アンドレとウォーリーB.の冒険

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンドレとウォーリーB.の冒険
The Adventures of André and Wally B.
監督 アルビー・レイ・スミス
脚本 アルビー・レイ・スミス
製作会社 ルーカスフィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年12月18日
日本の旗 1997年8月22日
上映時間 2分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 (本作がシリーズ第1作)
次作 ルクソーJr.
テンプレートを表示

アンドレとウォーリーB.の冒険』(アンドレとウォーリービーのぼうけん、原題:The Adventures of André and Wally B.)は、1984年公開のアメリカ合衆国の短編アニメーション映画。

概要[編集]

本作はピクサー・アニメーション・スタジオの前身であるルーカスフィルムのCG部門が製作した作品だが、製作に関わったスタッフの多くが後にピクサーに移ったため、第1作目のピクサー短編作品として扱われている。

アメリカで2007年11月6日、日本で2008年11月7日に発売された「ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版」に収録されている。

あらすじ[編集]

木立の中で昼寝をしていたアンドレが目を覚ますと、目の前にはハチのウォーリー.Bがいた。 アンドレはなんとかウォーリー.Bの注意をそらしてその場を去るも、ウォーリー.Bに気付かれた挙句追い回される。 ウォーリー.Bは笑顔のままアンドレから去っていくが、去り際にアンドレから帽子を投げつけられる。

上映[編集]

本作は1984年7月25日にミネアポリスで開催されたSIGGRAPHにて初めて上映された[1]。ただし、この時上映されたものは一部シーンが未完成で、完成版は同年8月17日にトロントで上映された。

脚注[編集]

  1. ^ 進化を続ける短編映画とピクサーの未来” (2016年7月28日). 2017年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]