AC3D

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
AC3D
開発元 Inivis
最新版 8 / 2016年12月
対応OS Mac OS XLinuxMicrosoft Windows
種別 3DCG
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.inivis.com
テンプレートを表示

AC3Dは1994年から存在する3Dデザインプログラムである。このソフトウェアはゲームやシミュレーションの3Dグラフィックのデザインに使われており、有名な例としてはLaminar Research英語版においてX-Planeのシーン制作者により使われている[1]。また、ac形式はFlightGearでも背景オブジェクト及び飛行機モデルに使われている。

歴史[編集]

初めにAmiga上で開発され、そのコードがその後、GLグラフィックライブラリを使用してシリコングラフィックスのワークステーションに移植された。当時、ユーザーインターフェースはX Window System及びMotifを用いて実装されていた。

Linux版は1994年にインターネット上でリリースされた (GLグラフィックはOpenGLに置き換えられた)。Microsoft Windows版は、移植しやすいTcl/Tkスクリプトライブラリを支持してX Window Systemインターフェースを廃止した際に、続いて登場した。

2002年、Inivis LimitedはAC3Dの全知的財産権を買収し、ソフトウェアの開発及び販売を継続した。同社はソフトウェアにAC3Dの名を継続することを決定した。

2005年、AC3DのMac OS X版がリリースされた。

モデリング[編集]

AC3Dのモデリングはポリゴン/サブディビジョンサーフィスベースである。他の3Dソフトウェアと異なり、AC3Dはポリゴンよりもサーフィスに注目させる。AC3Dのサーフィスは、ポリゴン、ポリゴンアウトライン又はラインと成りうる。AC3Dオブジェクトはサーフィスの集合となる。

3D形式[編集]

AC3Dは広く様々な3Dファイル形式を読み書きすることが可能であるものの、主にAC3D独自のASCIIベースの.acファイル形式を使用する。

Inivisはセカンドライフのsculpted prim形式の公式認可されたサポートを提供する最初のサードパーティーベンダーである[2]。他の3Dソフトウェアパッケージのためのエクスポータも存在するものの、Inivisが単独でユーザーサポートしているに過ぎない。

スクリプト及びプラグイン[編集]

AC3Dへの追加の機能はTcl/TkスクリプトやC/C++動的ライブラリ (プラグイン)によって追加可能である。ソフトウェア開発キット (SDK) はライセンスを持つユーザーが利用可能である。

出典[編集]

  1. ^ X-Plane 8 Scenery Tutorials”. 2007年11月22日閲覧。
  2. ^ Sculpted Prims: 3d Software Guide”. 2007年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月22日閲覧。

外部リンク[編集]