ボルボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボルボ
AB Volvo
ボルボ社ロゴ
種類 公開会社
市場情報 OMXVOLV AOMXVOLV B
本社所在地 スウェーデン
ヨーテボリ
設立 1927年
業種 製造業
事業内容 トラック、バス、建設機械、船舶用エンジン、航空宇宙
代表者 カール・ヘンリック・スバンベリ英語版(会長)
マーティン・ルンドステッド英語版(社長・CEO)
資本金 85,681 百万 kr
(2011年12月31日時点)[1]
発行済株式総数 2,027,427,954株
(2011年12月31日時点)[2]
売上高 連結:310,367 百万 kr
(2011年12月期)[3]
営業利益 連結:26,899 百万 kr
(2011年12月期)[4]
純利益 連結:18,115 百万 kr
(2011年12月期)[5]
総資産 連結:353,244 百万 kr
(2011年12月末時点)[6]
従業員数 98,162人
(2011年12月末時点)[7]
決算期 12月末日
主要子会社 本文参照
外部リンク Volvo Group Global Official Site
テンプレートを表示

ボルボグループスウェーデン語: Volvokoncernen、法的には Aktiebolaget Volvo、略称:AB Volvo)は、スウェーデンヨーテボリに本拠を置く多国籍企業である。ボルボ・トラックスルノー・トラックスマック・トラックスUDトラックスボルボ・バスボルボ建設機械ボルボ・ペンタボルボ・フィナンシャル・サービスの8社を核として多業種展開する、コングロマリットである。

概要[編集]

地元の名門チャルマース工科大学と共同研究をしている。

1999年に乗用車事業を分離売却し、他国の商用車メーカーの買収により、トラックやバスといった商用車に特化した世界戦略をおこなっている。また、建設機械船舶、の各事業部と併せ、大型ディーゼル機関を中心としたグループ展開をおこなっている。

日本国内では、日産ディーゼル工業を買収し完全子会社とした。また、かつては100%出資子会社の日本ボルボがボルボ・トラックス、ボルボ建設機械、ボルボ・ペンタの各事業部の展開を行っていたが、2010年1月1日をもって日産ディーゼル工業と合併した。そして翌月、2月1日をもって日産ディーゼル工業はUDトラックス(初代)に社名を変更し、さらに2014年1月1日にUDトラックスジャパン、ボルボグループジャパンと合併。同時に存続会社のボルボグループジャパンが社名を変更し現在はUDトラックス(2代)となっている[8]

沿革[編集]

  • 1924年 - アッサール・ガブリエルソングスタフ・ラーソンらにより自動車製造が模索され設計が始まる。
  • 1926年 - プロトタイプ1号が完成する。同年、当時のスウェーデン最大企業だったベアリングメーカーSKF社の後援により、休眠中のSKF社子会社であるボルボ社の名称を使用し、自動車製造会社としてのボルボ社が創立する。
  • 1927年 - 乗用車製造、1928年にトラック製造を開始する。
  • 1930年代、元GMの技術者を招聘するなど、スウェーデンの比較的広大な国土に合わせた「小さなアメリカ車」的な設計がなされた。
  • 1944年 - 発表した小型車「PV444」が世界的な成功を収め、信頼性/耐久性で高い評価を獲得した。徐々にモデルは大型化して行くが、「世界一安全なファミリーカー」と評価された。1975年にはオランダDAFトラック社の乗用車事業を吸収した。
  • 1970年代、労働条件改善のためにベルトコンベアー生産方式を廃止し、各工程で工員数人から成る作業チームを主体とした生産方式を採用した。これは労働者に歓迎され、生産技術者らの注目を集める一方で、労働コスト高騰によって国際競争力を失い、結果として高級車の生産に移行していかざるを得なくなった。
  • 1980年代以降国際競争力を強めるため、「200」シリーズの改良と共に、「700」「900」シリーズ、1992年にはFWD5気筒の礎となる「850」シリーズを発表する。
  • 1999年 - 世界的な自動車会社再編の中で乗用車事業をフォードに売却。以降、乗用車事業はフォード傘下企業として「ボルボ・カーズ」(Volvo Cars)を名乗った(2010年8月以降のボルボ・カーズは浙江吉利控股集団傘下)。
  • 2001年 - ルノー・ビークル・インダストリー(ルノーの商用車事業子会社)を買収すると共に、ルノーの出資を受け入れ同社が筆頭株主となる。
  • 2002年 - ルノー・ビークル・インダストリーをルノートラックに改称し、傘下事業に加える。
  • 2006年 - 日産ディーゼル工業の株式を取得し業務提携を発表。翌2007年2月20日に株式公開買い付けを行い、10月1日に完全子会社化した。
  • 2008年 - インドアイシャー・モーターズと折半出資で合弁会社VEコマーシャル・ビークルズを設立。
  • 2012年12月13日 - ルノーが保有するボルボ株を全て売却。売却額は14億7600万ユーロ[9]

企業グループ[編集]

現行事業[編集]

トラック事業

傘下にボルボ・トラックスルノー・トラックスマック・トラックスUDトラックスを擁する[10]。世界的な業界再編の中で積極的な買収を行い、現在はドイツダイムラーと並ぶ商用車大手となっている。なお、UDトラックスはボルボが日産ディーゼル工業の株式を取得し筆頭株主となったのち、日産ディーゼル工業がUDトラックス(初代)に商号変更、さらに同社がUDトラックスジャパン、ボルボ・グループ・ジャパンと合併した際に存続会社であるボルボ・グループ・ジャパンがUDトラックス(2代)に商号変更した法人である[8]

その他の事業

旧事業[編集]

かつては下記部門も存在していたが、事業売却により他社資本・分社化されている。

乗用車事業

ボルボ社創業時からの事業であったが、1999年フォード・モーターに分離・売却された。売却後は、乗用車事業はフォードの傘下企業「ボルボ・カーズ」(Volvo Cars)となった。フォードとボルボグループの間に資本関係はないが、ボルボのブランドはボルボとフォードが協同所有する商標管理会社、ボルボ・トレードマーク・ホールディングに帰属し、同社により使用許諾されていた。さらに、2010年には中国資本の持株会社である浙江吉利控股集団に再売却された。

ボルボグループ時代は著名なスウェーデン鋼を使った「世界一安全なファミリーカー」と評価されていたが、フォード・モーターに売却されて以降はプレミアム・オートモーティブ・グループのブランドとして、「プレミアムカー」へと路線の変更を行った。しかしながら1,000万円以下の車しか販売していない。

セーフティーピックプラスにおいて試験開始年度から全車種合格し続けるなど、安全性はいまだ世界一との評価がなされている。

飛行機事業

かつてグループ内にボルボ・エアロが存在したが2012年にGKNに売却され、現在はGKN航空宇宙になっている。

ブランド[編集]

ボルボグループでは以下のブランドを擁しており、実際の法人組織有無にかかわらず以下に区分されている[11]

ボルボ
  • ボルボトラック
  • ボルボバス
  • ボルボ建設機械
ボルボペンタ
  • ボルボペンタマリンレジャー
  • ボルボペンタマリンコマーシャル
  • ボルボペンタインダストリアル
UD
  • UDトラック
  • UDバス
テレックストラックス
  • テレックストラック
ルノートラックス
  • ルノートラック
プレヴォ
  • プレヴォ
ノヴァバス
  • ノヴァバス
マック
  • マックトラック


以下はジョイントベンチャー戦略的提携によるブランドである。

SDLG
  • SDLG
アイシャー
  • アイシャートラック
ドンフェントラックス
  • ドンフェントラック

車種一覧[編集]

かつて生産していた乗用車についてはフォードへの乗用車事業売却後を含め、ボルボ (乗用車)を参照のこと。

バス[編集]

  • アステローペ
  • B10M
    • シャシーのみで、車体は富士重工業が担当。シャシーはセンターアンダーフロアエンジンシャシー(ホイルベース間にエンジンを搭載する構造)で、アステローペ、連節バスとも形式はB10M型。現在はいずれも製造終了。

以下は、日本国内に未導入の車種である。

トラック[編集]

  • ボルボ・FL
  • ボルボ・FE
  • ボルボ・FM
    • ボルボ・FM9
    • ボルボ・FM12
  • ボルボ・FH/FM
    • ボルボ・FH12
    • ボルボ・FH16
  • ボルボ・NH
  • ボルボ・VHD
  • ボルボ・VN
  • ボルボ・VT 880
  • ボルボ・VM
  • ボルボ・VNL
  • ボルボ・VNR
  • ボルボ・VNX
  • ボルボ・VAH

CM提供番組[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]