バズワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

バズワード: buzzword)とは、もっともらしいが実際には意味があいまいな用語のこと[1]。そして専門用語のような言葉である[2]コンピュータの分野でよく使われるが、政治など広い分野で使われる[1]。言葉が人々に浸透し明確な意味を持つようになればバズワードではない[1]。混乱を招かない、分かりやすいキャッチコピーのことではない[1]

英語の辞書では以下のような意味が説明されている。技術的な用語のようで素人に対して聞こえがいい、意味は曖昧で、飾り立てる(印象付ける)ような言葉のことである[3]。専門用語[4]や技術用語[3][5]、権威付けされたような言葉[5]。特定の期間[4]やグループ[5][6]、または分野の中での流行語[4][5][6]。単に流行語という意味も英語の辞書に示されている[7]。バズワードという言葉の初出は、英語圏で1946年のことである[3]

2009年の『知恵蔵』にてバズワードの例として、Web 2.0ユビキタスマルチメディア複雑系、責任力といった言葉が挙げられている[1]

クラウドコンピューティングは、2006年のGoogleの会議に起源があるとされ、野村総合研究所が発行する『ITロードマップ』によれば2008年にはバズワードとなり2011年時点でも定義があいまいな言葉とされたが、2016年までにはもはやバズワードではなく言葉として定着しているとされる[8]ビッグデータという言葉は大きなデータを指すとして昔から使われていたが、2011年に世界的に広がり『ITロードマップ』にて2012年の最大のバズワードとされた[8]

曖昧な意味であるため「バズワード」という言葉自体がバズワードだという意見もある[9]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 知恵蔵』2009年、朝日新聞社。
  2. ^ コトバンク
  3. ^ a b c Merriam-Webster 辞書の意味1番
  4. ^ a b c Lexico by Oxford 辞書
  5. ^ a b c d Dictionary.com 辞書
  6. ^ a b Free Dictionary 辞書
  7. ^ Merriam-Webster 辞書の意味2番
  8. ^ a b 小林直人「エッセイ バズワード(buzz word)でつなぐ商学と情報工学」『CUC view & vision』第42巻、2016年9月、 25-30頁。
  9. ^ バズワード 情報システム用語事典」、ITmedia、2007年。

参考文献[編集]

  • バズワード”. コトバンク. 2016年1月16日閲覧。
    • 高野朋美(フリーライター)「バズワード」 『知恵蔵』朝日新聞出版、2009年。 
    • 「バズワード」 『日本大百科全書』小学館。 
    • ASCII.jpデジタル用語辞典

以下、1行辞書で情報は少ない。

  • buzzword”. Merriam-Webster Dictionary. 2016年1月16日閲覧。
  • buzzword”. Lexico. Oxford. 2016年1月16日閲覧。
  • buzzword”. Dictionary.com. 2016年1月16日閲覧。
  • buzzword”. The Free Dictionary. 2016年1月16日閲覧。

関連項目[編集]