RenderMan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

RenderManレンダーマン、旧PhotoRealistic RenderMan) はピクサー・アニメーション・スタジオによって開発されたレンダリング用のソフトの一群。

ピクサーは1986年、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション部門をスティーブ・ジョブズアップルの前CEO、アップルコンピュータ創業者の一人)らが買収して設立した会社であるが、RenderMan自体の開発はピクサー設立前からコンピュータグラフィック研究者であるエドウィン・キャットマルらによってなされていた。

元々の構想は、CG業界の標準となるレンダリング・インターフェース言語の構築であり、そのシェーディング言語のフォーマットそのものがRenderManと呼ばれていた。その後、ピクサー・イメージ・コンピュータ(PIC)というピクサーが販売していた画像処理専用の高性能コンピュータ(スティーブ・ジョブズによると「顧客はある政府機関」)に搭載されていたレンダリングシステム「Reyes」を、RIB(RenderMan Interface Bytestream)フォーマットへの対応を中心に改良した物が「PhotoRealistic(PR) RenderMan」として商品化され、『アビス』『ターミネーター2』で使用された事で注目を浴びた。2005年にはMayaのプラグインとして機能するRenderMan for Mayaが発売され、GUIによる設定が可能になった。

現在も技術更新が継続されており、フォトリアリスティックな3DCGを制作する上で役立つことから、ピクサーのCGアニメーション作品は勿論の事、『ジュラシック・パーク』、『スター・ウォーズ』、『ロード・オブ・ザ・リング』などのハリウッドによるVFXでは不可欠なレンダリングツールのデファクトスタンダードとなって、随所で頻繁に使用されている。

この結果、映画産業への多大な技術的貢献が評価され、開発者のキャットマルらにはアカデミー賞が授与された[1]

ピクサーがディズニーに買収されたことによって、現在RenderManはディズニーの資産である。

対応アプリケーション[編集]

  • 公式
    • Maya[2] (RenderMan for Maya、旧RenderMan Studio←MTOR[3])
    • KATANA (RenderMan for KATANA)[4]
    • Houdini (RenderMan for Houdini)[5][6]
    • Blender (RenderMan for Blender)[7]
  • サードパーティー

過去には、Power Animator用のATORプラグイン(Pixar)、Maya用のMayaManプラグイン(Animal Logic)やLiquidプラグイン (オープンソース)、Rhinoceros用のRhinoManプラグイン(Brian Perry)、Lightwave用のLightManプラグイン(Timm Dapper)、3ds Max用のMaxManプラグイン(Animal Logic)やPaxRendusプラグイン(Archonus)、Softimage用のSoftManプラグイン(Animal Logic)、Poser用のPoserManなども存在した。

互換レンダラー[編集]

互換レンダラーとして、3Delightや、SiTex GraphicsのAIRが存在する。

過去には、DGS Renderer、SunART、JrMan、Pixie、Angel、Aqsis、RenderDotC、BMRT/Entropyなども存在した[12]。かつてExluna社からEntropyと呼ばれる3DCGソフトウェア製品が販売されていたが、RenderManの特許侵害で販売差し止めとなっている。詳細はen:Blue Moon Rendering Toolsを参照のこと。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]