページ番号付け、整列ガイド(リアルタイムで変動するガイドライン)、インタラクティブフレーム、プレースホルダ テキスト、OpenTypeのサポート
バージョンX7(2014年5月23日)
インターフェイスの一新。塗りつぶしの編集ダイアログボックス、グラデーション塗りつぶし、塗りつぶしピッカー、塗りつぶしの作成、ベクタオブジェクトのスムース化、ウィンドウ枠のカラーのカスタマイズ、作業領域、QRコード作成機能、補色の検索、オブジェクトの輪郭配置、オブジェクトスタイルのプレビューなど
バージョンX8(2016年3月16日)
リアルタイムスタイラス(RTS)の対応、オブジェクトの表示/非表示、5Kディスプレイ対応、マルチモニタ対応、Windows10最適化、デスクトップカラーのカスタマイズ、UIの自由度の向上(アイコンサイズは最大250%)ガウスぼかしのドロップシャドウ、
バージョン2017(2017年4月12日)
LiveSketchツール(人工知能(AI)による、スケッチを正確なベクトル曲線に変更)、スタイラス機能の向上、カスタムノード(曲線、図形の各ノードタイプに一定の図形を割り当てることが可能に。)インタラクティブスライダ(透明度やブレンド、押出、ドロップシャドウ、押し出し、等高線などの作業時に便利)
バージョン2018(2018年4月20日)
対称描画モード、遠近補正ツール、ブロックシャドウツール、ビットマップにエンベロープを適用、WordPressへの適応。


統合パッケージ[編集]

2018年現在、CorelDRAWは単体での販売はされておらず「CorelDRAW Graphics Suite」のパッケージの一部として販売されている。詳しくはCorelDRAW Graphics Suiteを参照。

廉価版[編集]

CorelDRAW Graphics Suiteに比べ低価格(1万円台)で購入できる廉価版としてEssentials シリーズがある。Essentialsシリーズにはフォントや画像の素材などはあまりついていない。現在バージョンX8まで発表、発売されている。詳しくは、CorelDRAW Essentialsを参照。

外部リンク[編集]