バズワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バズワード: buzzword)とは、日本語での意味は、もっともらしいけれど実際には定義や意味があいまいな用語のことで、英語では、特定の期間や分野の中でとても人気となった言葉のことである。権威付けされたり、専門用語や印象付けるような技術用語。コンピュータの分野でよく使われるが、政治など広い分野で使われる。1940年代半ばのアメリカのスラングが起源。

日本語の意味では、Web2.0ユビキタスが、バズワードではないかという意見も存在する。バズワードとされてきた言葉には、クラウドコンピューティングマルチメディア、責任力、複雑系といったものがある。バズワードの使われ方は流動的で、当初は受け手に解釈が委ねられていたバズワードに明確な定義が与えられてゆくこともある[1]。逆に、本来は明確に定義されていた用語が、異なる意味に拡大解釈されて広く使われていくことにより、バズワード化することもありうる[1]

曖昧な意味であるため「バズワード自体がバズワードである」とする説もある[2]

参考文献[編集]

  • バズワード, コトバンク, 朝日新聞社, 2016年1月16日閲覧.
  • buzzword, Merriam-Webster Dictionary, Merriam-Webster, 2016年1月16日閲覧.
  • buzzword, Oxford Dictionary, Oxford University Press, 2016年1月16日閲覧.
  • buzzword, Dictionary.com, 2016年1月16日閲覧.
  • buzzword, The Free Dictionary, Farlex, 2016年1月16日閲覧.

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b バズワードって何?” (日本語). 転職大辞典(エン転職). エン・ジャパン. 2018年5月18日閲覧。
  2. ^ バズワード - @IT情報マネジメント用語事典

関連項目[編集]