RenderMan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
RenderMan
RenderMan Logo.svg
開発元 ピクサー・アニメーション・スタジオ
初版 1989年 (33年前) (1989)[1]
最新版
24.4 / 2022年4月22日 (7か月前) (2022-04-22)[2]
対応OS
サポート状況 開発中
種別 レンダリング
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト renderman.pixar.com ウィキデータを編集
テンプレートを表示

RenderManレンダーマン、旧PhotoRealistic RenderMan)はピクサー・アニメーション・スタジオによって開発されたレンダリング用のソフトの一群。

ピクサーは1986年、ルーカスフィルムのコンピュータ・アニメーション部門をスティーブ・ジョブズAppleの前CEO、アップルコンピュータ創業者の一人)らが買収して設立した会社であるが、RenderMan自体の開発はピクサー設立前からコンピュータグラフィック (CG) 研究者であるエドウィン・キャットマルらによってなされていた。

元々の構想は、CG業界の標準となるレンダリング・インタフェース言語の構築であり、そのシェーディング言語のフォーマットそのものがRenderManと呼ばれていた。その後、ピクサー・イメージ・コンピュータ (PIC) というピクサーが販売していた画像処理専用の高性能コンピュータ(スティーブ・ジョブズによると「顧客はある政府機関」)に搭載されていたレンダリングシステム「Reyes」を、RIB (RenderMan Interface Bytestream) フォーマットへの対応を中心に改良した物が「PhotoRealistic (PR) RenderMan」として商品化され、『アビス』『ターミネーター2』で使用された事で注目を浴びた。2005年にはMayaプラグインとして機能するRenderMan for Mayaが発売され、GUIによる設定が可能になった。

現在も技術更新が継続されており、フォトリアリスティックな3DCGを制作する上で役立つことから、ピクサーのCGアニメーション作品は勿論の事、『ジュラシック・パーク』、『スター・ウォーズ』、『ロード・オブ・ザ・リング』などのハリウッドによるVFXでは不可欠なレンダリングツールのデファクトスタンダードとなって、随所で頻繁に使用されている。

この結果、映画産業への多大な技術的貢献が評価され、開発者のキャットマルらにはアカデミー賞が授与された[3]

ピクサーがディズニーに買収されたことによって、現在RenderManはディズニーの資産である。

対応アプリケーション[編集]

  • 公式
    • Maya[4] (RenderMan for Maya、旧RenderMan Studio←MTOR[5])
    • KATANA (RenderMan for KATANA)[6]
    • Houdini (RenderMan for Houdini)[7][8]
    • Blender (RenderMan for Blender) - オープンソース[9]。元々はPixarとコミュニティが共同で開発していた[10]
  • サードパーティー(RenderMan 22以降対応)

過去の対応アプリケーション[編集]

RenderMan 21.x以前[編集]

RenderMan 22でライブレンダリングのためのインターフェースが旧来のRIB形式から新しいRILEYインターフェースへと変更され[12][13]、商用顧客を優先するためとしてBlenderへの対応を後回しとした[12] (24で復活[9])。

RenderMan 20以前[編集]

昔はREYESレンダリング/RSL (RenderMan Shading Language) シェーダーのRenderMan仕様がVFX業界におけるレンダリングのデファクトスタンダード(事実上の標準)となっていたが、その後、モダンパストレーシングレンダラー/OSLシェーダーにとって代わられたため、RenderMan 20以前のREYESモードのみにしか対応していないサードパーティー製ソフトウェアも多い。

また、過去には、Power Animator用のATORプラグイン (Pixar)、Maya用のMayaManプラグイン (Animal Logic) やLiquidプラグイン(オープンソース)、Rhinoceros用のRhinoManプラグイン (Brian Perry)、Lightwave用のLightManプラグイン (Timm Dapper)、3ds Max用のMaxManプラグイン (Animal Logic) やPaxRendusプラグイン (Archonus)、Softimage用のSoftManプラグイン (Animal Logic)、Poser用のPoserManなども存在していた。

互換レンダラー[編集]

RenderMan 20以前の互換レンダラー[編集]

古くよりRenderManの仕様がRenderManインタフェース仕様英語版として公開されていたため、RenderManには多くの互換レンダーが存在した。

過去には、DGS Renderer(Digital Arts製)、SunART(サン・マイクロシステムズ製)、JrMan (GPL)、Pixie (LGPL)、Angel(Ian Stephenson作、無料)、AqsisBSDライセンス)、RenderDotC (Dot C Software製)、BMRT/Entropy (後のNVIDIA Gelato)、3Delight 12以前、AIR (SiTex Graphics製) などの互換レンダラーも存在した[20]。なお、過去にPixarは、互換レンダラーの一つであるEntropyの開発元Exluna社を、RenderManの特許侵害等で訴え、販売差し止めにしている (Blue Moon Rendering Tools参照)。

その他、変換ツールを使用することでRenderManとの互換性を確保したレンダラーも存在する。NVIDIAのGelatoは別途提供されたRibelato及びrsl2gslを用いることでRenderManとの互換性を確保していた[21][22]。また、Side Effects SoftwareのHoudiniに搭載されているMantraレンダラーは、独自のVEX言語がRSLに近いほか、rmands / slo2otl.pyを通すことでRenderManとのシェーダーバイナリの互換性を確保していた[23][8] (なお、Houdiniはsdl2otl.pyを通すことで3Delightとのシェーダーバイナリ互換性も確保している[8])。

なお、互換レンダラーであっても、コマンド名やコンパイル済みシェーダーの拡張子は衝突しないように異なったものとなっている。

RenderMan RISモードの互換レンダラー[編集]

2014年にリリースされたRenderMan 19ではOSLシェーディング言語対応のパストレーシングレンダリングであるRISモードが搭載されるようになり[24][25]、2016年のRenderMan 21以降は旧来のRenderManの仕様であったREYESレンダリング及びRSLシェーディング言語が廃止されてRISモードに一本化された[26][27]。これにより旧来の互換レンダラーとの互換性が失われた。

なおRenderMan互換レンダラーの一つであった3Delightは2013年の3Delight 11以降パストレーシングモードを備えており[28]、2017年の12.5以降はOSL言語にも対応する[29]など一部の互換性があった。Blender向けの公式RenderManアドオンは古い3Delightアドオンを基にして作られた[30]

Hydraレンダーデリゲート対応レンダラー[編集]

RenderManは2019年の22.5以降、USD (Universal Scene Description) のHydraレンダーデリゲート対応レンダラーの一つとなった[31]

Hydraレンダーデリゲート対応レンダラーについてはUniversal Scene Description#レンダーバックエンドを参照。

RenderMan互換レンダラーの比較[編集]

レンダラー 公式対応ソフトウェア レンダリング
コマンド
対応シーン形式[n 1] シェーダー
コンパイラ
対応シェーダー[n 1] シェーダーバイナリの拡張子 MIPMAP生成プログラム フレームバッファー/フリップブック
RenderMan 20以前互換レンダラー
RenderMan 20以前
(REYESモード)[n 2]
Maya[n 3][8][17] 'prman'[32] RIB 'shader'[33] RSL (.sl) .slo[33][34] 'txmake'[35] 'it'[36]
3Delight 12以前
(RSLモード)
Maya、3ds Max、Katana、DAZ Studio(搭載)、Softimage(廃止)[n 4][8][17] 'renderdl'[32] RIB 'shaderdl'[33] RSL (.sl) .sdl[33][34] 'tdlmake'[37] 'i-display'[38]
AIR Maya[n 5][39]Rhinoceros 3D[n 6][40]、Houdini[41][8]、Massive[42] 'air'[32] RIB 'shaded'[33] RSL (.sl) .slb[33] 'mktex'[43] 'airshow'[44]
Angel 'angel'[32] RIB 'giles'[33] RSL (.sl) .slc[33]
Aqsis Blender[n 7] 'aqsis'[32] RIB 'aqsl'[33] RSL (.sl) .slx[33][34] 'teqser'[45] 'piqsl'[46]
BMRT 'rendrib'[47] RIB 'slc'[47] RSL (.sl) .slc[47] 'mkmip'[48] 'iv'[49]
Entropy 'entropy' RIB 'sle' RSL (.sl) .sle 'mkmip' ?
Pixie 'rndr'[50] RIB 'sdrc'[51] RSL (.sl) .sdr[51] 'texmake'[52]
RenderDotC 'renderdc'[32] RIB 'shaderdc'[33] RSL (.sl) .so/.dll[34] 'texdc'[53] ?
JrMan 'jrman' RIB RSL (.sl) 'mktxr'
Houdini Mantra
(Micropolygonモード)
Houdini (搭載) 'mantra' bgeo[54]、RIB[55][56] 'vcc'[57] VEX (.vfl)[57]、RSL (.sl)[57] .otl 'icp'[58] 'mplay'[59]
NVIDIA Gelato Maya[n 8]、3ds Max[n 9][60] 'gelato' Pyg[n 10][61]、RIB (Ribelato経由) 'gslc'[62] GSL (.gsl)、
RSL (.sl、rsl2gsl経由)
.gso[62] 'maketx'[63] 'iv'[64]
Guerilla Render Maya[65] 'render'[66] RIB[65] RSLサブセット[65]
RIB及びOSL対応レンダラー
RenderMan
(旧RISモード)
#対応アプリケーション参照 'prman' RIB 'oslc'[67] OSL (.osl)[67] .oso[67] 'txmake' 'it'
3Delight 12以前
(OSLモード)
RSLモードの項を参照 'renderdl'[68] RIB[68] 'oslc' OSL (.osl)[68] .oso 'tdlmake'[37] 'i-display'[38]
USD及びOSL対応レンダラー
3DelightNSI[n 11] Maya、Katana、Houdini 'renderdl'[69][70] NSI[69]、USD (HydraNSI経由[71]) 'oslc'[70] OSL (.osl)[72] .oso 'tdlmake'[37][70] 'i-display'[70]
Arnold 6.0.2.0以降 Maya(搭載)、3ds Max(搭載)など 'kick'[73] ASS[73]、USD[74] 'oslc'[75] OSL (.osl)[75] .oso[75] 'maketx'[76]
RenderMan非互換レンダラー (参考)
NVIDIA Mental Ray Maya(過去に搭載)、3ds Max(過去に搭載)、Softimage(搭載)など 'ray' MI[77] 'ray -mslc'(廃止)[78] MetaSL (.msl/.xmsl)[79] .so/.dll[79] 'imf_copy'[80] 'imf_disp'[81]
  1. ^ a b 原則的にC++などの汎用プログラミング言語を除く
  2. ^ 旧PhotoRealistic RenderMan (PRMan)
  3. ^ HoudiniやCinema 4D (Cineman) などで使うこともできた
  4. ^ HoudiniやCinema 4D (Cineman)やBlender (3Delight/Blenderアドオン)などで使うこともできる
  5. ^ AIR Stream Maya-to-AIR plug-in
  6. ^ RhinoAirプラグイン
  7. ^ RIBMosaicアドオン
  8. ^ Mangoプラグイン
  9. ^ Amarettoプラグイン(Frantic Films製)
  10. ^ Pythonベース
  11. ^ 3Delight 13以降

RSLシェーダー構築ツール[編集]

RenderManのMaya版にはRSLシェーダー構築ツールのSLIMが付属していた[82]。互換レンダラーでは、AIRレンダラーがVshadeを付属していた[82]。その他、単体のRSL構築ツールとしては、ShaderManやShrimpが存在した[82]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Saty, Raghavachary (2006年7月30日). “A brief introduction to RenderMan” (英語). doi:10.1145/1185657.1185817. 2022年6月26日閲覧。
  2. ^ RenderMan 24.4” (英語). RenderMan 24 Documentation (2022年4月22日). 2022年6月26日閲覧。
  3. ^ Awards
  4. ^ RenderMan for Maya Pixar
  5. ^ RenderMan Studio 2.0 PIXAR
  6. ^ RenderMan for KATANA Pixar
  7. ^ RenderMan for Houdini Pixar
  8. ^ a b c d e f Rendering with RenderMan Side Effects Software
  9. ^ a b Pixar ships RenderMan for Blender CG Channel 2021年6月30日
  10. ^ RenderMan for Blender Pixar
  11. ^ バージョンアップ履歴 tetraface
  12. ^ a b General FAQ Pixar
  13. ^ Look At RenderMan 22 and beyond fxguide 2018年5月2日
  14. ^ PrmanRender Foundry
  15. ^ Gaffer User Guide イメージエンジン
  16. ^ Remove GafferRenderMan Image Engine Design 2017年9月22日
  17. ^ a b c レンダリング - 究極のフォトリアリズムのために MAXON
  18. ^ Modernizing and Moving Forward Maxon 2017年12月5日
  19. ^ a b c d e f Links - RenderMan-compliant Modelers Dot C Software
  20. ^ Links - RenderMan-compliant Renderers Dot C Software
  21. ^ Renderman FAQ Larry Gritz
  22. ^ NVIDIA Gelato Download NVIDIA
  23. ^ 『Houdini On the Spot: Power User Tips and Techniques』 P.169 Craig Zerouni 2007年8月20日 ISBN 978-0240808628
  24. ^ RenderMan/RIS and the start of next 25 years fxguide 2014年5月29日
  25. ^ Pixar's RenderMan 19 update Escape Technology 2014年11月21日
  26. ^ RenderMan 21.0 - Reyes Rendering is Removed Pixar
  27. ^ Pixar ships RenderMan 21 CG Channel 2016年7月20日
  28. ^ DNA Research Announces "3Delight Studio Pro 11" DNA Research 2013年10月1日
  29. ^ Release Notes DNA Research 2017年7月
  30. ^ Download PRMan for Blender CG Channel 2015年7月10日
  31. ^ Pixar Animation Studios Releases RenderMan 22.5 Pixar 2019年5月8日
  32. ^ a b c d e f 『Essential RenderMan』 Second Edition P.20 Ian Stephenson 2007年 ISBN 978-1846283444
  33. ^ a b c d e f g h i j k 『Essential RenderMan』 Second Edition P.132 Ian Stephenson 2007年 ISBN 978-1846283444
  34. ^ a b c d 『The RenderMan Shading Language Guide』 P.26 Rudy Cortes、Saty Raghavachary 2007年 ISBN 978-1598632866
  35. ^ Manual page for TXMAKE(1) Pixar
  36. ^ "it" Pixar
  37. ^ a b c Optimizing Textures The 3Delight Team
  38. ^ a b 3Delight 11.0 User’s Manual P.7 The 3Delight Team
  39. ^ AIR Stream Maya-to-AIR plug-in SiTex Graphics
  40. ^ RhinoAir for Rhino 4 & 5 SiTex Graphics
  41. ^ Houdini and AIR SiTex Graphics
  42. ^ Massive SiTex Graphics
  43. ^ AIR User Manual P.387 SiTex Graphics
  44. ^ AIR User Manual P.376 SiTex Graphics
  45. ^ Texture Optimizer: teqser The Aqsis Team
  46. ^ Advanced Framebuffer: piqsl The Aqsis Team
  47. ^ a b c 『Essential Renderman fast』 P.20 Ian Stephenson 2003年1月31日 ISBN 978-1852336080
  48. ^ Making tiled TIFF files with mkmip Exluna, Inc.
  49. ^ 『Blue Moon Rendering Tools, User Manual - release 2.6』 P.43 Exluna 2000年
  50. ^ rndr(1) - Linux man page
  51. ^ a b sdrc(1) - Linux man page
  52. ^ texmake(1) - Linux man page
  53. ^ Textures Dot C Software
  54. ^ Archive Generator render node Side Effects Software
  55. ^ Delayed Read Archive VOP node Side Effects Software
  56. ^ 『Houdini On the Spot: Power User Tips and Techniques』 P.170 Craig Zerouni 2007年7月14日 ISBN 978-0240808628
  57. ^ a b c 『Houdini On the Spot: Power User Tips and Techniques』 P.199 Craig Zerouni 2007年7月14日 ISBN 978-0240808628
  58. ^ Image file formats Side Effects Software
  59. ^ MPlay viewer Side Effects Software
  60. ^ 映画業界向けのインタラクティブなライティング・ツール、NVIDIA Sorbetto™を発売 2005年7月28日 NVIDIA
  61. ^ GelatoR 2.1 Technical Reference P.53 NVIDIA
  62. ^ a b GelatoR 2.1 Technical Reference P.188-189 NVIDIA
  63. ^ GelatoR 2.1 Technical Reference P.197 NVIDIA
  64. ^ GelatoR 2.1 Technical Reference P.178 NVIDIA
  65. ^ a b c Guerilla Render v1.0 Now Available AWN 2013年12月11日
  66. ^ Command Line Help Mercenaries Engineering
  67. ^ a b c OSL Patterns Pixar
  68. ^ a b c Batch Rendering (OSL) The 3Delight Team
  69. ^ a b Rendering NSI file The 3Delight Team
  70. ^ a b c d Introduction The 3Delight Team
  71. ^ Company News J CUBE
  72. ^ The Nodal Scene Interface The 3Delight Team
  73. ^ a b Command Line Rendering (kick) Solid Angle
  74. ^ 6.0.2.0 Solid Angle 2020年2月13日
  75. ^ a b c OSL Shaders Solid Angle
  76. ^ Maketx - Arnold for Maya User Guide Solid Angle
  77. ^ 『Writing mental ray Shaders: A Perceptual Introduction』 P.19-20 Andy Kopra 2008年9月17日 ISBN 978-3211489642
  78. ^ mental ray Release Notes Autodesk 2013年9月12日
  79. ^ a b Using and Writing Shaders Autodesk
  80. ^ Image Copy: imf_copy Autodesk
  81. ^ Image Display: imf_disp Autodesk
  82. ^ a b c A Brief Introduction To RenderMan Pixar

外部リンク[編集]