ヘアー・ラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヘアー・ラブ
Hair Love
200px
映画ポスター
監督
  • マシュー A.チェリー
  • エベレット ダウニング Jr.
  • ブルース W. スミス
脚本 マシュー A.チェリー
製作
  • [カレン ルパート トリバー]
  • ステーシー ニュートン
  • モニカ A. ヤング
  • マシュー A.チェリー
  • デビッド スチュワード二世
  • カール リード
出演者 イッサ・レイ
音楽
配給 ソニーピクチャーズリリーシング
公開
上映時間 6 分
製作国 アメリカ
言語 英語
テンプレートを表示

ヘアー・ラブは、 マシュー A.チェリーが作成および監督をした2019年のアメリカのアニメーション短編映画で、カレン・ルパート・トリバーとの共同制作によるものです。

自分の娘の髪の毛を初めてカットしなければならない男が描かれており、 イッサ・レイが母親役でフィーチャーされています。

この映画は、パブリック・ベネフィット・コーポレーションであるキックスターターの2017年のキャンペーンで作成されたもので、児童図書としても、バッシュティ・ハリソンのイラストで2019年5月に出版されています。

ヘアーラブは、 第92回アカデミー賞短編アニメーション 賞を受賞しました[1]

あらすじ[編集]

7歳のズリは、太くて変な髪を自分でスタイリングしようとします。ズリの父親スティーブンも娘を助けようと、ズリの母親(声:イッサ・レイ)がナレーションを付けて録画しておいてくれたズリのためのヘアー・スタイリングビデオを見ながら、悪戦苦闘の末、やっと彼女の髪を整えます。

そのあと、父娘は、スカーフをして車椅子に座っている母親が療養している病室に、母親を迎えに行きます。

母親はスカーフを外し、自分の髪の毛が完全になくっていることをさらけ出します。そこで 3人はお互いを抱きしめあうのでした。 [2]

キャスト[編集]

  • ズリの母親役;イッサ・レイ [2]

製作[編集]

制作者のマシュー A.チェリーは、「主流メディアは、黒人の父親というものは怠け者であって、複雑なものではないとして描いており、これは黒人の父親達に対する最悪の非難のひとつだ」と言い、ここから、ステレオタイプではない黒人の父親像を描いたヘアー・ラブを製作するインスピレーションを得たと述べた。 [3] また、彼とトリバーは、黒髪を表現する部分を増やしたかったとも述べました。 [2]

2017年、チェリーはヘアー・ラブと題した短編アニメーション映画のキックスターターキャンペーンを立ち上げました 。

この映画は、アフリカ系アメリカ人の父親が、幼い娘のズリの髪を初めてスタイリングするエピソードをめぐるものです。 [4] このキャンペーンは、当初の目標である75,000ドルを上回り、30万ドル以上を集めました。 キックスターターによると、他の短編映画プロジェクトが調達した金額を上回るものです。 エベレットダウニング、ブルース・W.スミス、 ピーター・ラムジーピクサーのエグゼクティブプロデューサーとして参加した参加したアニメーターのフランク・アブニーらと、チェリーが共同監督をしています。

[5] 映画は、チェリーが助けを求めて彼女に近づいたカレン・ルパート・トリバーと共同製作されました。 [2]

2019年3月20日、 ソニーピクチャーズアニメーションは、ヘアー・ラブをその年の後半に劇場公開される映画として選定したと発表しました[4] ヘアー・ラブは、トゥーンブームストリーボードプロが絵コンテを行い、シックスポイントハーネスアニメーションスタジオによってトゥーンブームハーモニーでアニメーション化されました。 [6]

公開[編集]

この映画は、2019年8月14日にThe Angry Birds Movie 2と並んで劇場で上映され[7] 、4か月後に12月5日にYouTubeにアップロードされました [8] ショートは最終的に、2020年1月24日以降のジュマンジの次の版に添付されました。 [9]

この映画は、また、児童図書にもなり、ダイヤルブック 、原作者はチェリー、イラストは、バッシュティハリソン によるものとして、2019年5月14日にリリースされた。 [10] この本は、 ニューヨークタイムズ書籍レビュー・児童書ベストセラーリストに掲載された。 [11]

受賞歴[編集]

賞とノミネート
式典の日付 カテゴリー 受取人
アカデミー賞 2020年2月9日 短編アニメーション部門 マシュー・A・チェリー &カレン・ルパート・トリバー

こちらもご覧ください[編集]

参照資料[編集]

  1. ^ Yahr (2020年1月13日). “Oscar nominations 2020: ‘Joker’ leads with 11; Greta Gerwig snubbed for best director; complete list of nominees”. Washington Post. 2020年1月13日閲覧。
  2. ^ a b c d Butler. “How ‘Hair Love’ went from a beloved Kickstarter project to an Oscar-nominated animated short”. The Washington Post. 2020年2月10日閲覧。
  3. ^ Nunzio (2020年2月9日). “Matthew Cherry feels the ‘Love’ with Oscar win” (英語). Chicago Sun-Times. 2020年2月11日閲覧。
  4. ^ a b Patten (2019年3月20日). “Sony Animation Picks Up 'Hair Love' Short From 'BlacKkKlansman' EP Matthew A. Cherry” (英語). Deadline. 2019年3月22日閲覧。
  5. ^ Milligan, Mercedes (2019年8月11日). “Lion Forge Animation Debuts with 'Hair Love' Partnership”. Animation Magazine. https://www.animationmagazine.net/shorts/lion-forge-animation-debuts-with-hair-love-partnership/ 2019年12月5日閲覧。 
  6. ^ Untangling black representation with Hair Love's Matthew A. Cherry” (英語). animationfromeveryangle.com. 2020年2月10日閲覧。
  7. ^ Viral animated short Hair Love to make theatrical debut with Angry Birds Movie 2” (English). ew.com (2019年8月5日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ Seigh, Steve (2019年12月5日). “Sony's new Hair Love animated short is a heart-breaking ode to parenting”. JoBlo.com. https://www.joblo.com/movie-news/sonys-new-hair-love-animated-short-is-a-heart-breaking-ode-to-parenting 2019年12月5日閲覧。 
  9. ^ Sony Pictures Animation [@SonyAnimation] (2020年1月24日). "All smiles. #HairLove is now playing in select theaters in the US and Canada with #Jumanji: The Next Level" (ツイート). Twitterより。
  10. ^ (英語) HAIR LOVE by Matthew A. Cherry, Vashti Harrison | Kirkus Reviews. https://www.kirkusreviews.com/book-reviews/matthew-cherry/hair-love/. 
  11. ^ “Children's Picture Books - Best Sellers - The New York Times” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/books/best-sellers/picture-books/?mtrref=undefined&gwh=198D4BCE99EB5CB7132582E451953168&gwt=pay 2019年5月30日閲覧。