V-Ray

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
V-Ray
V-ray logo
開発元 Chaos Group Ltd.(ブルガリア共和国ソフィア市)
対応OS WindowsMacOS
対応言語 日本語英語
公式サイト http://v-ray.jp/ (日本版)
http://www.chaosgroup.com/en/2/index.html (本家:英語)
テンプレートを表示

V-Rayは、1997年に、ブルガリア共和国ソフィア市にて設立されたChaos Group Ltdが2002年3月に開発したレンダラー

プラグインとして動作し、非常に高速でフォトリアルなレンダリングができる。非公式であるが個人で無料CGツールであるBlender上で使用できるようにしたV-RayBlenderと呼ばれるディストリビュートも存在する。

レンダラーのみにもかかわらず価格は10万円を超えるが、上記の特質のためレタッチにかかる手間などが大幅に低減できるため、かえって経費削減につながり、映画建築ビジュアライゼーション等のプロ業界では大変広く利用されている[要出典]

2012年3月に10周年を迎えた。

対応しているソフト[編集]

  • 現在 V-Ray SDK [App SDK] を組み込み用途向けにリリースしており、adobe社Project Felix のレンダーエンジンとして採用されている。[App SDKを使用]

レンダリングの特徴[編集]

  • 光の周りこみがよく、少なめのライトで高品質な画像ができる。[要出典]
  • 特にGI(グローバルイルミネーション)等の室内に入ってくる間接光の表現が素晴らしく、独特の「ヌケ」のある空気感のある画像が出る傾向がある。[要出典]
  • 他のレンダラーならディティールがつぶれてしまうような非常に弱い間接光でも、しっかりと出る場合がある。[要出典]
  • 品質に対してレンダリングスピードが大変速いので、納期に厳しい業務用途に重宝されている。[要出典]

また、最近[いつ?]ではトゥーン機能が搭載されており、アニメ調のレンダリングにも対応した。

採用例など[編集]

その他[編集]

V-Rayは比較的他のレンダラーが使っていない[要出典]光の計算方法が基本になっており、さらにV-Rayに最適化させるために色々手を加えている[要出典]

GPUレンダリング[編集]

V-Ray RT 2.0でOpenCLベースのGPUレンダリングアクセラレータが実装され[2] [3] [4] [5]、その後CUDAやOPTIXに対応した。

ベンチマーク[編集]

V-Ray Benchmark
開発元 Chaos Group
最新版
5
種別 ベンチマーク
公式サイト www.chaosgroup.com/vray/benchmark
テンプレートを表示

V-Rayでベンチマークを行うためのV-Ray Benchmarkが無料頒布されている。V-Ray Benchmarkには以下の三つのテストが用意されている[6]

  • V-Ray (CPU用)[6]
  • V-Ray GPU CUDA (GPU及びCPU用)[6]
  • V-RAY GPU RTX[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線Vol.50 Digital Domain長江大介氏に聞く。ハリウッドCMにおけるVFX制作事情]”. PRONEWS (2014年10月7日). 2019年4月16日閲覧。
  2. ^ V-Ray Japanese official website - Chaos Group / Chaos Software / OakCorp.
  3. ^ V-Ray Japanese official website - Chaos Group / Chaos Software / OakCorp.
  4. ^ V-Ray RT and GPU rendering
  5. ^ GPUレイトレーシング | NVIDIA
  6. ^ a b c d V-Ray 5 Benchmark updated Chaos Group 2020年12月18日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]