Enscape

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Enscape
初版 2015年
最新版
3.0.0[1]
対応OS Windows
ライセンス commercial
公式サイト https://www.enscape3d.com
テンプレートを表示

Enscape(エンスケープ)は、リアルタイムレンダリングおよびバーチャル・リアリティ プラグインである。主に建築設計など、その分野に関わる者から使用されている。2013年にドイツのカールスルーエで会社が設立され、Enscape GmbHによって開発およびサポートが行われている。

Enscapeのリアルタイムテクノロジーを使用すると、プロジェクトレンダリングされた3Dウォークスルーとして視覚化され、あらゆる角度からナビゲートおよび探索が可能となる。EnscapeとCADプログラム間のライブリンクを使用すると、更新の追跡が出来る。

建物が実際に出来上がったかのようにVR体験が出来る。Oculus Rift/HTC VIVEとEnscapeを使用すると、建物のバーチャルウォークスルーがワンクリックで行える。図面を用いての説明が不要となり建築プロジェクトをバーチャルリアリティで体験が可能になる。

Enscapeはデータファイルに保存もしくは、クラウドアップロードすることができる。クラウドアップロードすると、リンクからアクセス出来るため、特別なアプリケーションは必要がない。


概観[編集]

Enscapeの主な焦点は、現実的なビジュアリゼーションと簡単で操作しやすいインターフェイスである。 リアルタイムプロセスを使用し、レンダリング時間を短縮することにより、プロジェクトの進行を早めることができる。 それぞれのCADモデルのデータをベースにし、バーチャル・リアリティにおけるシミュレーションが可能になる。また、自動更新機能により、CADモデルで変更されたパーツは瞬時にエンスケープ側にも表示されます。ビデオやプレゼンテーション用のギャラリーもEnscapeで簡単に制作できる。EnscapeはOpenGL 4.3[2]とVulkanを使用し、基礎となるCADモデルの写実的な表現を可能にしている[3]

Enscapeはプラグインであるため、現在は以下のプログラムでのみ使用可能:[2]

脚注[編集]

  1. ^ Enscape version history: https://enscape3d.com/version-history/
  2. ^ a b System Requirements - Enscape” (英語). 2019年7月16日閲覧。
  3. ^ Willberger, Thomas; Musterle, Clemens; Bergmann, Stephan (2019). Deferred Hybrid Path Tracing. In: Haines E., Akenine-Möller T. (eds) Ray Tracing Gems.. Apress, Berkeley, CA. doi:10.1007/978-1-4842-4427-2. ISBN 978-1-4842-4426-5 

外部リンク[編集]