ブルー・アンブレラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルー・アンブレラ
The Blue Umbrella
監督 サーシャ・アンセルド(Saschka Unseld)
脚本 サーシャ・アンセルド
音楽 ジョン・ブライオン
製作会社 ピクサー・アニメーション・スタジオ
配給 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗2013年6月21日
日本の旗2013年7月6日
上映時間 7分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 モルデューの伝説英語版
次作 Party Central英語版
テンプレートを表示

ブルー・アンブレラ』(: The Blue Umbrella) は、2013年公開のアメリカ合衆国コンピュータアニメーション3D映画。アメリカ合衆国では2013年6月21日日本では2013年7月6日に公開された。

同時上映は『モンスターズ・ユニバーシティ』。

監督を勤めたサーシャ・アンセルドは、『カーズ2』、『トイ・ストーリー3』でカメラやレイアウトを担当している[1]

アンセルドは街の中で人間の顔に見えるものをiPhoneで撮影し、その表情をアニメートして10秒の動画を作成しピクサー社内プレゼンで提示している[1]。実写と見まがうような自然な映像であり、アンセルドは「ストーリーが(実写のような)このスタイルを求めた」「都会が雨によって魔法のような場所に変わる奇跡の瞬間を強調するためには、魔法の世界に入る前の現時的な世界を描くことが重要だった」と語っている[2]CGは精細な描き込みだけでなく、カメラのレンズによって生じるボケ、退色したような色味の変化、レンズフレアまで完璧に表現しようとしている[2]

ストーリー[編集]

ある雨の日、街中で"青い傘"は"赤い傘"に恋をする。

出典・脚注[編集]

外部リンク[編集]