小野裕史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小野 裕史(おの ひろふみ、1974年9月29日 - )は北海道札幌市出身[1]投資家インフィニティ・ベンチャーズLLP共同代表パートナー[2]

人物[編集]

宇宙物理を学ぶべく東京大学へ入るも「手元にない」宇宙よりも「手元で実験ができる」生物学に興味を持ち生物学科へと転向し、大学院に進学後コンピューターとプログラミングに傾倒していく[1]

1999年2月にNTTドコモより発売されたiモードに感銘を受け購入し、自らモバイルサイトを複数立ちあげたのを機会に、研究者から技術者への道へと移り、2000年4月日本IBM システムズ・エンジニアリング株式会社へ入社し[1]、5ヶ月後シーエー・モバイルへの第一号社員として転職。

2008年1月に同社専務取締役を退任し、日本と中国にてベンチャーに投資をするベンチャーキャピタルインフィニティ・ベンチャーズLLPを立ちあげる。

2009年8月より、35年間運動ゼロながら任天堂のゲーム機Wii Fitをきっかけにランニングを開始し、2011年に中国ゴビ砂漠、エジプトサハラ砂漠の250kmマラソンをそれぞれ完走し、2012年に北極点にてフルマラソンを完走し、南極アイスマラソン100kmの部にて2位。2013年にチリアタカマ砂漠の250kmマラソンにてチーム戦で1位になる。

宇宙への夢を実現すべく、ヴァージン・ギャラクティック社の宇宙旅行に申込済みで、432番目のシートを持つ。

経歴[編集]

著書[編集]

  • 「マラソン中毒者(ジャンキー)北極、南極、砂漠マラソン世界一のビジネスマン」(2013年9月、文藝春秋)

出演番組[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]