Linux Libertine

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Linux Libertine
250
書体 セリフ
開発者 Libertine Open Fonts Project / Philipp H. Poll
リリース日 2003年9月
ライセンス GPL / OFL
上記表示フォント Version 3.0

Linux Libertine は Libertine Open Fonts Project によって配布されている、コピーレフトな欧文セリフフォントである。Linux Libertine はプロプライエタリTimes New Roman の代替として、印刷用途でも通用しうるフォントを目指して開発された[1]

欧文圏 Wikipedia の題字には、この Linux Libertine が使われている[2]

スタイル[編集]

  • Regular
  • Display
    • 大きめのポイントで使うためのスタイル
  • Italic
  • Bold
  • Bold Italic
  • Small-Caps

文字数[編集]

ラテン文字、ギリシャ文字、キリル文字、ヘブライ文字など約2600字を備えている。また、合字(リガチャ)が使用可能である[3]

脚注[編集]

  1. ^ Linux Libertine Open FontsからTimes Romanに代わるフリーフォントが登場”. SourceForge.JP Magazine (2006年9月4日). 2012年2月4日閲覧。
  2. ^ Wikipedia/2.0”. Wikimedia Commons (2012年9月22日). 2012年11月4日閲覧。
  3. ^ OpenType - Libertine Open Fonts Projekt, Specialties - Libertine Open Fonts Projekt

外部リンク[編集]

  • LinuxLibertine.org
    • セリフ体の Linux Libertine とサンセリフ体の Linux Biolinum を開発、配布している