デスゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デスゲームとは、フィクション作品におけるジャンルのひとつ。登場人物が死を伴う危険なゲームに巻き込まれる様相を描く作品、および劇中で描かれる架空のゲームを指す。

なんらかの理由によって集められた登場人物たちが特定の場所に隔離または幽閉され、指定された目的のために主催者から提示されたゲームに参加する。ゲームは1人または1チームといったごく少数の勝者と、残り大多数の敗者ができる仕組みとなっており、勝利すると生存が保証され、巨大な報酬が得られることもある一方、敗北すると死亡するか、もしくは重篤な後遺症や莫大な債務などを負うことになる。

SFミステリサスペンスディストピアギャンブルループものと掛け合わせているデスゲーム作品もある。

歴史[編集]

古くは1970年代ハリウッド映画などにもみられた物語の類型で、とくにスティーヴン・キングが1979年に発表した小説『死のロングウォーク』や1982年に発表した『バトルランナー』の影響で広まり[1]、1997年に公開されたカナダの映画『CUBE』や、1999年に発刊された日本の小説で、翌年には映画化もされた『バトル・ロワイアル』を皮切りに、1990年代後半から世界的に流行しだしたジャンルである[1][2]アメリカ合衆国でも、『バトル・ロワイアル』に影響を受けたとされる『ハンガー・ゲーム』など数々の作品が発表され、人気を博した[1]

日本ではとくに漫画において大きく隆盛し、『賭博黙示録カイジ』、『GANTZ』、『LIAR GAME』、『神さまの言うとおり』、『今際の国のアリス』などといった作品は映像化もされ、いずれもヒットしてきた[1][2]児童文庫においても、2000年代から10代のあいだで山田悠介作品が大きく支持されたことをきっかけに、デスゲームは人気のジャンルとなっている[3]

こうしたことからデスゲームのジャンルは日本が本場だともいわれてきたが、必ずしも世界的なヒットには結びついておらず[2]、縮小再生産の傾向にあったことも指摘されている[1]。2021年にNetflixで配信された大韓民国のドラマ『イカゲーム』は、従来のデスゲームものではあまり描かれてこなかった現実社会的な要素を盛り込み、全世界でもっとも視聴されたシリーズとなった[1][2]

特徴[編集]

ゲームは強制参加(あるいは強制ではなくとも参加しなければどのみち危機的状況に追いやられる状況)で行われることが多く、登場人物はゲームに一方的に巻き込まれる展開が多い。ゲーム開始前に参加を拒否するなどして反抗的な態度をとった者は、ほかの参加者に対する見せしめとして早々に殺害されるケースも少なくない。また、ゲーム中の死と隣り合わせの緊張状態を浮き彫りにするため、参加する登場人物たちは、ふだんは死の危険とは無縁のいたって平凡な生活を送っている人物ばかりである場合がほとんどである。

ゲームは、『バトル・ロワイアル』に代表される、プレイヤーどうしで争いが行われるルールに限らず『GANTZ』に代表される、プレイヤーが共通の敵に対して立ち向かうもの、『CUBE』や、『SAW』に代表される、閉ざされた部屋や仕掛けから全員で脱出するものなどがある。

多くのデスゲーム作品に見られる描写・要素として、「主人公および登場人物は突然、理不尽な状況に投げ込まれる」、「冒頭にルールが説明される」、「隔離されたステージ」、「主催者および黒幕の存在」などがある。

主な作品[編集]

作品名 メディア
1965年 華麗なる殺人 映画
1975年 デス・レース2000年 映画
1979年 死のロングウォーク 小説
1980年 火の鳥 生命編 漫画
1982年 バトルランナー 小説
1995年 ジュマンジ 映画
1996年 賭博黙示録カイジ 漫画
1997年 キューブ 映画
2000年 バトル・ロワイアル 小説
2000年 GANTZ 漫画
2001年 リアル鬼ごっこ 小説
2002年 仮面ライダー龍騎 特撮
2003年 人狼ゲーム 小説
2004年 ソウ 映画
2004年 パズル 小説
2006年 未来日記 漫画
2006年 嘘喰い 漫画
2007年 インシテミル 小説
2007年 Doubt 漫画
2007年 賭博覇王伝 零 漫画
2009年 王様ゲーム 小説
2009年 BTOOOM! 漫画
2009年 ソードアート・オンライン 小説
2010年 JUDGE 漫画
2010年 今際の国のアリス 漫画
2011年 神さまの言うとおり 漫画
2011年 カラダ探し 小説
2012年 ハンガー・ゲーム 映画
2012年 ジョーカーゲーム 映画
2013年 ダーウィンズゲーム 漫画
2013年 デス・ビリヤード 映画
2013年 脳漿炸裂ガール 小説
2014年 リアルアカウント 漫画
2015年 ラブデスター 漫画
2015年 シグナル100 漫画
2015年 たとえ灰になっても 漫画
2016年 仮面ライダーエグゼイド 特撮
2020年 ザ・ハント 映画
2021年 ガールガンレディ 特撮
2021年 イカゲーム ドラマ
2022年 仮面ライダーギーツ 特撮

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 松谷創一郎 (2021年9月30日). “『イカゲーム』はデスゲームを“重く”描く──韓国版『カイジ』がNetflix世界1位の大ヒットに”. Yahoo!ニュース. 2022年5月1日閲覧。
  2. ^ a b c d 宮永麻代 (2021年12月23日). “イカゲームが世界的ヒットした理由と日本のデスゲームが世界的ヒットしない理由”. グローバルプロデュース. 2022年5月1日閲覧。
  3. ^ 根強い人気を誇る児童文庫『オンライン!』がもたらす、「読書のジャンル的連続性」”. ダ・ヴィンチWeb (2022年4月3日). 2022年5月1日閲覧。

関連項目[編集]