PLAY Animation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
PLAY Animation
開発元 プロジェクトチームDoGA
対応OS Microsoft Windows
種別 3DCGソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト doga.jp
テンプレートを表示

PLAY Animationは、プロジェクトチームDoGAの開発した3DCG学習向け3DCGソフトウェアである。DoGA-Lシリーズ/DoGA-Eシリーズの市販版である「とてかんCG」[1]の英語版。エディション毎に機能を絞ることで、段階的に3DCGを学習できるようになっている。

エディション[編集]

  • PLAY Animationシリーズ - とてかんCGの英語版
    • Child's PLAY Animation
    • Teen's PLAY Animation
    • Let's PLAY Animation - 開発中
  • PLAY Animation Importer for Unity - Unity用のDoGAファイルインポーター。

過去のソフトウェア[編集]

  • DoGA CGA System - X680x0
  • DoGA-Lシリーズ - DoGA CGA SystemのWindows版
    • DOGA-L1 (Lesson 1) - 無料
    • DOGA-L2 (Lesson 2[2])
    • DOGA-L3 (Lesson 3)
  • PolyEdit - DoGA CGA System用のポリゴンモデラー
  • DoGA-Eシリーズ - DoGA-Lシリーズの後継。教育機関は無料。
    • DOGA-E1
    • DOGA-E2 - 開発中
  • とてかんCG (とても簡単CGアニメ) - 小学校向け[3]。DoGA-L/DoGA-Eシリーズの市販版[1]

バージョン履歴[編集]

  • 1989年8月 DoGA CGAシステム Ver.1[4]
  • 1996年8月 DOGA-L1[4]
  • 1997年8月 DOGA-L2[4]
  • 2000年8月 DOGA-L3[4]
  • 2004年8月 DOGA-E1[4]
  • 2006年12月 とてかんCG rev.1[4]
  • 2011年6月 とてかんCG rev.2[5]
  • 2014年 PLAY Animation
  • 2014年10月 PLAY Animation Importer for Unity[6]

使用作品[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b DoGA日記 - 「とてかんシリーズ」 ドーガ
  2. ^ 週刊ソフトニュース 97.10.23 号 CGアニメーション制作キット DOGA-L2 Version 1997.9.1 Vector
  3. ^ 日本橋まちづくり振興、初心者向けCGアニメ制作ソフト『とても簡単CGアニメ』を日本橋商店街限定で発売 ASCII.jp 2006年11月28日
  4. ^ a b c d e f 沿革 ドーガ
  5. ^ CGアニメソフト とてかんCG ドーガ
  6. ^ PLAY Animation Importer for Unity (日本語) ドーガ