SIL Open Font License

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
作者 SILインターナショナル
バージョン 1.1 (2007年2月26日(9年前) (2007-02-26)
リリース日 2007年2月26日
DFSGとの適合性 Yes
フリーソフトウェア Yes
OSIの承認 Yes
GPLとの適合性 No
ウェブサイト http://scripts.sil.org/OFL
テンプレートを表示

SIL Open Font License (OFL) は、国際SILが自身で開発や支援を行っているUnicodeフォントに対して使用するために定義されたオープンソースライセンス[1]である。このライセンスはフリーソフトウェア財団 (略称FSF) によってフリーソフトウェアライセンスであると認定されている[2]

特徴[編集]

  • コピーレフトオープンコンテントライセンスであり、その中でもGPLと両立しないランセンスとしてFSFから分類されている。その上でSILやFSFはフォント以外のコンテンツに対して適用することを推奨していない[2]
  • 著作者より明示的な許可がない限りは、派生フォント名に元のフォントにて指定されている「予約されたフォント名」を含むことは出来ない。
  • OFLフォントを単独で販売することは認められないが、アプリケーションに同梱する場合やフォント集など他のフォントやソフトウェアも含まれる場合は販売することが出来る[3]
  • このライセンスが適用されたフォントには単独で販売出来ないという制約があるが、Hello worldのような簡易なプログラムであっても同梱することで回避することが出来るため、FSFがフリーソフトウェアライセンスと公認するにあたり無害な制約と判断された[4]

脚注[編集]

  1. ^ SIL Open Font Licenseの定義。scripts.sil.orgより(英語)
  2. ^ a b さまざまなライセンスとそれらについての解説
  3. ^ OFL-FAQ Q: 1.5” (2010年9月19日). 2016年3月7日閲覧。(英語)
  4. ^ Bruce Byfield (2006年3月3日). “フリー・フォント・ライセンスの現状”. sourceforge.jp. http://sourceforge.jp/magazine/06/03/03/0329203 2013年1月20日閲覧. "FSFのGPL Compliance EngineerであるDavid Turnerは、FSFはSIL Open Fontライセンスのこうした制約に懸念を抱いていたが、そうした懸念が霧散してしまうほど回避は容易だとさえ言う。" 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]