さざなみフォント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さざなみフォント
開発元 sourceforge.jp/projects/efont/memberlist
最新版 20040629 / 2004年6月29日(15年前) (2004-06-29
リポジトリ https://osdn.net/cvs/view/efont/, cvs://anonymous@cvs.osdn.net:/cvsroot/efont
対応言語 日本語
サポート状況 不活発
種別 フォント
ライセンス 修正BSDライセンス
公式サイト wiki.fdiary.net/font/?sazanami
テンプレートを表示

さざなみフォントとは和田研フォントキット派生のCLWFKによって自動生成されたものと既存のフリーなビットマップフォントを合成した日本語フォントである。

概要[編集]

ゴシック体、明朝体、丸ゴシック体 (未リリース) が存在する。前身の東風フォント不正競争防止法における問題で使えなくなったことから開発が始まった。旧名称は東風フォント代用品 (kochi-substitute)。Fedora Core 5では、東風フォントに代わって標準の日本語フォントとなっていた[1]

かつては和田研ライセンスであったが、自動生成前の部品のライセンスを著作者の許可の下で修正BSDライセンスに変更することによって修正BSDライセンスとなった[2][3]

CLWFKの自動生成の品質があまり良くないためにバランスが悪く綺麗とは言い難いフォントのため、手調整した派生・合成フォントが多数作られた。

東風フォント代用品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

関連項目[編集]