XPM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

XPM (X PixMap) はX Window Systemで使用されるテキスト (ASCII) の画像ファイルフォーマットである。1989年INRIA(フランス国立電子計算機、制御研究所)のDaniel Dardailler と Colas Nahabooによって作られた。その後、Arnaud Le Horsにより拡張された。名前の通りピクセル(画素)によるビットマップ画像フォーマットである。主な用途はアイコンの画像の作成であり、透過色もサポートしている。文法は単純でC言語の2次元文字配列定数形式で記述される。

データ形式[編集]

内容は最初に大きさや色数、ホットスポットの定義部分、次に使用している色の定義部分があり最後に1ライン毎のピクセルの羅列が続く。 尚、色の指定はX Window Systemなどで使用される色名又は16進数で行なう。

以下にXPM形式の典型的な例を示す。

/* XPM */
static char * roundb_xpm[] = {
/* width height ncolors cpp [x_hot y_hot] */
"13 13 5 2 7 7",
/* colors */
"  s none       m none  c none",
". s topShadowColor m white c lightblue",
"X s iconColor1 m black c black",
"o s bottomShadowColor m black c #646464646464",
"O s selectColor m white c red",
/* pixels */
"                          ",
"          . . .           ",
"      . . X X X o o       ",
"    . X X X X X X X o     ",
"    . X X X X X X X o     ",
"  . X X X X O X X X X o   ",
"  . X X X O O O X X X o   ",
"  . X X X X O X X X X o   ",
"    . X X X X X X X o     ",
"    . X X X X X X X o     ",
"      o o X X X o o       ",
"          o o o           ",
"                          "
}; 

外部リンク[編集]