Ubuntu (書体)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Ubuntu Font Family
Ubuntu typeface sample.svg
書体 Sans-serif
分類 Humanist sans-serif
発表メーカー Dalton Maag
ライセンス Ubuntu Font Licence

UbuntuOpenTypeベースのフォントファミリで、ロンドンを拠点とするtype foundryのDalton Maagによってデザインされた。Canonicalによって出資され、現代的で人間的なタイプフェイスとして[1]デザインされている。フォントは9ヵ月ほどの期間をかけて開発され、最初のリリースは、限定された形で2010年9月までベータプログラムを通じて提供された。Ubuntu OSでは、Ubuntu 10.10のリリースから新たなデフォルトのフォントとなっている[2]。フォントのデザイナーには、Comic SansTrebuchet MSフォントの作者であるVincent Connareが含まれている[3]

本フォントファミリは、Ubuntu Font Licenceの下でライセンスされている[4]

歴史と特徴[編集]

フォントは、2010年10月のUbuntu 10.10のリリースにあわせて、Regular、Italic、Bold、Bold Italicの4つのバージョンが英語で提供された。続いて、2011年4月のUbuntu 11.04のリリースに合わせて、追加のフォントと言語のサポートがなされた[5][6]。最終的な開発は下記の13のフォントからなるよう意図されている。

  • Ubuntu - Regular, Italic, Bold, Bold Italic
  • Ubuntu Monospace - Regular, Italic, Bold, Bold Italic
  • Ubuntu Light - Regular, Italic
  • Ubuntu Midium - Regular, Italic
  • Ubuntu Condensed - Regular

monospaceバージョンは、端末エミュレータでの使用を意図し、Ubuntu 11.04のリリースとともに用いられるようになるはずであった。しかしながら、これは遅れ、Ubuntu 11.10でシステムのデフォルトのmonospaceフォントとなった[7]

利用[編集]

Ubuntuフォントファミリは、現在の、そして開発中のUbuntu OSのデフォルトのフォントとなっており、また、Ubuntuプロジェクトのブランディングにも使われている。

Ubuntuフォントファミリは、Google Fontsディレクトリにも含まれており、これはWebフォントとしても容易に使うことができる[8]。また、2011年4月26日にはGoogle Docsでも使えるようなった[9]

Ubuntu bold-italicは、ビットコインのロゴタイプに、ビットコインのシンボルとともに用いられている[10]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]