Universal Scene Description

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Universal Scene Description
拡張子.usd、.usda、.usdc、.usdz
開発者ピクサー
種別3Dファイル形式
Universal Scene Description
開発元 ピクサー
最新版
19.11 / 2019年10月26日 (2年前) (2019-10-26)
リポジトリ github.com/PixarAnimationStudios/USD/
サポート状況 Active
種別 3Dライブラリ
ライセンス Modified Apache 2.0 License
公式サイト graphics.pixar.com/usd/docs/index.html
テンプレートを表示

Universal Scene Description (USD、ユニバーサル・シーン・デスクリプション、万能シーン記述) は、ピクサーの開発した3Dシーングラフ形式及びその形式を扱うプログラム群である。

USD形式[編集]

USD形式はモダンなシーングラフ形式であり、アセットの異形 (バリアント) [1]やアセットの外部参照、アセットのオーバーライドなどに対応している。USD形式にはテキスト形式 (usda) 、バイナリ形式 (usdc)、アーカイブ形式 (usdz)が存在する。

USDファイルの中に含めることのできる情報はスキーマによって定義されており、拡張可能となっている。

主なスキーマ[編集]

  • ジオメトリ (UsdGeom)
  • ライト (UsdLux)
  • シェーディング / マテリアル (UsdShade)
  • スケルトン / ブレンドシェイプ (UsdSkel) - 簡易的であり群集シミュレーション及びゲーム向けとなっている[2][3]
  • UI (UsdUI)

USDライブラリ[編集]

USDライブラリ群はUSD形式を取り扱うためのライブラリであるが、シーングラフのリアルタイム及びオフラインレンダリングに対応するHydraも含まれている。USDライブラリでHydraを使用するアプリケーションは、Hydraレンダーデリゲートに対応する多数のレンダーバックエンドを使用することができる。

レンダーバックエンド[編集]

以下はHydraレンダーデリゲートに対応するレンダーバックエンドである。

  • 公式
    • HdStream (Stream) - USDに含まれているOpenGLバックエンド[4]。Hydraから分離された[4]
    • HdEmbree - USDに含まれているレイトレーシングレンダープラグインであり、IntelのEmbreeライブラリを元にしている。
    • HdPrman (RenderMan Hydra Delegate) - RenderManを使用するためのバックエンド。USD 19.07以降に含まれている[5][6]
  • ハードウェア会社製
    • Radeon ProRender for USD - オープンソースの物理ベースレンダラーであるRadeon ProRenderを使用するためのプラグイン[7]
    • HdOSPRay - オープンソースのCPUレンダラーであるOSPRayを使用するためのプラグイン[8]
    • RTX Renderer - NVIDIA Omniverseに含まれているレンダラー[9]
  • USD採用アプリケーション搭載
    • Karma - Houdini 18以降のSolarisに含まれているCPUレンダラー[10]。Mantraの代替[10]
    • Houdini GL - Houdini 18以降のSolarisに含まれているOpenGLバックエンド。
  • サードパーティー
    • HydraNSI (hdNSI) - NSIインターフェースに対応するレンダラーを使用するためのプラグイン。オープンソース[2]。NSIインターフェース対応のものには、物理ベースレンダラーの3DelightNSIが存在し、HoudiniのSolarisに向けた3Delight for Solarisも用意されている (3Delight for Houdiniに付属[11])。3DelightNSIは無料版も存在する。
    • Arnold USD[12][注 1] - Arnoldレンダラーを使用するためのコンポーネント集。オープンソース[3]
    • OctaneRender Hydra / Octane X Hydra - HoudiniのSolaris向けのベータ版が公開されている[13]
    • Redshift Solaris Hydra plugin - HoudiniのSolaris向けのプレビュー版が公開されている[14]
    • hdRstr - リアルタイムの直接照明および単反射回数の間接照明レンダラー[15]。NVIDIA RTXDIに基づいており、ReSTIRアルゴリズムを使用している[15]
  • オープンソース
    • Cycles Hydra Render Delegate - Blender内蔵レンダラーのCyclesを使用するためのプラグインであり、Blender 3.2以降のコードベースに統合されている[16]。hdCycles(Tangent Animation製[17])の後継。オープンソース。
    • MoonRay - DreamWorksの元内製レンダラーであり、2022年内にオープンソース化される予定[18]
    • HdAurora - Autodeskのオープンソースプロジェクトとされる[19]が、2022年8月現在まだ未公開となっている。

歴史[編集]

USDはPixar独自のジオメトリキャッシュシステムである「TidScene」と、独自の3Dアニメーションツールである「Presto」(旧Marionette (Menv)[20]) のコア部分を統合するために開発された[21]。また、USDのレンダーエンジンであるHydraはPrestoに搭載されていた旧来のレンダーエンジンの後継として開発され[22][23]、GPUベースでRenderManのプリミティブに対応した[24]

2016年、PixarはUSDをオープンソースとしてリリースした[25]

用途[編集]

上位レベル3D APIとしての使用[編集]

USDライブラリはレンダリング機能を持つシーングラフAPIであるため、OpenSceneGraphなどのシーングラフAPIの代わりとして使用することができる。3DライティングソフトのKatanaはビューポートにおいて従来のOpenSceneGraphベースのものに代わりUSDライブラリのHydraベースのものを採用した[26]

ファイル交換形式としての使用[編集]

USD形式は拡張可能であるため、レンダラー固有のマテリアルパラメータのような従来のファイル交換形式 (FBX形式等) では受け渡せない情報を詰め込むことが可能となる。例えば3DレンダラーのArnoldに対応するものとしてArnold USDが存在する。

また、AL_USDMayaでは複雑なリグなどの情報をUSDに詰め込むことも行われている[27]

シーンキャッシュとしての使用[編集]

USD形式はシーンキャッシュ形式であるAlembic形式の代わりとして注目されている。USD形式へと対応した3DCGソフトウェアClarisseの開発元Isotropixのテストによれば、USD形式の読み込みはAlembic形式の読み込みに比べて50倍高速になるケースもあるとされる[28]

レンダリング中間形式としての使用[編集]

USD形式はレンダリング中間形式であるRIB形式 (RenderMan Interface Bytestream)の代わりとしても注目されている。今後3DレンダラーのRenderManは中間インターフェースにおいてRIB形式の代わりにUSDベースの新インターフェースであるRILEYを用いる予定となっている[29]

製作パイプラインでの使用[編集]

オーサリング形式としての使用[編集]

USDをZIP圧縮したものとしてUSDZ形式が存在し、この形式がARなどに使われている。

USDZ形式へのパッキング/変換ツールには以下がある:

  • USDに付属するusdzip[30]
  • usdz Tools (Apple)[31] - コマンド名はusdzconvert。Xcodeに付属するusdz_converter (非推奨) の後継[32]
  • Reality Converter (Apple)[33]
  • Adobe Aero - ARアプリ。usdz形式での出力にも対応している[34]
  • StemCell (TurboSquid) - 様々なDCC形式に対応するオンラインファイルコンバータであり、usdz形式での出力にも対応している[35]
  • Quixel Bridge[33] (Epic Games)
  • USDZ Converter (ViewAR) - オンラインコンバーター[33]
  • Vectary - オンラインの3Dデザインツール[33]

USDZ形式の表示には以下が対応している:

  • ARKit 2以降 (Apple) - iOS向けの拡張現実(AR) SDKであり、AR Quick Look機能がusdz形式に対応している。

対応ソフトウェア・プラグイン[編集]

以下はUSDに対応するソフトウェア及びプラグインである。

USD及びHydraビューポート搭載ソフトウェア[編集]

  • USDView - USDに含まれている単体USD形式ビューワ。
  • Katana 3.0以降 (Foundry) - ライティングソフトウェア。3.0以降でUSDを使用するようになり、Hydraベースのビューポートが追加された[36]。また、オープンソースのKatana USD Plug-insも搭載しているが標準で無効となっている[注 2][37][38]
  • Houdini 18以降 (SideFX) - USDベースのライティング/ルックデブツールであるSolarisが搭載されている[10][注 3][39]
  • Maya 2022以降[40] (Autodesk) - 2020.2以降、MtoA (Arnold for Maya) プラグイン経由でのUSDエクスポートに対応しており[41][42]、2022以降、Maya USD拡張[注 4][27][43][44]の搭載によるUSD形式のインポート/エクスポートやHydraビューポートに対応している[40]
  • Nuke 13.0以降 (Foundry) - デジタル合成ソフトウェア。12.2以降ReadGeoノードでインポートに対応[45]し、13.0以降Hydraビューポートに対応した[46]
  • USD Shell Extension (Activision) - Windows ExplorerでUSDファイルをプレビュー表示できるようにするためのシェル拡張[47]

USD形式のインポート及びエクスポートのみ可能なソフトウェア[編集]

  • 3ds Max 2021.1以降 - MAXtoA (Arnold for 3dsMax) プラグイン経由でUSDエクスポートに対応している[48]。また、インポートとエクスポートに対応するUSD for 3ds Maxプラグインも用意されている[49]
  • Cinema 4D R23以降 - インポートとエクスポートの両方に対応[50]。またUSDZ形式のエクスポートにも対応[50]
  • Modo 14.1以降 - 14.1でインポートに[51]、14.2でエクスポートに対応[52]
  • Blender 2.82以降 - 2.82でUSDエクスポートに[53]、3.0でUSDインポートに対応。HydraビューポートにはAMD製のBlender USD Hydra Addonで対応。
  • Unity 2019.1以降[注 5] - パッケージマネージャーからインストール可能[54]。インポートだけでなくエクスポートにも対応している[54]
  • Unreal Engine 4.16以降[55] (Epic Games) - USDインポータ/エクスポータが内蔵されている[56]。4.24以降はライブ編集に対応するUSD Stageも搭載された[57]
  • Gaffer - オープンソースのライティングソフトウェア。シーンリーダー及びシーンライターがUSDに対応している[58][59]
  • Clarisse 4.0以降 (Isotropix) - ライティングソフトウェア。4.0でUSDインポートに[28]、5.0でUSDエクスポートに標準対応した[60]
  • KeyShot 10.0以降 - 10.0でエクスポートに[61]、10.1でインポートに対応[62]
  • CityEngine 2020.0以降 - 2020.0でエクスポートに、2020.1でインポートに対応[63]
  • ZBrush 2021.6以降 - インポートとエクスポートの両方に対応[64]

USD形式のインポートのみ可能なソフトウェア[編集]

  • Mari 4.6v4以降 - Mari USD CAPI pluginは元々Pixarの開発したプラグインであったが、その後Foundryが開発を管理するようになった[65]。インポートに対応している[65]。エクスポートは開発中[65]


採用例[編集]

以下の映画の製作に使われている:

また以下のゲームの製作にも使われている:

注釈[編集]

  1. ^ Luma Pictures製のUSD-Arnoldプラグイン及びRodeo FX製のOpenWalterプラグインの後継
  2. ^ Katana USD Plug-insは元々USDの公式プラグインであったが、その後Foundryが開発を管理するようになっている
  3. ^ USDの公式プラグインも存在したが、プラグインはUSD 20.05で削除された
  4. ^ Maya USD拡張(USD for Maya)はオープンソースとなっている。USDに付属していたMayaプラグイン (19.11で非推奨となり、20.02で削除された) とAnimal Logic管理のオープンソースプラグインであったAL_USDMayaの後継に当たる。
  5. ^ 以前はUnity Technologies Japan製のUSD For Unityプラグイン[1]も存在した。

出典[編集]

  1. ^ Overview and Purpose Pixar
  2. ^ Computer Graphics World - Edition 2 2020 p.28 CGW Magazine 2020年
  3. ^ UsdSkel Introduction Pixar
  4. ^ a b Computer Graphics World - Edition 2 2020 p.25 CGW Magazine 2020年
  5. ^ Pixar Animation Studios Releases RenderMan 22.5 Pixar 2019年5月8日
  6. ^ USD - Change Log Pixar
  7. ^ Radeon ProRender updated for 3ds Max, Maya and Blender CG Channel 2018年11月17日
  8. ^ Intel unveils HdOSPRay and OpenVKL CG Channel 2019年6月4日
  9. ^ NVIDIA Omniverse NVIDIA
  10. ^ a b c SideFX ships Houdini 18 CG Channel 2019年11月27日
  11. ^ Changelog - 3DELIGHT DNA Research
  12. ^ Arnold 6 released CGPress 2019年12月11日
  13. ^ NEW: Octane Hydra | Solaris plug-in beta Otoy 2020年7月22日
  14. ^ RedshiftのHoudini 18.0 / Solaris Hydraプラグインプレビュービルドに関して ボーンデジタル 2019年12月24日
  15. ^ a b hdRstr ray traces thousands of area lights in real time CG Channel 2021年9月14日
  16. ^ Bf-blender-cvs - d350976ba06 - master: Cycles: Add Hydra render delegate Blender Foundation 2022年3月23日
  17. ^ Use Blender’s Cycles renderer inside Houdini with hdCycles CG Channel 2020年8月25日
  18. ^ DreamWorks Animation to Release MoonRay as Open Source Animation World Network 2022年8月5日
  19. ^ Aurora: a real-time path tracing renderer that enables fast product visualizations Autodesk 2022年7月27日
  20. ^ [GTC 2014]職人芸集団のPixar,NVIDIAのGPUとゲームグラフィックス技術でCG制作環境のリアルタイム化を目指す 4Gamer.net 2014年4月3日
  21. ^ USD: What's the Point, and Why Isn't it Alembic ? Pixar
  22. ^ GPU Technology Conference 2015 - Hydra (Video) Pixar 2015年
  23. ^ GPU Technology Conference 2015 - Hydra (Slide) P.3 Pixar 2015年
  24. ^ GPU Technology Conference 2015 - Hydra (Slide) P.8 Pixar 2015年
  25. ^ Pixar open-sources its Universal Scene Description CG Channel 2016年7月27日
  26. ^ Q100393: What's New in Katana 3.0 Foundry 2019年2月14日
  27. ^ a b c Open source release of USDMaya plugin: AL_USDMaya by Animal Logic fxguide 2017年8月19日
  28. ^ a b Isotropix ships Clarisse iFX 4.0 CG Channel 2019年2月1日
  29. ^ Look At RenderMan 22 and beyond fxguide 2018年5月2日
  30. ^ USD Toolset Pixar
  31. ^ AR Quick Look Apple
  32. ^ Xcode 11 Release Notes Apple
  33. ^ a b c d Get free USDZ file converter and viewer Reality Converter CG Channel 2020年1月14日
  34. ^ Adobe’s next big bets are on AR and mixed reality software The Verge 2019年8月9日
  35. ^ StemCell converts 3ds Max, Maya files to UE4 and Unity CG Channel 2019年12月5日
  36. ^ Foundry releases Katana 3.1 CG Channel 2018年11月29日
  37. ^ Katana USD Plugins Pixar
  38. ^ Docs » Katana USD Plug-ins » Getting Started Foundry
  39. ^ Houdini USD Plugins Pixar
  40. ^ a b Autodesk ships Maya 2022 CG Channel 2021年3月24日
  41. ^ See the new features in Maya 2020.2 and Maya LT 2020.2 CG Channel 2020年5月28日
  42. ^ 4.0.3 - Arnold for Maya User Guide - Arnold Renderer Solid Angle 2020年4月20日
  43. ^ Change Log Pixar
  44. ^ AL_USDMaya Animal Logic
  45. ^ Foundry ships Nuke 12.2, NukeX 12.2, Nuke Studio 12.2 CG Channel 2020年7月22日
  46. ^ Foundry ships Nuke, NukeX, Nuke Studio & Nuke Indie 13.0 CG Channel 2021年3月17日
  47. ^ View USD files inside Windows with this free Shell Extension CG Channel 2021年6月15日
  48. ^ Autodesk Releases New Version of 3ds Max, 2021.1 Computer Graphics World 2020年6月3日
  49. ^ Autodesk releases USD for 3ds Max in public beta CG Channel 2021年5月13日
  50. ^ a b Maxon unveils Cinema 4D R23 GG Channel 2020年9月9日
  51. ^ Foundry ships Modo 14.1 CG Channel 2020年7月27日
  52. ^ Foundry ships Modo 14.2 CG Channel 2020年11月13日
  53. ^ Blender Foundation releases Blender 2.82 CG Channel 2020年2月14日
  54. ^ a b Pixar’s Universal Scene Description for Unity out in Preview Unity Technologies 2019年3月28日
  55. ^ New Tech in VFX: Fall Edition VFX Voice Magazine 2020年10月15日
  56. ^ Universal Scene Description in UE4 Epic Games
  57. ^ 10 key features for CG artists from Unreal Engine 4.24 CG Channel 2019年12月15日
  58. ^ SceneReader イメージエンジン
  59. ^ SceneWriter イメージエンジン
  60. ^ Isotropix ships Clarisse 5.0 CG Channel 2021年5月5日
  61. ^ Luxion ships KeyShot 10.0 CG Channel 2020年11月17日
  62. ^ Luxion ships KeyShot 10.1 CG Channel 2021年2月9日
  63. ^ Esri ships CityEngine 2020.1 CG Channel 2020年11月11日
  64. ^ Pixologic ships ZBrush 2021.6 CG Channel 2021年3月2日
  65. ^ a b c Foundry releases Mari 4.6v4 CG Channel 2020年7月16日
  66. ^ 『グランツーリスモ7』開発における USD 活用事例 ポリフォニー・デジタル 2022年8月23日

外部リンク[編集]