ピーターラビット (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ピーターラビット
Peter Rabbit
(1)Peter Rabbit movie set 004.jpg
撮影セット
監督 ウィル・グラック
脚本 ロブ・ライバー
ウィル・グラック
原案 ロブ・ライバー
ウィル・グラック
原作 ビアトリクス・ポター
製作 ウィル・グラック
ザレー・ナルバンディアン
製作総指揮 ダグ・ベルグラッド
ジョディ・ヒルデブランド
キャサリン・ビショップ
スーザン・ボルソヴァー
エマ・トッピング
ロブ・ライバー
ジェイソン・ラスト
ジョナサン・フルジンスキ
出演者 ローズ・バーン
ドーナル・グリーソン
サム・ニール
デイジー・リドリー
エリザベス・デビッキ
マーゴット・ロビー
ジェームズ・コーデン
音楽 ドミニク・ルイス英語版
撮影 ピーター・メンジース・ジュニア
編集 クリスチャン・ガザル
ジョナサン・タッピン
製作会社 コロンビア映画[1]
ソニー・ピクチャーズ・アニメーション
オリーブ・ブリッジ・エンターテインメント
アニマル・ロジック[1]
2.0エンターテインメント
スクリーン・オーストラリア
スクリーンNSW
配給 アメリカ合衆国の旗 コロンビア映画
日本の旗 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年2月9日
イギリスの旗 2018年3月16日
オーストラリアの旗 2018年3月22日
日本の旗 2018年5月18日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オーストラリアの旗 オーストラリア
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $50,000,000[2]
興行収入 世界の旗$351,218,191[3]
アメリカ合衆国の旗 $115,253,424[3]
オーストラリアの旗 $20,492,835[3]
イギリスの旗 $57,193,313[3]
テンプレートを表示

ピーターラビット』(原題:Peter Rabbit)は、2018年制作の映画アメリカ合衆国オーストラリアイギリス合作。

ピーターラビット』の初の実写映画化作品である[4][5]

あらすじ[編集]

イギリスの湖水地方に暮らすピーターラビット、そのいとこのベンジャミン、三つ子の妹(それぞれジャケットの色)のフロプシー(赤)、モプシー(黄)、カトンテール(緑青)。彼らの住みかの近所には人間のジョー・マグレガーという人物が住んでいた。ピーターたちの父親は昔マグレガーに捕まってミートパイにされてしまったのだが、ピーターたちはしょっちゅうマグレガーの庭に忍び込んでは農作物を失敬していた。ピーターたちの近所にはビアという画家の女性も暮らしており、彼女はピーターたちがマグレガーに捕まりそうになるといつも助けてくれた。ピーターたちは心優しい彼女を母親のように慕っていた。

ある日ピーターは、マグレガーの庭に父の形見であるジャケットを置いてきてしまう。ピーターは庭に戻るが、運悪くマクレガーに捕まってしまい窮地に陥る。しかし突如マクレガーは心臓発作を起こし、そのまま息絶える。ピーターは浮かれて森の生き物たちを呼び集め、マグレガーの家でどんちゃん騒ぎを繰り広げる。

一方大都会ロンドンでは、マグレガーの甥のトーマスハロッズの玩具部門で働いていた。ある日上司に呼ばれたトーマスは、ついに昇進が決まったのだと期待に胸を踊らせる。しかし彼に伝えられたのは、会ったこともない大叔父マグレガーの訃報と、昇進のチャンスがなくなったという通告だった。トーマスは大叔父の死にはあまり動揺しなかったものの、昇進の件については激高した。 あまりの怒りで短気を起こして店で暴れたトーマスは、ハロッズを解雇されてしまうのだった。

自宅で落ち込むトーマスの元に「大叔父の住んでいた家をトーマスが相続した」という知らせが入る。家にそれなりの価値があることを知ったトーマスは、それをリフォームして売りに出し、その金で自分のおもちゃ屋を開き、ハロッズを見返してやろうとたくらむ。

大叔父の家の下見にやってきたトーマスは、家を埋め尽くす動物たちに驚き、即座にピーター達を追い出した。そしてピーターたちが庭に入ることができないように囲いを厳重にした。しかしそれにも関わらずピーターとベンジャミンが庭に忍び込んだところ、ベンジャミンがトーマスにつかまってしまう。ピーターと三つ子の妹はベンジャミンをなんとか救い出すが、腹を立てたトーマスは街にうさぎ退治の罠を買いに行く。その街でたまたま買い物をしていたビアに会ったトーマスは、彼女と仲良く話をしながら一緒に村に帰った。ピーター達はその様子を面白くなく思ってみていた。

トーマスとピーターの争いが激化する一方で、トーマスとビアは互いに仲を深めていった。ピーターは、二人の仲を良く思わない。ある日ビアの家の中でピーターとトーマスが争っていたとき、はずみでビアの絵を汚してしまう。トーマスは絵が汚れたことをピーターのせいにし、それを信じたビアは他のうさぎともどもピーターを家から追い出してしまう。ピーターが悲しみにくれる中、ビアとトーマスはさらに惹かれあっていくのだった。

ピーターとトーマスの争いは日に日にヒートアップし、ついにトーマスはピーターらの住む巣穴にリモコン式のダイナマイトを設置する。ピーターらは巣穴から飛び出し、ピーターらは野菜や果物を、トーマスはダイナマイトを投げつけあう激しい争いになる。トーマスの投げたダイナマイトの音を聞きつけたビアが様子を見に外に出てきたが、トーマスは何でもないと言い繕う。しかしそのとき、たまたまトーマスの落したダイナマイトのリモコンを見つけたピーターはスイッチを押してしまう。巣穴に設置されたダイナマイトは爆発し、巣穴の上に生えていた大木が倒れ、ビアのアトリエをつぶしてしまう。激しく怒るビアにトーマスは「ウサギが爆発させた」と説明するが信じてもらえず、ビアはトーマスに失望する。落ち込んだトーマスはロンドンに戻っていった。ビアがピーターたちをいたわる一方、ピーターも幸せな気分にはなれなかった。ふとピーターが、小さいころに亡くなった両親のことを思い出したとき、両親は「愛を分かち合うということは愛を失うことではない」とピーターに語りかけ、ピーターは自分の思い違いに気がつく。

アトリエが壊れてしまったビアは、村を離れようとしていた。ピーターは「ビアが出発するまでに戻ってくる」と妹達に言ってベンジャミンと一緒にロンドンのハロッズへトーマスを捜しに行く。ビアの所に戻ったピーターとトーマスは自分たちのしたことについてビアに謝る。トーマスが一方的にうさぎをいじめていると思っていたビアだったが、ピーターが自分でリモコンを押して見せると、ビアは二人で喧嘩をしていたことを理解した。そこへトーマスの家を買ったという夫婦が現われるが、うさぎたちは彼らを追い出すことに成功し、ピーターはトーマスにウィンクして見せた。

その後、トーマスは村でおもちゃ屋を開き、ビアはピーターとその仲間たちを主人公にしたイラスト入りの本を書き始めた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
劇場公開版[6] 機内上映版[7]
ピーターラビット(声) ジェームズ・コーデン 千葉雄大[8] 小森創介
トーマス・マグレガー ドーナル・グリーソン 浅沼晋太郎 内田夕夜
ジェレミー・フィッシャー(声) 藤翔平
ビア ローズ・バーン 渋谷はるか 桑島法子
ジマイマ・パドルダック(声) 雨蘭咲木子
フロプシー(声) / 語り手(声) マーゴット・ロビー 清水理沙 田中杏沙
モプシー(声) エリザベス・デビッキ 木下紗華 鷄冠井美智子
カトンテール(声) デイジー・リドリー 下田レイ 熊谷海麗
ベンジャミン(声) コリン・ムーディー 吉田ウーロン太 岡井カツノリ
マグレガーおじさん サム・ニール 糸博 こばたけまさふみ
トミー・ブロック(声)
ティギーおばさん(声) シーア 堀越真己 櫻庭有紗
ミスター・トッド(声) フェイサル・バッジ 青山穣 田所陽向
ピグリン・ブランド(声) ユエン・レスリー英語版 魚建
ハロッズの支配人 マリアンヌ・ジャン=バプティスト 小宮和枝
バナマン ガレス・デイヴィス 多田野曜平
ベティ サシャ・ホーラー英語版 神代知衣
JWルースター二世(声) ウィル・ライヒェルト 千葉繁
まちねずみジョニー(声) デヴィッド・ウェンハム 鈴木達央 下川涼
ピーターの母(声) レイチェル・ウォード 杉山滋美
ピーターの父(声) ブライアン・ブラウン 東地宏樹

製作[編集]

撮影セット

2015年4月、ソニー・ピクチャーズから流失したメールによって、本作の企画の存在が明るみに出た[9]。12月、ソニー・ピクチャーズは正式に企画の存在を認めた[10]2016年8月4日、ウィル・グラックの監督起用とジェームズ・コーデンとローズ・バーンの起用が発表された[11]。9月26日、デイジー・リドリーとエリザベス・デビッキの出演が決まったと報じられた[12][13][14]。10月18日、ドーナル・グリーソンが本作に出演するとの報道があった[15]。24日、マーゴット・ロビーがキャスト入りした[16]。12月18日、本作におけるピーターラビットの画像が公開された[17]2017年11月7日、シーアが自身のTwitterで本作に出演しているとツイートした[18]

本作の主要撮影は2016年12月に始まった[19][20]。生身の人間が演じるシーンはシドニーセンチネンタル・パーク英語版で撮影された[21]。なお、パディントン駅でのシーンは、シドニー市内のセントラル・レールウェイ・ステーション英語版で撮影が行われた[22]。トーマスとピーターの対決シーンは『プライベート・ライアン』を参考にしており、爆発シーンも火薬を用いて撮影されている[23]

公開[編集]

当初、本作は2018年3月23日に全米公開される予定だったが[10]、後に公開日は同年2月9日に前倒しされた[24]

本作は『フィフティ・シェイズ・フリード』及び『15時17分、パリ行き』と同じ週に封切られ、1600万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていた[25]。2018年2月9日に全米3725館で公開され、公開初週末に2,500万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキングは『フィフティ・シェイズ・フリード』に次ぐ初登場2位の成績を記録した[26]

イギリスでは『リメンバー・ミー』の記録を抜く興行成績を記録し、2018年で最も人気を集めたファミリー映画となった[27]。他の市場の興行成績は中国2,650万ドル、オーストラリア2,020万ドル、フランス1,230万ドル、ドイツ1,210万ドルとなっている[28]。日本では公開週末に1億8,600万円の興行収入を記録した[29]

トラブル[編集]

オーストラリア西部の映画館で本作が上映された際、R指定のホラー映画『Hereditary』の予告編が誤って流されるというトラブルがあった。家族連れで賑わっていた室内は一時騒然とし、少なくとも40人の子供が予告編を視聴してしまった[30][31]

評価[編集]

批評家からの評価[編集]

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには124件のレビューがあり、批評家支持率は62%、平均点は10点満点で5.8点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ピーターラビット』はビアトリクス・ポターの古典のキャラクターたちをカラフルかつ好ましい形で現代に蘇らせた。若い観客たちを楽しませることはできるはずだが、原作をこよなく愛する人たちを激怒させる可能性は十分にある。」となっている[32]。また、Metacriticには25件のレビューがあり、加重平均値は52/100となっている[33]。なお、本作のシネマスコア英語版はA-となっている[34]

予告編に対する批判[編集]

2017年9月21日に本作の予告編第1弾が公開されるや否や[35]、ネットを中心に「映画版はビアトリクス・ポターの原作絵本に対する冒涜である」という主旨の批判が巻き起こった。『コライダー英語版』は本作の予告編を「ゴミ」「低俗なコメディでゾッとする」と評した[36]。『ガーディアン』は「ピーターラビットの映画はある種の極めて無能な人間の所行に思える。(中略)。ピーターラビット―エドワード7世の治世下に生きていた、穏やかで優しいピーターラビット―の極めて痛ましい光景が広がっている。」と批判している[37]。『メトロ英語版』は「もしも映画版が2分間の予告編通りの作品なら、『絵文字の国のジーン』以来最大の問題作になるはずだ。」「注意深く耳を澄ませれば、ビアトリクス・ポターが墓の下で憤慨している声が聞こえてくるだろう。」と述べた[38]。11月7日、予告編第2弾が公開されたが、こちらは激しい批判に晒されなかった[39]

アレルギーの扱い方に関する批判[編集]

本作にはウサギたちがブラックベリーアレルギーのトーマス・マクレガーにブラックベリーを投げつけ、彼をアナフィラキシーショックに至らしめるシーンが存在する[40][41][42]。公開直後から、このシーンがアレルギー患者に対するいじめであるという批判が相次ぎ、配給元のソニーに謝罪を要求する声が高まった。こうした声を受けて、ソニー・ピクチャーズは当該シーンが配慮を欠いたシーンであったことを認めて謝罪した[43][44]

続編[編集]

2020年2月7日に続編が公開され、監督やキャストは続投することが報じられた[45]

脚注[編集]

  1. ^ a b Film releases”. Variety Insight. 2017年5月9日閲覧。
  2. ^ Why Sony, LStar Movie Finance Deal Fell Apart: Flops, 'Ghostbusters' and Feet on Desk (Exclusive)”. TheWrap (2017年7月17日). 2017年7月19日閲覧。
  3. ^ a b c d Peter Rabbit”. Box Office Mojo. 2018年3月22日閲覧。
  4. ^ “恋のライバルは…うさぎ!? 実写版「ピーターラビット」5月公開”. 映画.com. (2018年1月18日). http://eiga.com/news/20180118/6/ 2018年1月18日閲覧。 
  5. ^ “「ピーターラビット」5月公開、ピーターが自然の中で跳びはねる特報到着”. 映画ナタリー. (2018年1月18日). https://natalie.mu/eiga/news/265614 2018年1月18日閲覧。 
  6. ^ ピーターラビット”. ふきカエル大作戦!! (2018年4月26日). 2018年4月27日閲覧。
  7. ^ 『ピーターラビット』”. 夕夜のブログ 内田夕夜オフィシャルブログ (2018年5月22日). 2018年5月22日閲覧。
  8. ^ 千葉雄大、実写版『ピーターラビット』声優&テーマソングを担当!”. シネマトゥデイ (2018年3月22日). 2017年3月22日閲覧。
  9. ^ Leaked Sony emails reveal 'Peter Rabbit' feature film is in the works”. 2018年4月23日閲覧。
  10. ^ a b Sony Animation Dates The Emoji Movie, Delays Animated Spider-Man”. 2018年4月23日閲覧。
  11. ^ James Corden, Rose Byrne in Talks to Star in Sony's 'Peter Rabbit'”. 2018年4月23日閲覧。
  12. ^ Daisy Ridley, Elizabeth Debicki Join ‘Peter Rabbit’ Live-Action/Animated Pic (EXCLUSIVE)”. 2018年4月23日閲覧。
  13. ^ ‘Wish’ list: Bruce Willis to fill Charles Bronson’s shoes”. 2018年4月23日閲覧。
  14. ^ Peter Rabbit Movie Coming from Columbia Pictures”. 2018年4月23日閲覧。
  15. ^ Domhnall Gleeson to Play Mr. McGregor in Live-Action 'Peter Rabbit'”. 2018年4月23日閲覧。
  16. ^ Margot Robbie in Talks to Join 'Peter Rabbit' Film (Exclusive)”. 2018年4月23日閲覧。
  17. ^ Peter Rabbit Images Offers First Look at New Beatrix Potter Adaptation”. 2018年4月23日閲覧。
  18. ^ 7:01 - 2017年11月8日 by@Sia”. 2018年4月23日閲覧。
  19. ^ Peter Rabbit”. 2018年4月23日閲覧。
  20. ^ ‘Peter Rabbit’ First Look: See The New Version of the Bunny Voiced By James Corden”. 2018年4月23日閲覧。
  21. ^ Peter Rabbit in Centennial Park!”. 2018年4月23日閲覧。
  22. ^ These new signs at Central station are FREAKING Sydneysiders out”. 2018年4月23日閲覧。
  23. ^ 映画『ピーターラビット』ウィル・グラック監督に、ドーナル・グリーソンやマイク・シノダについて訊いた”. THE RIVER (2018年5月18日). 2018年5月18日閲覧。
  24. ^ Peter Rabbit”. ComingSoon.net. CraveOnline Media. 2018年2月12日閲覧。
  25. ^ ‘Fifty Shades Freed’ Worldwide Opening Weekend Will Steam Franchise Past $1 Billion – B.O. Preview”. 2018年4月23日閲覧。
  26. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年2月11日). “‘Fifty Shades Freed’ Builds E.L. James Trilogy To $1 Billion Climax; ‘Peter Rabbit’ Bounces To $25M Opening”. Deadline Hollywood. Penske Business Media. 2018年2月11日閲覧。
  27. ^ Gant, Charles (2018年4月4日). “Peter Rabbit outruns Ready Player One at UK box office”. The Guardian. Guardian News and Media. 2018年5月6日閲覧。
  28. ^ Tartaglione, Nancy (2018年5月20日). “‘Deadpool 2’ Sets Fox Record With $176M Overseas Bow; ‘Avengers: Infinity War’ Tops $1.81B WW – International Box Office”. Deadline Hollywood. Penske Business Media. 2018年5月20日閲覧。
  29. ^ 【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V6で興収80億視野!”. 映画.com (2018年5月22日). 2018年5月22日閲覧。
  30. ^ Cover your eyes kids: Perth families shown horror flick trailer”. 2018年6月4日閲覧。
  31. ^ A Cinema Traumatised A Bunch Of Kids By Showing A Horror Trailer Before ‘Peter Rabbit’”. 2018年6月4日閲覧。
  32. ^ Peter Rabbit”. 2018年4月23日閲覧。
  33. ^ Peter Rabbit (2018)”. 2018年4月23日閲覧。
  34. ^ ‘Fifty Shades Freed’ Builds E.L. James Trilogy To $1 Billion Climax; ‘Peter Rabbit’ Bounces To $25M Opening – Sunday AM”. 2018年4月23日閲覧。
  35. ^ PETER RABBIT - Official Trailer (HD)”. 2018年4月23日閲覧。
  36. ^ First ‘Peter Rabbit’ Trailer Gives Us Another Reason to Be Mad at James Corden”. 2018年4月23日閲覧。
  37. ^ James Corden's Peter Rabbit: another kids' classic wrecked forever”. 2018年4月23日閲覧。
  38. ^ Here’s the trailer for the new Peter Rabbit movie – and it’s a total disaster”. 2018年4月23日閲覧。
  39. ^ Sony launches trailer for upcoming Peter Rabbit film”. 2018年4月23日閲覧。
  40. ^ Peter Rabbit film criticised for depicting 'allergy bullying'”. 2018年4月23日閲覧。
  41. ^ Peter Rabbit 'food bullying': Film studio apologises over scene showing animals pelting allergic man with blackberries”. 2018年4月23日閲覧。
  42. ^ Peter Rabbit: Calls for Sony Pictures to apologise after food allergy 'bullying' scene in new movie”. 2018年4月23日閲覧。
  43. ^ 映画「ピーターラビット」、食物アレルギーの扱いに非難集中”. 2018年4月23日閲覧。
  44. ^ Peter Rabbit film producers apologise over allergy scene”. 2018年4月23日閲覧。
  45. ^ 「ピーターラビット」第2弾が2020年全米公開へ”. 映画.com (2018年5月9日). 2018年5月9日閲覧。

外部リンク[編集]