Bao

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Bao
Bao
監督 ドミー・シー
脚本 ドミー・シー
音楽 トビー・チュー
製作会社 ピクサー・アニメーション・スタジオ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年6月15日
日本の旗 2018年8月1日
上映時間 8分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
前作 LOU
テンプレートを表示

Bao』(バオ、原題:Bao)は、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作による短編アニメーション映画。アメリカ合衆国で2018年6月15日、日本で同年8月1日公開。同時上映は『インクレディブル・ファミリー[1]。監督はドミー・シー

概要[編集]

ピクサー初の食べ物を主人公にした作品で、ドミー・シー監督はスタジオ初の女性監督、アジア人監督となる。元々はピクサー映画としてではなく監督の創作活動としてジンジャーブレッドマンの中国版をやってみたいとはじめたものだった[2]

あらすじ[編集]

ある日、女性が食べようとした手作りの小籠包に命が宿る。愛情を込めて育てていくが、成長するにつれ反抗的になり、遂には恋人を連れ家を出ていこうとする。そんな肉まんを女性は思わず食べてしまい、その自分の仕出かしたことに悲嘆に暮れる。そんな中、喧嘩をし家を出ていた女性の息子が帰宅する。息子と仲直りした女性は、家族と共に肉まんを作るのだった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]