メタ認知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メタ認知(英:Metacognition)とは、「メタ(高次の)」という言葉が指すように、自己の認知のあり方に対して、それをさらに認知することである。メタ認知という概念の定義やその活動は分野によって様々であるが、心理療法認知カウンセリングをはじめ、ものごとや経験に対して正しい理解を行えているかなど、自分の認知行動を正しく知る上で必要な思考のありかたやを指すことが一般的である。

メタ認知の知識的側面[編集]

メタ認知は「客観的な自己」「もうひとりの自分」などと形容されるように、現在進行中の自分の思考や行動そのものを対象化して認識することにより、自分自身の認知行動を把握することができる能力である。メタ認知的知識とは、自分自身の状態を判断するための知識を指す。メタ認知的知識をもとに自分の考えの矛盾に気づき、課題の特性を把握した上で解決方略を修正していくといった活動を行うことができる[1]。「一度にたくさんのことを伝えても、聞き手はそのすべてを覚えられないだろう」「難しい話をするときは、具体例を示すとわかりやすくなるだろう」といった人間の認知特性や課題、方略に関する知識を経験から蓄積しており、それぞれを必要に応じて活用している[1]

自分が何かを行う際どのようなプロセスを踏んでいるのかを知ることや、自分の思考行動そのものを対象として客観的に把握し、それを実行するという特徴から以下のような4つの機能で表現される。

  • Knowledge Monitoring Ability(知識を監視する能力)
  • Knowing about knowing(知ることについて知る)
  • Cognition about cognition(認知についての認知)
  • Understanding what I understand(自身の理解についての理解)

メタ認知の活動的側面[編集]

メタ認知的活動とは、自己に対してメタ認知を行うことで自身の状態を情報として理解し、またその情報から自身の行動へと反映または修正させていくものである。研究によって見解は様々であるが、一般的にメタ認知的活動は、以下の2つのモデルに分類される[1][2][3]

  • メタ認知的モニタリング(metacognitive-monitoring)

 自分自身の認知プロセスについての気づき。課題に対しての予想や点検、評価を行うこと。

  • メタ認知的コントロール(metacognitive-control)

 認知についての目標設定。モニタリングをもとに、課題達成に向けた方略の選択や計画、修正を行う。

モニタリングとコントロールは循環的な関係にあり、もしモニタリングの結果が不適切であれば、コントロールにおける方略選択や修正もまた不適切なものになってしまうと考えられている[1]

メタ認知と教育[編集]

メタ認知能力の育成は、現代の教育、とくに学校教育の場面において特定の教科教育を越えた重要な課題のひとつとなっており[4]、メタ認知を通して自己の思考プロセス・課題などを客観的に捉え、主体的に学習する姿勢や問題解決の能力を高めることが期待されている。

一方で、メタ認知を取り入れた学習効果やその重要性から、教育学などにおいても様々な実践研究が行われているが、客観視できない内面の活動であるメタ認知をいかに「評価」するのかという課題も存在する。また、教育学的な実践研究を始めとした応用研究は、メタ認知の基礎的研究に立脚したものではないという点や、認知心理学におけるメタ認知の定義づけについてが研究者間でも一致していないことなど、研究方法が明確に確立されていないという問題点も指摘されている[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Meta ninchi : Gakushuryoku o sasaeru koji ninchi kino.. Sannomiya, machiko., 三宮, 真智子(1953-). 北大路書房. (2008). ISBN 9784762826221. OCLC 1022201327. https://www.worldcat.org/oclc/1022201327. 
  2. ^ Gakushu kagaku handobukku. 1.. Sawyer, Robert Keith., Mori, Toshiaki, 1949-, Akita, Kiyomi, 1957-, Ooshima, Jun, 1963-, Mochizuki, Toshio., Masukawa, Hiroyuki.. Kitaojishobo. (2018.6). ISBN 9784762830259. OCLC 1050211634. https://www.worldcat.org/oclc/1050211634. 
  3. ^ 阿部, 真美子; 井田, 政則 (2010年). “An Attempt to Construct the Adults' Metacognition Scale: Based on Metacognitive Awareness Inventory”. The journal of psychology Rissho University 1: 23–34. https://ci.nii.ac.jp/naid/40018275663/. 
  4. ^ 幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)”. 中央教育審議会. 2018年10月23日閲覧。
  5. ^ KAKETA, Koichi; MIYAZAKI, Takuya; YOSHINO, Iwao; ASAMURA, Akihiko (2007年8月). “A Pilot Study for Development of Metacognition Scale”. Journal of Hokkaido University of Education. Education 58 (1): 279–293. https://ci.nii.ac.jp/naid/110006346077/. 

関連項目[編集]

  • アレキシサイミア - 自らの感情を自覚・認知したり、表現したりするのが不得意な傾向のこと。

外部リンク[編集]